印刷だからできる写真表現というのもあります。本日の写真はイメージなので、とくに関連はないのですが、例えば、蓄光インキによるモノクロ表現とかって、おもしろいんじゃないかと思ってます。

日中の光を吸収して、夜、消灯すると、現れてくる写真。

明るいところで見る時と、暗くしてからとで、変化があるとか、動きがあるとか、そういうストーリーも、あった方がいいでしょうね。

普通は、印刷よりも、オリジナルプリントの方が、色の出し方などできわめられるので、よりよいものという認識なんですけど、もちろん、蓄光インキによるモノクロ写真を、そういう手仕事による制作をしてもいいんでしょうけど、この場合は、機械で作った方が緻密なものができるでしょうね。

手作業で作られたものよりも、印刷の方が、表現上、すぐれている、

そういう可能性に挑戦していきます!

ビジュアルマガジン『拍手喝采』は、そういう自由な表現の場という役割を担っていきます!!!

新着情報一覧へ