プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

▶︎ご支援の手順はこちらをお読みください◀︎

 

 

障がいのある方が、安心して生きがいを感じながら働ける場を作りたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。認定NPO法人ガンバの会の粟谷宣彦と申します。ガンバの会は、千葉県市川市を拠点に、路上生活をせざるを得ない「ホームレス」の方々の命と尊厳を守り、自立支援を行うために、1997年から地域に根差した幅広い活動を展開しています。

 

この度私たちは、軽度の障がいやうつによって社会に馴染めなかった方々が、地域の中で安心して生き生きと働ける場所として、『がんば夢茶房』というカフェを始めました。

 

本来であればご支援をお願いした後にプロジェクトの実行に移るのですが、私たちのところへ相談にいらっしゃる障がい者の方々が急増したため、急いで建設する必要があり、団体内で別の予算からなんとか資金をやりくりし、建設をいたしました。

 

今回は、このカフェの建設費用を皆さまにご支援いただき、私たちの活動を深く知っていただくきっかけになればと考えております。どうか、皆さまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
カフェ店内の様子

 

 

周りも気づかない軽度の障がいやうつ状態が就業のハードルとなっています。

 

私たちの団体では、路上生活支援(食料・衣類・医薬品を持っての夜間パトロール)や、居宅支援(アパート等へ入居するための支援)など、生活困窮者の方々に向けた様々な活動を行っています。

 

そのひとつとして、現在私が担当している就労支援があります。居宅支援を経て、住まいが整った次のステップとして、自立のための職探しや継続的な就労をサポートをしています。

 

これまで20代前半~80代の幅広い層より相談を受けてきましたが、ここ数年では若年層の相談者が増えてきています。最近では、ネットカフェや漫画喫茶のインターネット検索をきっかけに相談に来られる方や、他の支援団体、自治体からの紹介等でこちらに来られる方もおられます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
就労相談の様子

 

相談内容の多くは、「働き口がない」というものでした。深く話を聞くと、本人はやる気がないわけではなく、他人が気付かないような軽度の障がいを持っていたり、人間関係で悩んだ末に重度のうつになってしまった人がたくさんいることがわかりました。

 

そのような人たちに対し、一般的な就労を求めても長続きはしません。極めて軽度の障がいのため、ご本人も気づかないまま今日まで過ごしてきてしまったケースもあります。そうなると周囲には理解されにくいことから、私たちの団体では非常に重い問題としてとらえています。

 

そこで、そのような方たちが安心して働ける場、自分が必要とされていることを感じれる場を設けたいと考え、私たちで就労継続支援B型事業所としてカフェをオープンすることを決めました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
団体の活動のひとつとして夏祭りも開催しています

 

 

働く方にとっても、地域の方にとっても安らぎの場となるように、カフェとして就労継続支援B型事業所をオープンしました。

 

今回オープンしたカフェ『ガンバ夢茶房』は、就労継続支援B型事業所ではありますが、そんなことを全く感じさせないような、楽しい雰囲気の温かみがあるお店にしていきたいと思います。

 

就労継続支援B型事業所ですので、計画当初は、カフェ以外にもリサイクルショップや便利屋なども考えました。ですが、人が集い、明るい雰囲気のあるカフェという場所が、働いていただく方にとっても、地域の方にとっても安らぎの場になるのではとの想いで、カフェとしてオープンいたしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
常時5種類のコーヒーをご用意!

 

現在、実際に働いていただいている方々もまだ数日の勤務ですが、皆が見違えるような変化があり、私たちスタッフもとても驚いています。このような場を作って良かった、早急でもオープンさせて良かったと感じています。

 

一度社会へ出て挫折してしまった人が、再び光を取り戻し、社会復帰していく姿を見ることは、私たちにとっても非常に嬉しいことです。

 

現在、相談に来る人の中には「ここで働きたい」と話す人が少なくありません。今後も出来うる限り多くの方々にこのカフェで働いていただき、一人でも多くの方々のお力になればと考えております。

 

◆ガンバ夢茶房 店舗情報◆

場  所:千葉県市川市八幡4-5-11

営業時間:10:00~16:00

メニュー:自家焙煎、水出しコーヒーなど、常時5種類のコーヒーをご用意 

 

カフェのスタッフ一同です

 

 

一人でも多くの方が、地域の中で安定した幸せな生活を送れるように

 

現在も私たちの団体には、障がいやうつなどの悩みを抱えた人たちが、次々と相談に来られます。このカフェを利用することによって、多くの人々がこの地に定着し、安定した幸せな生活が送れるよう、サポートしていきたいと考えています。

 

また、このカフェを長期間運営していくためには、地域の方々の理解が重要だと考えております。そのためにも、地域密着型のカフェとして、地域の方々が来店したくなるような憩いの場となることを目指して運営してきます。

 

皆さまのご支援、応援をよろしくお願いいたします。

 

 

カフェの外観。皆様のお越しをお待ちしています

 

 

特定寄附金による税制優遇について

 

本プロジェクトを通じて寄附を行う場合には、以下の税制優遇を受けることができます。


■個人の場合:2000円以上の寄附をされた方は、寄附金領収書を添えて確定申告を行うことで所得税に関する優遇措置として「税額控除」か「所得控除」のうち有利な方を選択できます。一部の住民税についても優遇措置の対象となる場合があります。


■法人の場合:「寄付金特別損金算入限度額」の枠が適用され、当該限度額の範囲で損金算入ができます。

 

※詳しくは自治体や所轄税務署、国税庁のウェブサイト等をご覧ください。


【寄付金領収書の発行について】
寄附をされた方には、後日「寄附領収書」を送付致します。

 

領収書名義:Readyforアカウントにご登録の氏名を宛名として作成します。

領収書発送先:Readyforアカウントにご登録の「リターン/ギフトの発送先ご住所」にお送りします。

寄附の受領日(領収日):Readyforから実行者に入金された日となります。領収日付は、2019年3月10日以降になりますので予めご了承ください。

領収書の発送日:2019年3月下旬を予定しています。発行までお時間をいただきますが予めご了承願います。

 


最新の新着情報