10月22日(水)に3回目の演劇ワークショップを行いました。

この日は、実際の公演場所でもある、

「生活支援型文化施設コンカリーニョ」にて。

 

 

 

この日の参加人数は13人。

 

新しい参加者を交え、

柔軟から始まりコミュニケーションゲームを取り入れながら、

お互いに慣れていく作業をしました。

 

前回も行った「他己紹介」を今回も。

3分で相手を取材、1分で発表。

1分は短いようで長い!?

程よい汗もかきました。

 

並行して、

事務所ではコンカリーニョのボランティアグループであり、

今回の演劇も制作や受付など多大なる協力をいただく、

「カリット」発行の広報誌「おらコン通信」の編集作業。

最近までの温故知新音楽劇の進捗状況および、

readyforに参加した報告と協力を依頼する記事も掲載しています。

全国のコンカリーニョ会員に郵送されます。

 

今現在の出演参加人数は19人(大人13人、子供6人)

参加は22日締め切りではありましたが、

熱意のある方は25日中まで大丈夫です!

 

11月からはいよいよ稽古開始!

11月4日(火)が最初の稽古日です。

新着情報一覧へ