プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

沢山の皆さまからの温かいご支援のおかげで、目標額60万円を5/17に達成することができました!!!誠にありがとうございます。これで、8ニャンの半年間のお世話を安心してすることができます

応援してくださる方々から毎日いただくメッセージは、おき去り猫の行く末を心からご心配下さる熱い思いが、ひしひしと伝わってきて感激と同時に、わたし達の励みになりました。


日に日に応援の声が広がっていくのを感じながら、10数名のチームメンバーは、感謝の気持ちと、8ニャンを助けたい気持ちで、一丸となってがんばることができました。心から感謝申し上げます。

おかげ様で、こうして弱っていた「8ニャンは、皆様の思いに応えるかのように、元気にしています。」とご報告できるのを、嬉しく思います。これからは、8ニャンに新しい優しい飼い主がみつかるように、道のりは長いかもしれませんが全力でがんばってまいります。引き続き8ニャンの近況報告をさせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

なお、目標金額を超えた分につきましては、ありがたく医療費に使わせていただきたいと思いますので、ご了承の程、よろしくお願いします。 (5月21日追記)

 

 

高齢者の認知症により、おき去りにされた猫8匹を助けたい!

 

はじめまして、渡辺恵理子です。かわいそうな「のら猫」を助けたいとの思いから、福岡市・糸島市で「のら猫」たちを地域猫として管理する地域猫活動をしています。2月におき去りにされた猫を助けたい一心で「おき去り猫支援チーム福岡」をたちあげました。


今年の2月上旬、猫10頭を一人で飼っておられた高齢者の方が認知症が進み施設に入られ猫がおき去りにされ、2月末には家を引き払うため、猫たちの居場所がなくなりました。殺処分を防ぐために一時的な保護場所で世話をしながら、現在里親さんを探しています。

 

しかし、飼育環境があまりよくなかったせいか、血液検査をすると全頭エイズキャリアでした。当初から2頭衰弱していて医療処置の甲斐なく残念ながら亡くなり、8頭になりました。全頭エイズは発症していませんが、里親探しは難しく長期になりそうです。8頭をお世話するために、場所代や、餌代、病院代など費用が不足しております。

 

そこで、半年間の飼育費用の一部を皆様ご協力頂けないでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

 

ゴミやものが積み上げられ散乱した元飼い主の去った部屋で

 

 

2月上旬保護した時は、飼い主がいなくなってしまったせいか、悲しそうにしょんぼりしていました。しかし、メンバーが入れ替わり立ち代り毎日可愛がっていると安心したのか、現在食欲旺盛で、元気です。全頭不妊手術済、たぶん兄弟姉妹でしょう、仲がいいです。日ごとに人懐こくなり、馴れてきて、みんな甘えん坊になりました。

 

今ではブラッシングが大好きで並んでせがんできます。お世話に行ったら、ありがとうニャンとみんな言いに来るように感じます。かわいらしく、いじらしいです。健気に生きている8頭を簡単に紹介させてください。

 

■ 猫ちゃん紹介 ■

 

1.白猫   男の子 もうもう  ブラッシングされるのが一番目に好き

2.きじ三毛 女の子 ミケ    ひょうきん

3.ベージュきじ 女の子 ミー    きれい好き

4.黒きじ  女の子 むちむち  抱っこOK、ブラッシングが2番目に好き

5.黒きじ  男の子 イケニャン イケメン、かっこいい

6.黒きじ  男の子 くまもん  体重7k、抱っこ大好き

7.茶トラ  女の子 チャー君  こわがりさん

8.白猫   女の子 チビ    小さく虚弱だが、食欲はあり回復気味

 

猫ちゃん達紹介写真!

 

 

普段は地域猫活動に力を入れており、殺処分ゼロになることを目指してます。


「おき去り猫支援チーム福岡」は、「ねこともの会」という地域猫活動を主にしている任意ボランテイア団体の会員と他の協力者で立ち上げました。年間殺処分される約10万頭の猫の8割は子猫です。のら猫の不妊手術をし一代で終わるように地域猫として管理する活動を広めることは、殺処分を大きく減らすことになります。

 

今回、飼い主の認知症が進み、急に猫がおき去りにされたので、とにかく猫の命を助けるためのチームが立ち上がり、応援することにしました。ねこともの会の会員は、多くの方が猫を多頭飼っています。地域猫活動を主とし、予算をほとんど、不妊手術助成や医療費にあてています。個々では、おき去り猫をこれからずっと保護、世話する力がないため、チームを立ち上げ、助け合いながら、支援しています!

 

この子は痩せこけて骨と皮だけだったのがどうにかここまで回復
みんながご飯を食べ終わってからしかご飯を食べに来ない臆病ネコさん

 

 

根気強く、里親を探していきます!

 

将来的には、おき去り猫8頭が安心して過ごせる居場所を確保していくことを考えています。毎日メンバーと世話人が世話をして、里親を探して、可愛がってもらえる家族とともに暮らし幸せになってほしいです。

 

エイズキャリアでもストレスが少なければ一生発症しないこともよくあり、年配の方が飼われるなら、子猫よりも成猫のほうがいいので、もらわれる可能性はあると思います。猫たちは、6歳以上です。人懐っこくてかわいい子たちばかりです。この子たちが幸せになるために、力を尽くしたいと思います。

 

甘えんぼ。夕方の抱っこが楽しみ

 

 

最近、おき去り猫ちゃんの増加が社会問題になってます。


最近、飼い主の高齢化が原因で、行き場を失う犬、猫が増えています。一人暮らしの寂しさからペットを飼い、飼育知識もあまりないまま犬猫を飼うお年寄りが増えていて社会問題となりつつあります。飼い主が、病気で入院したり、急死したり、施設に入所したりするケースが増えていて、ボランテイア団体に持ち込まれているケースが増えています。保健所が引き取る犬猫の最も多い理由は飼い主の高齢化、死亡、病気で、高齢者に関することが7割も占めています。

 

犬猫を飼うときに年齢制限を設けることや、将来の犬猫が残されたときのための準備を早くからしておくことなど、するべきことは色々ありますが、この事例を周知することにより、行き場のない犬猫を減らそうとする啓発にもなるのではないかと思います。

 

2月で前飼主のアパート契約が切れるため、ボランティアスタッフで別の場所へ一時保護のため捕獲している様子

 

 

保護された猫ちゃんたちはとても可愛く、元気に暮らしています。しかし、民間のボランテイアである私たちがこれから長期に渡り保護していくには人的パワーも金銭的にも限界があります。この子たちの命を繋いでいくためのプロジェクトを考え地道に取り組んでいくつもりです。

 

そのためには 安心して過ごせる居場所をみつけたり、世話をしてくださる方を探したり、医療措置をしたり、しないといけないことがたくさんありますが、財政的に大変困っています。どうかこの子たちの命を繋いでいくためのプロジェクトにぜひご賛同いただき助けていただけないでしょうか。どうかよろしくお願いします。

 

★猫ちゃん達の里親にご興味がある方は、こちらまで

 

〜〜・〜〜・リターンについて・〜〜・〜〜

 

■3,000円支援して頂いたかたに!

・サンクスメール

・お世話報告書

 

■10,000円支援して頂いたかたに!

・3,000円の内容に加え

・2017年 オリジナル地域猫カレンダー

 

※ご支援が全て、猫のために使われるリターンも用意しております。

 

■30,000円支援して頂いたかたに!

・3,000円の内容に加え

・2017年 オリジナル地域猫カレンダー

・ねこボールペン

 

※ご支援が全て、猫のために使われるリターンも用意しております。

 

■50,000円支援して頂いたかたに!

3,000円の内容に加え

・オリジナル地域猫カレンダー2017年 2冊

・猫ちゃんボールペン

・タオル

・猫の相談にのります!
(相談内容)※要相談
・近所にいる野良猫どうしたらいいか
・猫を飼う時の心構え
・猫の健康の保ち方など。

 

※ご支援が全て、猫のために使われるリターンも用意しております。


最新の新着情報