プロジェクト概要

たくさんのご支援ありがとうございます!

 

クラウドファンディングをスタートして3日目にして、私たちの目標金額15万円を達成しました!多くの方々に関心を持っていただき、ご支援いただいたことに本当に感謝しております。 

 

今回のイベントは、講師や音楽家の方々、会場でコーヒースタンドを開いてくれるママ仲間など、多くのボランティアの方々のご協力で開催されます。

 

中でも、コーヒースタンドを設置してくださるAngel Link さんは、なんと、北九州から参加をしてくださいます。虹色カフェよこはまの取り組みに共感してくださったのです。自分の子どものことだけに留まらず、世界中の子どもたちのために目を向けられるその姿勢は、虹色カフェよこはまの求める姿と重なります。

 

ご自身で交通費等を負担して横浜まで来てくださると言われるのですが、来場された方に飲み物を提供してくださるのに、全てご負担いただくのは…と、心苦しく思っていました。

 

そこで、後少しのご支援を頂ければ、交通費などを少しでも多くお支払いできるようになります。そのための費用をセカンドチャレンジとして募集していくことにいたしました。

 

■Angel Link様交通費:35,000円
■ボランティア(10名分)交通費:10,000円

■会場で使用するプロジェクターのレンタル費用:約3,000円
■会場で使用するマイク及びスクリーンレンタル費用:約2,000円

 

上記合わせて5万円のご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

 

(3月27日追記)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

読み聞かせや絵本作りのワークショップを通して子どもたちに戦争のこわさを伝え、平和について一緒に考えたい!

 

はじめまして!「虹色カフェよこはま」の松﨑です。私は横浜市西区で月1回、子どもたちの笑顔のために、「読み聞かせ+ワークショップ」を実施しています。「本は読みっぱなしにしないで、少しだけ考えてみようね」をモットーに読み聞かせ後には必ず質問を投げかけるようにしています。「虹色カフェよこはま」は、Facebook上で知り合った共通の想いを持つママ達と立ち上げました。

 

共通の想いとは、現代の子どもたちの戦争への無関心を断ち切り、自分の頭で考えさせるきっかけづくりをしたいというものです。そんな私たちは、絵本作家さんやイラストレーターさんの平和への思いがつまったメッセージ原画展「ママたちのPEACEフェスティバル/絵描きたちのメッセージ展」を開催します。

 

1冊の本に頼る毎月のワークショップでは得ることができない「たいせつなもの」を、この機会に受け取ってほしいと願っていますが、会場利用費などが不足しています。皆さまからのご協力をお願いいたします!

 

原画展イメージ

 

終戦70年と聞いても、

「へえ~。それで?」という薄い反応をする子がほとんどです

 

虹カフェメンバーの一人である私は、幼児教室で小学6年生までの子どもを担当しています。今の子どもたちは、「戦争」という言葉を知識としては知っていても、自分には関係ないことであると考えています。終戦70年と聞いても、「へえ~。それで?」という薄い反応をする子がほとんどです。中東で爆撃から逃げ惑う子どもたちの映像がテレビで流れているのを知っていても、「関係ない」と言ってしまえるほどの無関心なのです。

 

無関心ほどおそろしいものはありませんよね。何ごとも、どういう結論に至るのであれ、自分で考えなければいけないのです。しかし、悲しいことに今の日本社会には、「考えさせてくれる場」がほとんどありません。だからこそ、「虹色カフェよこはま」では、考えるきっかけとなる読み聞かせを行っています。

 

子ども達に「考えるきっかけ」を

 

 

読み聞かせを通し、子どもたちに考える種をまいてきました

 

以下はこれまでに読んだ絵本の一部です。先日、お料理ワークショップのあとに、『たべることはつながること』を読みました。食と環境問題をわかりやすく伝えられたのではないかと思います。テーブルに戻った子どもたちから、「今日はなにとつながったかなぁ。えび?」「土とつながった!」と楽しそうな感想がもれていました。この子どもたちは、これから「食」に興味をもってくれることでしょう。

 

『さだ子と千羽づる』(被爆した女の子のはなし)

『トビウオのぼうやはびょうきです』(水爆実験の海にいたトビウオのはなし)

『100万回生きたねこ』(人を大切に思う気持ちを学ぶのにぴったりなはなし)

『たべることはつながること』(食物連鎖のはなし)

 

いつも読み聞かせを行っています

 

 

 

展示会、トークショー、憲法教室、親子絵本づくりワークショップなどの企画をご用意しています!

 

今回のイベントでは、子どもの本・九条の会会員の絵描き63名による、平和や憲法への熱い思いがつまったオリジナルの原画メッセージの展示を行います。『かいけつゾロリ』の原ゆたか先生、『からすのパンやさん』のかこさとし先生、『おばけなんてないさ』のせなけいこ先生などのオリジナル原画メッセージです。また、『おまめちゃん』『たんぽぽでんしゃ』等を手がける絵本作家のひろかわさえこ先生による「子どもたちに、のこすもの」というトークショーを開催します。

 

フェリス女学院大学の常岡(乗本)せつ子教授による「親子わくわく憲法教室~どんな未来を描こう?」とセットで「子どもに伝える絵本づくり」というワークショップも開催予定です。パパやママが我が子に伝えたい思いを、親子の共同作業で一冊の絵本にまとめられたら素敵だなと思っています。その他にも、子どもたちが原画展を楽しめるように、ミニワークショップ、読み聞かせ、コカリナのミニコンサートなども企画しています。

 

 

◆イベント詳細◆

 

エリスマン邸


5月17日(火) 12:30 OPEN

       13:00~ミニコンサート

       14:00~読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       16:00 CLOSE

 

5月18日(水) 10:00 OPEN

       11:00~読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       14:00~読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       16:00 COLSE

 

5月19日(木) 10:00 OPEN

       14:00 読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       16:00 CLOSE

※10:30~11:30には、エリスマン邸の自主事業である読み聞かせが開催されます。

 

5月20日(金) 10:00 OPEN

       11:00 読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       13:00 読み聞かせ・カルタ取り・シャボン玉

       14:00 CLOSE

 

エリスマン邸

 

横浜YWCA

※土日の会場は横浜YWCAとなります

 

5月21日(土) 10:00 OPEN

       11:00~ 読み聞かせ・カルタ取り

       13:00~「親子わくわく憲法教室&絵本づくり~どんな未来を描こう?」

           (フェリス女学院大学常岡(乗本)せつ子教授講演後、

             絵本づくりのワークショップを行います)

       16:00 CLOSE

 

5月22日(日) 10:00 OPEN

       11:00~読み聞かせ・カルタ取り

       13:00~絵本作家ひろかわさえこ先生講演会

           「子どもたちに、のこすもの」

       16:00 CLOSE

 

横浜YMCA

 

 

子どもたちの未来を笑い声に満ちた明るいものに!

 

今回のプロジェクトを通してできることは、子どもたちの未来を守ることです。子どもたちの未来を笑い声に満ちた明るいものにするためにも、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、地域の人々……沢山の人とつながっていきたいと思います。そして、子どもたちには、色々な考え方があることを知ってもらいたいです。1人でも多くの方に今回のイベントに訪れていただき、笑顔で過ごせる平和のありがたさを考えてほしいと思っています。皆様ご協力お願い致します。

 

 

◆リターンについて◆

 

・子どもたちからのメッセージを載せたサンクスメール

 

・絵本作家ひろかわさえこ先生のお話会「こどもたちに、のこすもの」の参加権利1名様分※5月22日(日)13:00~15:00

 

・フェリス女学院大学教授常岡教授トークショー「親子わくわく憲法講座」の参加権利+「子どもに伝える絵本づくり」の参加権利1名様分
※5月21日(土) 13:00~憲法講座 14:00~絵本づくり

 


最新の新着情報