前回紹介したジャズの名曲『Caravan』に続いて収録候補曲をまたひとつ紹介させてください。

 

【In the Darkness】

 

日本最南端の波照間島というところへ演奏に訪れた時のこと、

海、空、夕日、朝日、流れる空気や時間…

その全てが奇跡のようでその後の音楽、いや人生そのものに

大きな影響を及ぼした特別な場所となりました。

 

『日本でいちばん夜の暗い島』とも言われてるそうです。

確かにいつも街の明かりに囲まれてる感覚からすればとても暗くて、

夜9時を過ぎると出かけるのが怖いくらいです。

 

そんな暗闇の中に(=In the Darkness)身を置いてまず感じたのが

『月の明るさ』

自然の光のやさしさとありがたさでした。

 

そしてその月が沈んだ時、また新月の夜になるといよいよ深い闇が訪れます。

目の前が真っ暗で何も見えない…そう思って上を見上げたら

満天の星空!

いままで見たこともないようなおびただしい数の星!信じられない…

 

いつか自分の人生の目の前が真っ暗になる時が訪れるかも知れない…

でもそんな時にも必ずどこかに光はあるはずだ、

暗闇の中で数え切れない星の輝きを見ながらそんな希望を感じました。

 

『In the Darkness』はそんな景色、体験から生まれた曲です。

島の暗闇の中で星を見ていた時にはすでにこの曲の大半が頭にあったのですが

完成して人前で演奏するまでに何年かの時間を要する事になりました。

 

数年後にまた全く違う場所で同じ体験、真っ暗闇の中で満天の美しい星空を

体験して、その場所に射し込む希望の光を信じてこの曲は完成させました。

その物語はまた別の曲で♪

 

という訳で前回のキーワード『旅』『夜の星空』からつながった希望の曲

【In the Darkness】

でした、また色々紹介させてくださいね♪

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
新着情報一覧へ