世界最強のビジュアルマガジン『拍手喝采』では、常に、全ページ、新しい表現に挑戦し続けます!

棒高跳びは、やったことはないのですけど、比喩としてすごくよくわかります。

確実に飛べる高さをいくら飛んでても、なにもおもしろくありません。誰も称讃しません。

飛べるかどうかわからないギリギリ。無理なんじゃないか、と思わなくもない。だけど、ギリギリ飛べるんじゃないか? その高さを飛んだ過去はない。だから、飛べる確証はない。だけど、飛ぶための準備はしてきた。だから、今なら飛べる!よし、行くぞ!

そして、死にものぐるいで飛ぶ。

だから、称讃されるんです。

世界最強のビジュアルマガジン『拍手喝采』では、今まで飛んだことのない高さに、常に挑戦し続けます。もちろん、100%以上の準備をした上で。そして、表現の世界記録を塗り替えていきます!

 

新着情報一覧へ