READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

演奏する事を奪われた吹奏楽部員に、大きな舞台で思い出に残る演奏会を

演奏する事を奪われた吹奏楽部員に、大きな舞台で思い出に残る演奏会を

支援総額

2,657,000

目標金額 2,000,000円

支援者
210人
募集終了日
2020年11月27日
210人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録
12人がお気に入りしています

12お気に入り登録
12人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 目標達成の御礼とNEXTGOALへの挑戦

 

10月20日より挑戦させていただいておりました「全力吹奏楽部思い出演奏会開催プロジェクト」ですが、本当に多くの皆様からご支援とあたたかい応援を賜り、心より感謝申し上げます。

 

不安の中で始まったクラウドファンディングですが、この度のプロジェクトを通して、子どもたちの青春を時間切れにさせたくないという、同じ強い思いでご賛同いただける方々に、ご縁をいただくことができ、心より感謝申し上げます。

 

プロジェクト第一目標を達成することが出来ましたので、子供たちに大ホールを貸し切りプレゼントすることで、仲間や先生と練習の成果を思いっきり発揮・演奏してもらえるように、計画することが出来ます。

 

今回、コロナ過による現在の世の中の状況を重視し、より一層の感染対策を充実させ、また今後各学校が中止してきた定期演奏会の再開にも共用して利用できるように、非接触型体温計や消毒用品、注意書きボードなど、万全の対策を整備するべく、NEXTGOAL「300万円」を目指したいと思います。

 

この演奏会を開催することだけの目標にとどまらず、再び街や学校に音楽が満ち溢れ、演奏する人も、それを聴いている人も笑顔になって、心と心が音楽で繋がる。そんな以前の当たり前の世の中を、日本全国で徐々に取り戻すきっかけになればと願います。


皆様からお預かりしたお気持ちは絶対に無駄にしないよう全力疾走したいと思います。

引き続き多くの皆さまからご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年11月20日追記
全力吹奏楽部思い出演奏会実行委員長 中川啓

 

新型コロナウイルスの影響で、多くの高校生の部活動に制限があり、集大成となる大会、コンクールが中止となっています。

 

例年開催されていた音楽会、吹奏楽部最大の舞台となる定期演奏会などの演奏ステージを、新型コロナウイルスで奪われてしまった岡山県の吹奏楽部員たちに、本物の大ステージで仲間や先生と思いっきり演奏させてあげたい。

 

地域で多くの子ども達の成長を見てきた楽器屋として、学生たちにできることをしてあげたい。

今しか経験出来ない心に残る思い出をプレゼントしたい。

そんな想いで「全力吹奏楽部思い出演奏会」を企画しました。

 

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

大きなステージで今しかできない心に残る演奏をさせてあげたい。

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。中川啓(なかがわけい)と申します。

 

私は、岡山県倉敷市で小さな楽器店を営んでおります。多店舗をもつチェーン店やネット販売で全国的に展開しているような大型店ではなく、地元の音楽愛好家や吹奏楽部の部員たちが、友達と自転車で通ってくるような地方の本当に小さな地域密着型のお店です。

 

 

元々は、父親がギターやピアノなど楽器なら何でも販売していたお店だったのですが、私が後を継いでからは自分が小中高と学生時代に吹奏楽部で青春時代を過ごしてきたということもあり、現在は吹奏楽専門店として事業転換し、主に地域の学校にある吹奏楽部のお世話を主としています。

 

自称「吹奏楽部みんなのマネージャー」として日々奮闘しています。

休みの日は、自分の通った母校の小学校でトランペット体験などもしています。

 

トランペット体験
店内

 

ご存じの通りコロナ蔓延により、今年度は学校が休校になるという前代未聞の状況から始まり、もちろん部活動もできない期間が続きました。

 

さらには、野球部が甲子園中止となったように、多くの運動部の大会も自粛の一途を辿りました。同じくして吹奏楽部もコンクールという吹奏楽の甲子園にあたる大会が中止となり、地域の音楽会や定期演奏会すら開催することができませんでした。

 

私の店にも何か月も楽器の音が響くことはありませんでした。そんな状況から吹奏楽部の子たちが、段々と好きな楽器を練習する気も失せてしまい、演奏もできず目的を失った部活動をこのまま去っていくのではないかと、とても心配でした。

 

 

しかし、約半年ぶりに再開された部活動では、どの学校も部員全員揃っており一人として辞めていませんでした。それどころか、休校中は自宅や公園で自主的に練習したり、中にはオンラインで友達と練習していたという子もいました。「学校再開後は部活を休む子がいなくなったんですよ!」と顧問の先生が嬉しそうにお話しされていたのも私にとっては想定外でした。

 

コロナから子どもを守るために行事を中止してきたのは当然仕方のないことであり、そうすべきだと思います。

 

その一方で、子どもが大人になった時に、今しか経験できない、心に残る思い出を残せればと感じ、この子たちに本物のステージで一緒に演奏させてあげたい、練習を共にしてきた仲間や先生と演奏させてあげたいと思いました。特に引退が近づいている子には時間があまりありません。何とか最大限の対策のもとに、今年中に演奏会の開催を挑戦しようと思いました。

 

 

参加希望校の紹介&代表者の声

 

♪岡山県立倉敷天城中学校・高等学校(演奏予定)

 

引退された大好きな先輩と

 

斎藤さん(吹奏楽部2年部長:写真左)

今年はコロナウイルスの影響でさまざまなことが中止となり、部としても悔しい思いをたくさんしてきました。

特に、4月に行う予定だった一番の大舞台である定期演奏会が中止となり、引退する高校3年生の先輩方と一緒に楽しみにしていた、大きな舞台での演奏ができなかったのが心苦しかったです。

 

しかし、このような状況を経験し、私たちが何気なく過ごしていた一日一日は大切なんだと、心の底から実感することができました。また、この状況で立ち止まってはならない、むしろこの状況だからこそ進まなければならない、という思いが生まれ、今では「常に前進」というモットーを新たに掲げ、日々部活に励んでいます。

 

そして、もしこの演奏会に出演する事が本当に出来たら、引退された先輩の分まで、全ての方々への感謝の気持ちを音楽で伝えられるように、部員一同心を込めて全力で演奏をしたいです。

 


♪岡山県立倉敷青陵高等学校(演奏予定)

 

 

作村さん(部長 フルート担当:写真右側)

楽しみに準備していた定期演奏会や金賞を目指して部員一丸となってきたコンクールは、新型コロナウイルスにより一瞬で奪われてしまいました。この先どんな未来なのかは誰にも分かりませんが、少なくとも私たちはこの吹奏楽部の伝統を守り、前に進んでいく事を決めました。そんな中で私たちができることは何だろうか?と日々考えながら活動をしています。

 

もし、思い出演奏会が実現して私たち吹奏楽部が舞台で演奏できるなら、コロナ過で大変な思いをされている医療従事者の方々や学校の先生への感謝を伝えたいのと、同じように部活動の発表や試合が中止となって落ち込んでいる全国の同世代の方々へ、今私たちがもつ最大のエネルギーを音に込めて演奏し、応援したいです。

 

現在、岡山県内の約10校の高等学校吹奏楽部から演奏会が開催された場合の参加希望があります。このクラウドファンディングが目標を達成し、本当に演奏会の開催が実現する事を待ち望んで日々練習に励んでいます。演奏予定学校名は順次申込みが完了次第ご紹介させていただきます!

 

子どもたちへ仲間や先生と、今しか作れない思い出のプレゼントを実現させるために、ご支援・お力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

プロジェクト内容

 

▷イベント概要

日程:2020年12月20日(日)

場所:倉敷市民会館大ホール(https://arsk.jp/shimin/

住所:岡山県倉敷市本町17-1

主宰:全力吹奏楽部(高校生)思い出演奏会実行委員会

後援:中国銀行、中川楽器、他依頼中

 

▷イベント延期の場合について

新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、延期となる可能性がございます。あらかじめご承知おきください。

 

 

▷資金使途

本クラウドファンディングで集まったご支援は、

①大ホール会場貸し切り費用

②照明設備等利用費用

③感染防止対策費用

など演奏会を開催する費用に充てさせていただきます。

 

さいごに

 

新型コロナウイルスという目に見えない恐怖の中、世界中の国々が感染を防ぐ努力をしてきました。日本では学校を休校にし、仕事も移動を最小限に抑えて努力してきました。学校現場においても、校長先生をはじめとし、部活動では顧問の先生方が子どもたちのために多大なる尽力をされています。

 

しかし、コロナの蔓延には逆らえず、オリンピックをはじめ、学校関係でも多くの行事や大会が中止の一途を辿ってきました。部活動においても仲間と励んできた最後の集大成をかけて挑む場もまた失われ、その影で誰にもその勇姿すら見てもらうこともなく部を引退した子がいるのも事実です。

 

私はそんな子どもたちがすぐ身近にいるのに、何もしてあげられない自分に悔しさと無力さを感じていました。演奏する場といっても、小さなレンタルスペースなら安く借りれることも出来ますが、吹奏楽部員全員は入れません。

 

だからといって大きなホールを借りて演奏するというのには莫大な費用がかかり、1つの団体で簡単に準備できるものではありません。たまたま買い物に来たお客さまにクラウドファンディングのことを聞き、これしかない、自分がやるしかない、そうしないと間に合わない、また子どもたちに悔しい思いをさせてしまうより、ダメでも挑戦してみようと思いました。

 

大人は、それぞれの生活や立場の中で、守るという目的で中止という正しい選択をしてきました。

一方でその後、GoToトラベルや、GoToイートで各業界を守ろうという動きが始まりました。

 

同じく、守るという目的で、私は子どもたちの仲間との「思い出」を守られたらと思います。

もし、この演奏会が開催できたなら、思いっきり仲間や先生と音楽を楽しんでほしい。

そしてその音楽で街や日本中へ元気を届けられたら、と思います。

 

どうかご支援をお願いいたします。

 株式会社中川楽器 代表取締役

 中川 啓

 


本プロジェクトのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

プロフィール

中川啓(思い出演奏会プロジェクト代表)

中川啓(思い出演奏会プロジェクト代表)

岡山県倉敷市で小さな楽器店を営んでおります。地元の音楽愛好家や吹奏楽部の部員たちが、友達と自転車で通ってくるような地方の本当に小さなお店ですが、いつもは初対面のお客さん同士でも音楽の話題が飛び交うアットホームな雰囲気で賑わっています。自分自身も小学校からトランペットを始め、中学校で吹奏楽というものに出会いました。入部したての頃は毎日がレクリエーション活動気分で単なる趣味の遊び半分でした。先輩にも可愛がってもらいのんびり過ごしていたのですが、たまたま人数合わせながら1年生でコンクールメンバーに加えてもらい、先輩方と一緒に演奏させてもらいました。あと少しで目標に届かず、その時初めて先輩方の涙を見て、一生懸命という本当の意味を知り衝撃のような感情と共に自分の甘さを知りました。以来、仕事を始めてからも、自称みんなの吹奏楽部マネージャーとして、悔いのない演奏をしてもらうのが私の使命だと思っています。

リターン

3,000

alt

お気軽ご支援

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)

支援者
114人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

5,000

alt

お気軽ご支援 

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

10,000

alt

【学生たちを応援】ライブ配信で演奏会鑑賞コース

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)
▷プログラムにお名前掲載(ご希望者のみ)
▷当日の演奏会の限定ライブ配信パスワードご案内(ネット回線の状況により配信が上手く出来ない場合はご了承ください。)

支援者
72人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

30,000

alt

【学生たちを応援】ライブ配信&関係者用当日鑑賞チケット①

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子写真及びショートムービー付き)
▷プログラムにお名前掲載(ご希望者のみ)
▷当日の演奏会の限定ライブ配信パスワードご案内(ネット回線の状況により配信が上手く出来ない場合はご了承ください。)
▷または希望者様には関係者用当日鑑賞チケット最大2枚まで来賓席にてご用意(※ただし入場には感染対策基準あり)

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

50,000

alt

【学生たちを応援】ライブ配信&関係者用当日鑑賞チケット②

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子写真及びショートムービー付き)
▷プログラムにお名前掲載(ご希望者のみ)
▷当日の演奏会の限定ライブ配信パスワードご案内(ネット回線の状況により配信が上手く出来ない場合はご了承ください。)
▷または希望者様には関係者用当日鑑賞チケット最大5枚まで来賓席にてご用意(※ただし入場には感染対策基準あり)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

100,000

alt

「全力吹奏楽部思い出演奏会」シルバーサポーター

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)
▷ご芳名をプログラム2分の1ページ掲載
▷希望者様には関係者用当日鑑賞チケット最大5枚まで来賓席にてご用意(※ただし入場には感染対策基準あり)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

250,000

alt

「全力吹奏楽部思い出演奏会」プラチナサポーター

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)
▷ご芳名をプログラム2分の1ページ掲載
▷希望者様には関係者用当日鑑賞チケット最大5枚まで来賓席にてご用意(※ただし入場には感染対策基準あり)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

500,000

alt

「全力吹奏楽部思い出演奏会」ゴールドサポーター

▷出演者の当日の感想付きお礼メール(当日の演奏会の様子がわかる写真付き)
▷ご芳名をプログラム裏表紙に1ページ掲載
▷後援者としてチラシにお名前掲載・演奏会にご招待及び舞台上にて御紹介
▷希望者様には関係者用当日鑑賞チケット最大25枚まで来賓席にてご用意(※ただし入場には感染対策基準あり)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

プロフィール

岡山県倉敷市で小さな楽器店を営んでおります。地元の音楽愛好家や吹奏楽部の部員たちが、友達と自転車で通ってくるような地方の本当に小さなお店ですが、いつもは初対面のお客さん同士でも音楽の話題が飛び交うアットホームな雰囲気で賑わっています。自分自身も小学校からトランペットを始め、中学校で吹奏楽というものに出会いました。入部したての頃は毎日がレクリエーション活動気分で単なる趣味の遊び半分でした。先輩にも可愛がってもらいのんびり過ごしていたのですが、たまたま人数合わせながら1年生でコンクールメンバーに加えてもらい、先輩方と一緒に演奏させてもらいました。あと少しで目標に届かず、その時初めて先輩方の涙を見て、一生懸命という本当の意味を知り衝撃のような感情と共に自分の甘さを知りました。以来、仕事を始めてからも、自称みんなの吹奏楽部マネージャーとして、悔いのない演奏をしてもらうのが私の使命だと思っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

枚方市で獣肉処理施設をオープンに1児のママが挑む!

Yuko HiraokaYuko Hiraoka

#地域文化

46%
現在
463,000円
支援者
44人
残り
47日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする