私事ですが2019年の4月で拠点を名古屋に移して10年という節目を迎えました。

10周年の記念公演の準備をしているときにこんな声をかけてもらいました。

 

『湯田さん、10周年の写真集作りませんか?』

 

そういってくれたのはかつて湯田大道sologuitar『Joy to the World』

のアルバムジャケットを撮影してくれたカメラマンHirokazu Ichikawa

 

【Joy to the worldジャケット写真】

 

最近よく使っている湯田大道のプロフィール写真も彼の撮影によるものです。

 

【湯田大道プロフィール写真】

 

そんな彼からの提案に『え…写真集!?』と変な自意識が働き

恥ずかしながら少し腰が引けてしまったのですが、すぐに思い直しました。

彼はカメラマンとして湯田大道の10年の足あとを

作品として残そうとしてくれたのだ、と。

 

その提案を受けて自分の中で何かが動きました。作品、足あと…

ひとつひとつに想いの限りを込めて曲を書き続け、演奏しつづけながらずっと構想を練り機会を伺っていたソロギターでのアルバム、

 

よし!作ろう!!

 

そしてクラウドファウンディングでのチャレンジという道を選びました。

名古屋という新しい拠点で活動し始めて10年、そしてソロギターでの活動をはじめてからも10年、自分はどんな足あとを残してこれたのか…

もしかしたら支援が全然集まらないかもしれない、失敗して笑われるかもしれない、それでもチャレンジしよう!そう決断しました。

 

というわけで『湯田大道10周年記念限定フォトブック』はカメラマンHirokazu Ichikawaの撮影によるこのプロジェクトのもうひとつの作品です。

 

僕にとってこれはチャレンジの象徴であり、新しい街で出会った仲間たちとの足あとそのものでもあります。

 

ソロ=ひとりでのチャレンジですが実はひとりではありません。

このプロジェクトのために仲間たちが動いてくれています。

そしてすでにたくさんの方からのご支援・応援をいただいています。

 

本当に、本当に、ありがとうございます!

 

ぜひこのプロジェクトを成功させて、この作品を届けたい!

そう強く願っています。

最終日、5月31日の午後11時まで、どうぞ見守り見届けてください!

 

よろしくお願いいたします!!

 

いっちー、ありがとね。

 

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
新着情報一覧へ