2012年は、展覧会のお誘いに恵まれた年でした。

展覧会のプロデューサーさんからは、旧作でなにか出してほしいと言われたのですが、

旧作から自信作を選んでばかりだと、クォリティの安定はするかもしれませんが、

それ以上のものにはなりません。

必ず、発表する時は新作主義 ということが大切だと思うのです。

もちろん、今回、創刊する世界最強のビジュアルマガジンでは、

全編新作撮りおろしでございます。

 

 

新着情報一覧へ