プロジェクト概要

兵庫県加西市で、毎年4月に開催される

「北条節句祭り」で1番の化粧屋台を奉納したい!

 

はじめまして、西高室青年団OBの高橋と申します。私は幼い頃より播州三大祭でもある、「北条節句祭り」に西高室の化粧屋台とともに深く関わってきました。子どもの頃は化粧屋台のなかで太鼓を叩き、青年団になってからは担ぎ手にまわり、青年団を離れてからもこのお祭りの際には帰省して参加しております。

 

毎年楽しみにしているこの北条節句祭りですが、「どうにかしたい!」と思っていることがあります。それは毎年、他地区の化粧屋台が綺麗に改修されていくのを横目に見ながら、西高室地区の化粧屋台だけは改修予算が集まらず、古くなっていくのが残念でならないのです。そこで「西高室の化粧屋台をNo.1にしたい!!」と決意し、西高室青年団OBを代表して今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

今回は多くの皆さまにご協力いただき、私たち「西高室」の化粧屋台を新調して、地元に活気を与えたいと思っています。ぜひ、応援お願いいたします!

 

千年以上続く伝統あるお祭りです。

 

千年の歴史を持つ播州三大祭の一つ「北条節句祭り」

見所は14台もの豪華絢爛な化粧屋台です。

 

「北条節句祭り」は、毎年1万人以上の来場者があり、播州を代表する春一番のお祭りです。千年に近い歴史と伝統に支えられ、優雅と勇壮が織りなすふるさとの情緒あふれるお祭りとして、播州三大祭の一つに数えられています。

 

毎春、4月第一週目の土日、花の季節の訪れとともに始まる加西市北条町住吉神社の春季例大祭で、【2台の神輿】【古式ゆかしい平安絵巻の行列】【兵庫県民俗文化財の龍王舞】【深い歴史を忍ばせる加西市民俗文化財の鶏合わせ】それに【14台もの豪華絢爛な布団屋台の奉納】など、優雅と勇壮が織りなす華やかな春の大祭として知られています。

 

豪華絢爛の化粧屋台がお祭りの見所です。

 

北条節句祭りの華やかさを最高に演出し、見る人全員を魅了する化粧屋台

 

それぞれの化粧屋台は、三枚重ねの布団屋台に金銀華麗な唐獅子や鷲、海老や龍などの梵天(ぼんてん)、純白や黄金色の伊達綱、狭間の彫刻、一つひとつが一級の芸術品で飾られています。それ故、豪華絢爛な化粧屋台が練り歩く姿は圧巻です。すべての化粧屋台がその美しい伝統工芸を守り、北条節句祭りの華やかさを最高に演出し、祭りを盛り上げてくれているのです。

 

見る人を魅了する圧巻の存在感。

 

しかし、豪華さ故に、改修費用なども多く掛かります。

予算の少ない西高室地区ではお祭りの運営費を捻出するのがやっとの状態です。

 

北条節句祭りでは、全部で14台の化粧屋台が奉納されます。これまで化粧屋台の改修費やお祭りの運営費などは基本的に自治体の予算と地域の寄付金のみで賄われてきましたが、自治体によって集まる予算に開きがあり、予算の少ない私達の地区ではお祭りの運営費を捻出するのがやっとの状態でした。そのため、どうしても他の地区と比べると化粧屋台の豪華さは控えめになり、古くなった箇所に気を使いながら奉納しなければなりません。

 

1番右端が西高室の化粧屋台です

 

お祭りに参加する私たちにとって、

自分たちの化粧屋台とは誇りであり、魂でもあります!

 

もともと私たちの西高室地区は、化粧屋台を上手に担ぎ上げる事で有名な地区でした。重量感のある化粧屋台は、50人ほどの担ぎ手でやっと持ち上がる重量で、二日間担ぎ続けると肩にはくっきりとあざができ、一週間は腫れがひきません。それでも、地面に落とさず化粧屋台を担ぎ上げた時の達成感は何事にも代えがたい喜びがあり、毎年訪れるこの北条節句祭りと化粧屋台を守り続けています。

 

だからこそ、お祭りに参加する私たちにとって、自分たちの化粧屋台とは誇りであり、魂でもあります。一年の内、二日間だけ姿を現す化粧屋台ですが、その化粧屋台を担ぐ私たちとって、その二日間が一年の内で最も大切な日だと言っても過言ではありません。

 

そしてみんなで口を揃えて言います。

 

『もっと堂々と、豪華になった化粧屋台を担ぎ上げたい!』

 

だからこそ、千年近く続くこのお祭りに華を添え、豪華絢爛な化粧屋台を後世に引き継ぐ為に、今、私達がこの化粧屋台を改修しなければなりません。そして今回、西高室青年団OB仲間が集まって立ち上がりました。どうかこの伝統あるお祭りを次世代にも引き継いでいくためにご協力をお願い致します。

 

屋台の装飾は、伝統を守るとともに、お祭りを盛り上げる重要な役割を持っています。

 

ご支援は伊達綱の新調と、水引幕や提灯の修繕に

私たちの誇りであるお祭りのために皆さまのご協力が必要です。


北条節句祭りに参加する14台の化粧屋台の中で唯一、唐獅子牡丹の梵天を掲げる西高室の化粧屋台ですが、他の地区よりどうしても見劣りするのは、どこよりも細い屋根の上の伊達綱に原因があります。そこで今回のプロジェクトでは、この伊達綱の新調と、古くなってきた水引幕や提灯の修繕を行いたいと考えています。

 

また、改修資金に余裕がある場合には、夜のライトアップをもっと豪華にするなど、皆さまに楽しんでいただける工夫をさらに施したいと思います。是非、ご協力をお願いします!

 

1番華麗な屋台を目指して、お祭りを盛り上げます!ぜひ見に来てください!

 

千年の歴史を持つお祭りを語り継いで行くために、ご協力をお願いします!


こちらの化粧屋台には伝統工芸の技術が至る所に使われており、この伝統美を残しながら、14台の化粧屋台の中で1番華麗になるように仕上げていきます。ぜひとも、来年春の北条節句祭りには、新しく生まれ変わった化粧屋台を奉納させて下さい。西高室地区の皆で、精一杯担がせていただきます!

 

千年近く続くこの伝統的なお祭りを、後世の代まで永遠に続けていけますように、どうか皆さまのご協力をお願いいたします。

 

 

リターンについて

ご支援頂いた皆様には、北条節句祭りでの化粧台に御花札を飾り付けさせて頂きます。

 

お祭りの開催時に御花札(支援者の氏名またはニックネーム等を書いた)を豪華絢爛な化粧屋台に飾り付けさせていただきます。化粧屋台を神社に奉納する際には、支援者の方々の繁栄、無病息災、家内安全を祈りつつ、精一杯担がせて頂きます。

※悪天候で中止の場合は翌年に繰越し。
※二日間のお祭り開催の中で一日又は二日間取付けます。(金額によって年数変動)