プロジェクト概要

高校生でも自分のやりたいことを実現できる場を作りたい!高校生だけが参加するビジネスコンテストで、最優秀者にその後のための資金100万円を送ります!

 

初めまして!「高校生のための起業家講座NES2016」の代表を務める、横浜雙葉高校3年の高木美里です。「高校生のための起業家講座NES2016」は、起業に興味のある、起業をしようと考えている高校生を対象に開催される講座です。2016年1月10日から毎週土曜日に開催され、様々な起業家の方を講師に招きながら、3ヶ月間講座を受けていただいてます。

 

最終日の3月31日には、代々木にある山野美容専門学校で、講座を受けるなかで学んできたことを活かしビジネスプランの発表をする、最終審査会を行います。最優秀者には、実際にプランを実現させるための賞金として100万円が授与されます。これまで300人もの高校生が参加し、グラフィックデザインを行う企業や、お年寄り向けに若者について知ってもらうサービスを始めたりと、いくつものプランが実際に動いてきました。

 

しかし、最終審査で授与する賞金の一部が不足しています。自分の力で社会を変えたいと実際に行動する高校生のために、どうかご協力いただけないでしょうか。

 

(NESの初回講座に行われた自己紹介ピッチの映像です)

 

 

社会の現状に問題意識を抱く高校生が、第一線で活躍する方のお話しを聞きながら、高校生出でもゼロから新しい事業を作り上げることを目指します。

 

「高校生のための起業家講座NES2016」は、「社会にGood Impactを」を理念に活動しています。「高校生に自分のやりたいことを実現することのできる場を作りたい」という思いから、2011年に始まり、今までに300人もの卒業生を輩出しています。4年目となる今年は、神奈川・東京・埼玉のほか軽井沢のインターナショナルスクールや東北地方から来ている参加者もいます。社会の現状に対して強い問題意識を抱いており、その解決に向けてどのようなアプローチが最も望ましいのかを探る機会を望む「熱い」学生が集まっております。


3カ月間の講座では、理念に賛同していただいてる方で実際に社会の第一線でご活躍されている方々をお招きし、講演やワークショップを実施しています。先日開かれた講座では、Livesense代表取締役社長の村上太一様に講演していただき大盛況でした。ワークショップでは、発起人である鈴木寛さんが行っている慶応義塾大学すずかんゼミの学生さんに協力いただき、高校生出でもゼロから新しい事業を作り上げることを目指しています。昨年ですと、映像制作を請け負うプロダクションが生まれたり、文部科学省に政策提言を行うチーム、キッザニアと共に150万円規模のプロジェクトを動かしたチーム、留学経験を綴ったWebサービスを作ったチーム、など種々様々なプロジェクトが生まれました。

 

(講座での公演の様子)

 

 

実際に起業し、サービスを継続しているアイディアも生まれました

 

最終審査会は2016年3月31日に開催され、つい先日イベントページがオープンしました。2週間前の予選審査で最終審査会に出場することのできるチームを厳選し、勝ち残ったチームのみが最終審査会でプレゼンをすることができます。優勝すると、プランを実行に移すための資金として100万円が提供され、そのほかにも企業賞としてNESに協賛していただいている企業から賞が授与されます。参加者は、3ヶ月間の集大成として高校生とは思えないプレゼンテーションを披露します。

 

昨年1位を獲得した、高齢者向けのサービスの提案を行ったCKSというチームは、NES終了後実際に起業しました。そのほかにも、NESで生まれたプロジェクトが現在も継続し、ニュースで取り上げられたりしています。NESは3カ月間の講座ではありますが、その3カ月の間に高校生たちにとても刺激を与える講座なのではないかと思います。普段会うことのできない上場企業社長の話をすごく近い距離で聞くことができたり、学校とは別に各分野で活躍している高校生と毎週会うことで学ぶものも多く、とても刺激を与えられます。

 

(一昨年の最終審査会の様子です。)

 

 

自分たちの行動力次第で、アイディアが現実になることを体験してほしい

 

私は去年のNESの参加者でしたが、本当にNESの3カ月間辛かったです。しかし、とても良い経験になりましたし、とても良い友達を得ることができました。今でもNESで出会った仲間と何か新しいことを始めたり、NESの先輩にもお世話になっています。NESに参加して、学校・部活・家を往復するルーティーンな生活が少しずつ変わりました。自分が行動すれば、その先には面白い世界があるのだということに気づかされました。実際にプロジェクトを作り上げる中で、これまで滅多に経験することのできなかった、自分たちの行動力次第で、アイディアが現実になることがとても面白く、多くのチームが必死になって自分の事業に取り組んでいたのではないかと思います。

 

このNESは多くの方々のサポートの上で成り立っています。実績のある大人の方でなく、将来があっても高校生にこのような機会を与えてくれる場は、日本にはなかなかありません。自分の夢を叶えるため、その手段を自分の手でつかみ取る力を付けるため、この3カ月間全力で取り組んでほしいです。

 

(参加者のみんなと)

 

自分の力で社会を変えようとする。強い意志を持つ、将来のある高校生のため、どうかご協力をお願い致します。

 

 

【今年の最終審査会詳細】

日時:2016年3月31日16:00~21:00

場所:山野美容専門学校

最終審査会チケット申し込み受付中

 

【当日タイムテーブル】

16:00-16:30 開場・受付

16:30-16:35 開会式

16:35-16:45 実行委員長挨拶

16:45-17:00 NES2016報告

17:00-17:20 協賛企業ゲストの紹介

17:20-17:30  決勝大会審査の説明

17:30-17:50 NES発起人 文部科学大臣補佐官鈴木寛氏ご講演

17:50-18:00 休憩

18:00-19:40 プレゼン・質疑応答

19:40-20:00 審査タイム・休憩

20:00-20:25 表彰

20:25-20:45 閉会+写真撮影

-----21:00 完全撤退

21:30- 懇親会

 

 

【NES2016の講座日程】

昨年に引き続き、多くの起業家の方々に登壇していただいております。

起業家の枠にとらわれず、投資家・省庁など幅広い分野で活躍していらっしゃる方々のお話を聞く場を設けています。

1/10(日)14:00~18:00 斎木 陽平氏 Edventure株式会社

 

1/16(土)18:00~21:00 木下 慶彦氏 Skyland Ventures

 

1/23(土)17:00~21:00 外山 雄太氏 Letibee

 

1/30(土)18:00~21:00 Antti Sonninen氏 Slush Asia

 

2/06(土)17:00~21:00 中間報告会

 

2/07(日)14:00~19:00 松山太河氏  (East ventures)

 

2/13(土)18:00~21:00 村上 太一氏 リブセンス

 

2/20(土)16:30~20:00 小渕 宏二氏 クルーズ株式会社

 

2/26(金)18:00~20:00 高橋鴻介氏 ロゴ講座

 

2/27(土)18:00~21:00 窪田 良氏  Acucela.inc

 

2/28(日)10:00~13:00 諸澤 正樹氏 Wicrep Inc. 代表取締役CEO

 

2/28(日)14:00~17:00 阿部 広太郎氏 電通コピーライター

 

3/05(土)18:00~21:00 岡勇樹氏   NPO法人ubdobe代表  

 

3/06(日)14:00~17:00 谷 査恵子氏 経済産業省

 

3/12(土)17:00~21:00 予選 @マイクロソフト


3月31日 最終審査会  

 

 

リターンについて

 

1)サンクスレター

高校生のための起業家NESは高校生によって運営されています。私を含めた高校生メンバーより感謝の気持ちを込めてサンクスレターを差し上げます。

 

2)NES2016報告書

NES2016では最終審査会までの3ヶ月の間に15回の講座が開催されます。

講座の開催報告を含め、起業家のお話などをまとめた報告書をお渡しします。


3)最終審査会にてお名前を呼び上げさせていただきます。

3月31日に行われる最終審査会にてお名前を呼び上げさせていただきます。

 

4)NESホームページにお名前を記載させて頂きます。

高校生のための起業家講座NESのHPにて1年間協賛いただいた方としてお名前を記載させていただきます。

 

5)運営、最優秀受賞者とお食事会開催

運営メンバー4人と優秀賞受賞者を交えたお食事会の場を設けさせていただきます。

高校生がどのような思いでNESに参加したのか、高校生は今何を考えているのか

生の声をきいてみませんか。

※日程、場所等は後日ご連絡


6)最終審査会にてスポンサー賞を参加者に授与することができます!

3月31日に行われる最終審査会にてスポンサー賞を設置し、高校生チームに賞を授与することができます。

 

7)高校生30人からヒアリング会開催
高校生30人に対して1時間〜2時間程度のヒアリング会を開催することができます。

アンケート調査・討論会など形態については運営にご相談ください。

メールはこちらstaff.nes2016@gmail.com

※日程等は後日ご相談

 


最新の新着情報