梅雨があけましたね。。。アツいですね。。。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
本の制作はかなりできあがってきて、
先日は初稿をもって、越喜来にいってまいりました。
文字のチェックなどもありますが、もうひとつの大事な目的は、潮目の測量です。

出版にあわせた東京での展示(BEAMS Bギャラリー)で潮目の模型をつくることになったので、そのための測量をしにいきました。
メンバーは去年末に越喜来展をしてもらったBLOCKHOUSEのみんな、
あとはプロジェクトをみて参加をしてきてくれた原っぱ大学の塚越さん親子も。

 

皆潮目にとっても惹かれてくれました。小学生の子もたのしんでくれてよかった。

親子でここにくると、あそんで、そのあとに学びや考えたりが一緒にできるのでいいなあ。そういうツアーをいつかしたいなとおもったりしました。

 

やっぱり私を含め、知らない人間にとっては、実際に来て、みて、考えないとわからんことはいっぱいなわけで、それがきっとここに居る人や、これからさき伝えて行くことにもすごく大事なことになってくると思うのです。

何かを遺すのはいろいろな意味でたいへんなことがたくさんあるけれど、

後世のことをかんがえると、潮目はとても前向きにまなんでいける場所になると思ってます。あとは純粋に楽しい場所として。こどもにはとくにここが大事な気がする。内と外の人間がうまく交流するなんかが増やせたらいいなあ。

本はフツウの写真集よりも文字もいっぱいで、越喜来のおさんぽマップもいれています。サイズもカバンに入るくらいにしました。

現地に持って行ってほしいので。

 

出版も展示も後少しですが、たのしんで、わくわくするようなことがうまれるようにしたいなーとおもってます。

 

あと、原っぱだいがくの塚越さんが、潮目のことをBLOGに書いてくださってます。よかったらそちらもあわせてのぞいてみてください。

https://www.facebook.com/harappa.daigaku

 

 

 

 

新着情報一覧へ