プロジェクト概要

埼玉県飯能市の天然のダムである森林を守るために、間伐した材木で商品を販売し、その売上を植林活動に活用します。

 

初めまして。私は埼玉県飯能市で林業の再生や森林保護のために活動する「西川の森プロジェクト」代表の横田泰典と申します。

 

今回のプロジェクトの概要は、飯能市の水源の森を守るために必要な間伐作業を行い、それらの材木を活用した商品を企画/製造/販売し、利益の一部を植林などの森林保護活動に活用に充て、持続可能な森林保護のサイクルを作りだそう!というものです。

 

しかし、最初の間伐と商品開発をするための費用が足りません。

お力を貸していただけないでしょうか?

 

 

 

幼いころに遊んだ森は、荒れ果てた姿に変わっていました

 

日本の森林は戦後の材木需要の高まりによって多くの山が杉やヒノキなどの人工林に植え替えられ、文字通りそれらは宝の山でした。しかし、バブル以降の需要減少や安価な外国材の流入に伴い、山を管理する人手は次第に減少し、今ではほとんどの人工林が手付かずの状態で放置されています。

 

古くから西川材と呼ばれる材木の生産で栄えた、埼玉県飯能市周辺の山林も例外ではありません。

 

私が東京で仕事をしていた頃のある休日、地元に帰りリフレッシュをしようと思い、幼い頃よく遊んでいた森を訪れました。

 

しかし、その森は記憶の中にあるそれとは姿を変えていました。放置された山の斜面には杉やヒノキが根をむき出しにして倒れ、無残な姿で朽ちるのを待っています。さらに、痩せた土壌は密集した木々によって日光が遮られ、遠目に見る山もどこか寂しげな表情でした。

 

そのような状況を改善し、次の世代にも豊かな自然を残したいと思い、このプロジェクトを思いつきました。

 

(立ち枯れた木々がそのままになっています)

 

(美しい水源の森の景観も台無しです)

 

そこで、今回は埼玉県飯能市から入間市、狭山市を流れ荒川に注ぐ入間川の水源付近の森にターゲットに、整備を行う資金の応援をお願いします。具体的な活動内容は、森林整備のための伐採作業によって切り出した材木(西川材)で商品を生産/販売し、売上の10%を植林や、さらなる整備を行うことで森林に戻し、持続可能な森林保護を目指します。私たちが子供の頃の飯能市の森を取り戻すために、ご支援をお願いします。

 

 

森林は雨水を蓄える大切な天然のダムです

 

森林の放置は倫理や景観の問題だけでなく、私たちの生活にも大きな影響を及ぼしかねない問題です。山は私たちの飲み水となる川の生みの親であり、雨水をその土壌に蓄える天然のダムとして機能しています。

 

しかし、手入れの行き届いていない人工林は木が密集し、地表に植物が育たないことにより土は痩せ、恵みの雨も蓄えることができず、地表を流れてしまいます。また、成長の止まった木々はCO2の吸収量も減少し、地球温暖化にも悪影響を及ぼします。

 

このままでは、洪水や土砂崩れのリスクが高まるだけでなく、水源が枯渇してしまう可能性さえあり、自然林に近い状態に戻すための行動を起こす必要があります。

 

 

 

今、そして未来のために森を守ります

 

水源の森を守ることは、流域で生活する全ての人々だけでなく全人類の重要な課題です。私たちは植林活動を地元の住民や小学生、本プロジェクトにご賛同をいただき、引換券や商品を購入していただいた方々と共に行うことで、地元での環境意識の向上にも繋げます。

 

また、森での活動に参加できない方でも商品を購入するすることで、環境に貢献できるシステムの構築は、市民参加型の持続可能な森林保護活動を実現します。このモデルにチャレンジ、成功させることができれば、全国で同じような問題を抱える森林の問題を解決する糸口をつかむことができるかもしれません。

 

100年後の世代にも豊かで美しい自然を残すために、このプロジェクトのご支援をお願いします。

 

 

 

◆◇◆◇◆引換券について◆◇◆◇◆

ご支援をいただいた方に、金額に応じて以下のアイテムをお送りします。

 

◎サンクスメール

 

◎西川材折り紙

 

◎森林保護活動体験(希望者)

期間:2015年内の土日祭日を予定

(詳しい日時については別途調整致します。)

 

◎飯能市のお水

 

◎西川材アロマキャンドル3個セット

 

◎二人掛け西川材ネルソンベンチ

 

◎三人掛け西川材ネルソンベンチ