READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

アート表現を活かした写真で、ビジュアルマガジンを創刊したい!

アート表現を活かした写真で、ビジュアルマガジンを創刊したい!

支援総額

133,000

目標金額 1,500,000円

支援者
10人
募集終了日
2014年9月28日
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年07月15日 12:07

誌面サイズ→B4かA3

誌面サイズですfが、さすがにわかりきってたことなんですが、B3サイズ、364 × 515mmですと、大きすぎますね。実際に、プリントして、スタジオの壁にはりつけてみました。壁にかけて1枚だけ飾るには、これくらいがちょうどいいのかなあとも思ったのですが、ぱらぱらとめくって見るのは、ちょっとやっかいなサイズでした。ぱらぱらとめくるには、A3が限界なのかもしれません。

ただまあ、こうしていじってるうちに、思いついたのですが、例えば、誌面サイズがB4なんだけど、1枚くらいは、B3のページが半分に折れてて、そのページだけは、びろ〜んとのばして壁にかけられてもいいかなあと。いわゆる観音開きページですね。そういう遊びをするには、A3でも、ちょっと大きいような気がしていて、B4が適度な気もしてきております。

コイル式のカレンダーのようにしようと思った理由は、通常の本形式ですと、見開き2ページで見せるのがかっこいいとはいいながらも、中央のページの境目が、谷間になって見にくいので、そこをさけるために、ビジュアルを作るのですが、それって、ビジュアルの優先度を下げてまで、携行性を重視してるわけです。弊誌のコンセプトでは、ビジュアル最重視ですからね。とはいうものの、1ページくらいは、途中に折れ目があるけども、その分、大きいサイズで見せるページがあってもいいのかなあ、と思ったりもするわけです。

本を見開いた状態で、中央部分にコイルがあるまま壁にかけたとしても、そのコイルを活かすビジュアルを、1見開き分だけなら、作ることも可能でしょう。

ちょっとずつ見えてきたので、そろそろ、印刷屋さんに、具体的な相談をしてみようと思います。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1)サンクスレター
2)高解像度写真データ1枚(商業利用可、配布不可)

支援者
1人
在庫数
制限なし

5,000

alt

1)サンクスレター
3)創刊号1号

支援者
0人
在庫数
20

10,000

alt

1)に加え、
4)readyfor特別版創刊号1冊
 (市販品には掲載されていないスペシャルページ追加アリ)
5)出版打ち上げパーティーへのご招待 
6)誌面に使われていないアザーカット(A4サイズ)1枚 
7)高解像度写真データ3枚 (商業利用可、配布不可)

支援者
7人
在庫数
制限なし

30,000

alt

1)4)5)6)7)に加え、
8)誌面で使われなかったポジフィルム1カット
 (世界で1点しかないレアものです。)
9)エキストラとして誌面に登場(群衆の一部) 

支援者
2人
在庫数
18

50,000

alt

1)4)5)6)7)8)に加え、
10)誌面一部にてポートレイトを掲載

支援者
0人
在庫数
10

100,000

alt

1)4)5)に加え、
11)誌面に使われた写真(B2ポスターサイズ)1枚 
12)主要モデルの1人として誌面に登場 

支援者
0人
在庫数
10

300,000

alt

1)4)5)10)に加え、
13)1ページ分のビジュアルイメージのリクエストお答え
(要相談・広告不可)

支援者
0人
在庫数
5

500,000

alt

1)4)5)10)に加え、
14)1ページ分のビジュアルイメージのリクエストお答え
(要相談・広告可)

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする