こちらの新着情報用に、過去の作品を掘り返してるといろいろ出てきて、懐かしく思ったりしてました。大掃除の時に、手が動かなくなるのと似てますね。

写真は、昔、現代アートを作り発表していた頃の作品です。2001年に、京都芸術センター等で発表しました。6メートルサイズの円環の中で、ストロボが連続発行するのですが、歩いてると、酔ったような浮遊感を生み出す作品でした。

ビジュアルマガジン『拍手喝采』では、単なる雑誌文化ではなく、現代アートの要素も加えたいと思ってます。誌面それ自体が、作品になるような・・・。

さすがにそんなサイズはともかくとして、その経験を活かして、世界最強のビジュアルマガジン 拍手喝采 では、付録で、組立式アート作品をつけます。

おそらく、雑誌の付録で、アート作品というのは、世界初だと思います。

 

新着情報一覧へ