写真展 Another Side 2016 〜 消える山谷、拡散する山谷
新宿ベルクにて http://www.berg.jp/
期間 2016 4.1より30日まで


会場はご存知の方も多いとは思いますがビアレストランなので時間帯によっては店内混雑しているかもしれませんが、その点ご了承くださいませ。

在廊日程についてですが毎日とはいきませんが、ちょくちょく顔をだす予定です。こちらに関してはSNS等で逐一ご連絡しますが、もし誘って頂ければなるべく牛車に乗って参上しようと思っておりますゆえビールでも飲みながらお話しましょう。事前にご連絡頂ければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■

山谷で帳場の仕事をしながら撮影すること7年間。好きでいたのか今となっては記憶もおぼろげだが、少なくとも徐々に写真を撮るという目的より、あの街自体へ惹かれていったことだけは間違いない。魅せられたともいおうか。

今回の写真展は、私が山谷で働いていた2013年までとその後定期的に通って撮影したものからセレクトいたします。

その後移転する築地市場を撮影するために、警備会社に入社して築地を自分なりの視点から見つめ写真集にまとめることが出来たが、そもそも山谷に出会ってなければ築地を撮ることもなかったであろう。

思えばパリで出版社リブロアルテより2011年に写真集「Another Side」を上梓してから、山谷の写真展は国内において広島大学にて開催したほどであった。今回写真という枠にとらわれないベルクという場所で展示することにより、どのような反応が得られるか私としても非常に楽しみにしております。
 

niiro_sanya2016_4.jpg

niiro_sanya2016_3.jpg

niiro_sanya2016_1.jpg

niiro_sanya2016_2.jpg

2020年を前にして目まぐるしく変わる東京。山谷、築地市場と見てきましたがこの先どうなるかは想像もつきません。山谷に関して私見をのべるのであれば、「山谷というものはすでに無い」そう常々思っております。

それは山谷のような場所、山谷のような暴動があった場所という「概念」としての代名詞的な山谷が個々人の脳内にあるだけで、その抽象化されたイメージはこの東京という広い都市の奥深い所に潜り込んでいるように感じるからです。

山谷に関して寄稿した記事等
7年間ドヤ街・山谷を撮り続けた写真家は見た ― 年金を息子に奪われ、騙され、隅田川に散った老婆
【ドヤ街レポート】山谷に降った小便の雨!? おかしな磁場と、ものぐさ外国人の謎


■店頭にて写真集も販売いたします。サイン入りが希望の場合事前にご連絡くださいませ。また一部写真も販売いたしますのでお問い合わせくださいませ。

book2.jpg

定価:2.800円(税別
仕様:96頁、写真72点(デジタルカラー)231mm×156mm
出版:LibroArte
デザイン:match and company
文:田村彰英
推薦文(一部抜粋)
新納翔君の作品を見ていると、私が若かった頃の事を思い出す。解決困難な時代に、新納翔君の作品は全ての表現行為を超え、一番新しく輝いている作品である。

出版物に関してはこちらのページをご参照ください。

新着情報一覧へ