READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

継続寄付

生活に困窮しているひとり親家庭の子どもたちに毎日お弁当を届けたい!

大塚応援カンパニー 伊藤一輝

大塚応援カンパニー 伊藤一輝

生活に困窮しているひとり親家庭の子どもたちに毎日お弁当を届けたい!
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

2
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

プロジェクト本文

▼団体の紹介

株式会社大塚応援カンパニー代表取締役の吉田裕子です。弊社はソーシャルファーム事業をしている会社ですが、地域の皆様を応援する趣旨で子ども食堂を実施しています。弊社の子ども食堂事業について、担当の伊藤一輝よりご説明します。


 

ページをご覧いただきありがとうございます、伊藤一輝と申します。

私は大学時代に学んだ整体などの技術をもとに、生まれ故郷でもある大塚に貢献したいという思いでさまざまな事業を手掛けてきました。

また、地元社会貢献などにも興味があり、町内会や商店街などのボランティア活動も積極的に行なっています。

 

そうしたボランティアの延長線上で「子ども食堂」の活動を2021年10月に大塚にて開始したところ、大変ご好評をいただいており、多い日には80食ほどのお弁当を提供させていただいております。

 

お弁当を作っている伊藤

 

しかし、どんなに想いが強くともやはり立ち塞がるのは「資金の壁」です。ご有志の方々より寄付金をいただいており、何とか活動を続けられておりますが、安定してお弁当を提供し続けていくためには、より多くの資金が必要となります。

 

そこで、幅広くこの活動を知っていただき、1人でも多くの応援者様を募りたく継続寄付を始めることにしました。

 

子どもたちに笑顔を届け続けていくためにも、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

【伊藤一輝のプロフィール】 

1976年 都立大塚病院にて出生

1983年 私立六木幼稚園卒(足立)

1989年 足立区立六木小学校卒

1992年 足立区立第十三中学校卒

1995年 私立駿台学園高等学校卒(王子)

1999年 日本体育大学体育学部体育学科卒

2000年 メディカル整体学院卒

2002年 大塚で個人事業「マッサージルーム」開設

2005年 東京柔道整復専門学校卒 

同    年 有限会社アームを設立 アルファ接骨院を開業

2007年 アルファ接骨院竹の塚院オープン

2008年 アルファ接骨院高田馬場院オープン

2009年 マッサージルーム大塚駅前へ移転

2011年 アルファ接骨院駅前へ移転

2016年 大塚健康運動スタジオオープン

2017年 アルファ接骨院商店街へ移転

2018年 S・B接骨院コンサルタント

2019年 そば助 大塚店オープン 浅草にゼロコーポレーション設立

2020年 そば助を浅草天麩羅“秋光”に変更  

同    年  (株)大塚応援カンパニー設立

2021年 東京都ソーシャルファーム認定事業所となる 

 

<資格>

・体育教員免許(中学・高等学校)

・柔道整復師免許

・JBSVスポーツボランティアトレーナー

・プロボクシングライセンス

・柔道二段

・格闘技医学会会員

・J-NETキックボクシング公認インストラクター

・食アスリート協会ジュニアインストラクター 

 

<趣味>

・ボクシング

・キックボクシング

・テコンドー

・空手

・柔道

・サーフィン

・マッサージ

・お酒

・お神輿(江戸神輿神月輝會)

・ボランティア

 

▼活動を開始したきっかけ

 

私は複雑な家庭に育ちました。19歳で父親になり、21歳で二人目が産まれ、二児の父になりました。

 

当時大学生だった私に頼る人はいなく、インターネットも無く、365日アルバイトをしていて10年以上休んだことはありません。子どもたちに粉ミルクも買えず、私は25歳頃まで、アルバイトの賄い一食の生活でした。

 

一生懸命に働いて仕事しか知らない人生でしたが、この5年くらいで生活が出来るようになり、社会勉強をしに世間に出たところ『子ども食堂』という存在を知りました。

・ひとり親家庭の数の多さ。

・お弁当や食事を提供されている時の子どもの笑顔。

・親御さんたちと話す、苦労話やトラブルなどを聞ける環境。

私は感動して、それからいくつもの子ども食堂のボランティアの活動を手伝ってきました。

 

そういった活動をしていたら、豊島区の子ども食堂ネットワークの職員さんにお会いして現状の話を聞きました。

豊島区には登録されているだけで1,100世帯のひとり親家庭があります。これは氷山の一角だと思います。大塚には子ども食堂が無いのです。

これを聞いて、いてもたってもいられなくなり、地元豊島区大塚で子ども食堂の活動を始めました。

令和3年10月のことでした。

 

▼活動内容の紹介

 

月曜から金曜日まで、ひとり親家庭の18歳以下の子どもたちにお弁当を無料で渡しています。

 

 

OOC子ども食堂(弁当サポートプロジェクト)にお弁当を取りに来るひとり親家庭の95%は、豊島区のホームページを見て連絡をくれたり、子ども食堂ネットワークの紹介です。 お子さんとお母さんで取りにくることが多く、お母さん方が申し訳なさそうにお弁当を受け取る方がおります。

ご近所付き合いのようにニコニコと受け渡しができる様に、この活動が馴染みのことになればいいなと思うことがあります。 

 

現在予想を大きく上回りお弁当を取りに来る方が増えてきており、多い日は80食ほどのお弁当が出ます。慣れてきて、お子さんだけで取りに来てくれる子も増えてきたり、口コミで広がっている様子が、自分たちの活動がニーズに合っているのだとやり甲斐に繋がっています。

 

この活動を通じて感じたことは、ひとり親家庭の数の多さです。

また、お弁当や食事を提供されている時の子どもの笑顔、親御さんたちと話すことで苦労話やトラブルなどを聞いてあげられる環境が必要であると感じでおります。

 

▼今回の資金の使いみち

 

今回、いただいたご支援金はすべて子ども食堂の食材・包材購入費用として活用させていただきます。

 

◎1食あたり原価250円のお弁当を提供、これを毎日100食、月に22回実施予定。

◎毎月分の55万円の運営費用を目標に集めたいと思っております。

 

2020年10月から始めて、徐々に利用してくれるひとり親家庭が増えて来て、現在80食(80人)前後にまで増えました。厨房の規模とボランティアスタッフのバランスを考えて、食材さえ揃えば100食まで作ることは無理のない範囲で現実的であると考えます

※保健所に届け出をしている飲食店でお弁当を作っているため、衛生管理体制が整った環境となっております。

会計責任者は伊藤一輝(口座名義:子ども食堂伊藤一輝)です。皆様からご寄付いただいた支援金は責任をもって運用させていただきます。

 

皆様からの温かいご支援をお願いいたします。

 

 

▼伝えたいメッセージ

 

「なぜ、子ども食堂を続けていきたいのか」

それは、ひとり親の方や、子供たちの笑顔や感謝の言葉を聞いて、活動を続ける必要があると思ったからです。

今後は店舗型の子ども食堂を作って、安心して遊び・勉強・食事・交流が出来る子どもたちの居場所を作ってあげたいと思っています。 このプロジェクトを達成させて、更なる拡大や生活に困窮しているひとり親家庭・子ども達の笑顔を増やしていきたいです

 

 

<留意事項>

・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はこちらをご覧ください。(リンク
・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。
・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。(リンク
・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。(リンク
・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。(リンク
・ ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
吉田裕子 大塚応援カンパニーOOC子ども食堂
団体の活動開始年月日:
2019年6月2日
団体の法人設立年月日:
2020年11月6日
団体の役職員数:
10〜29人

活動実績の概要

2019年 都内各地の子ども食堂の手伝いを4人で回る。 2020年 子ども食堂の経験を積み、地元大塚の駅前でお弁当に特化したスタイルの子ども食堂“OOC子ども食堂弁当サポートプロジェクト”を始める 2021年 豊島区から依頼を受け、公認をいただく。このころから食材の寄付が集まるようになる。 同年 子どもたちは毎日ご飯を食べるということを考えるようになり、平日毎日お弁当を渡すようになる。コロナの関係でお弁当に特化したスタイルが功を奏し、多くのひとり親家庭の方々に利用していただくようになる。

プロフィール

1976年 都立大塚病院にて出生 1983年 私立六木幼稚園卒(足立) 1989年 足立区立六木小学校卒 1992年 足立区立第十三中学校卒 1995年 私立駿台学園高等学校卒(王子) 1999年 日本体育大学体育学部体育学科卒 2000年 メディカル整体学院卒 2002年 大塚で個人事業「マッサージルーム」開設 2005年 東京柔道整復専門学校卒 同 年 有限会社アームを設立 アルファ接骨院を開業 2007年 アルファ接骨院竹の塚院オープン 2008年 アルファ接骨院高田馬場院オープン 2016年 大塚健康運動スタジオオープン 2018年 S・B接骨院コンサルタント 2019年 そば助 大塚店オープン 浅草にゼロコーポレーション設立 2020年 そば助を浅草天麩羅“秋光”に変更   同 年  (株)大塚応援カンパニー設立 2021年 東京都ソーシャルファーム認定事業所となる

コース

1,000円 / 月

毎月

alt

1000円コース

●感謝のメールをお送りいたします

3,000円 / 月

毎月

alt

3000円コース

●感謝のメールをお送りいたします

5,000円 / 月

毎月

alt

5000円コース

●感謝のメールをお送りいたします

10,000円 / 月

毎月

alt

10000円コース

感謝のメールをお送りいたします

30,000円 / 月

毎月

alt

30000円コース

感謝のメールをお送りいたします

50,000円 / 月

毎月

alt

50000円コース

感謝のメールをお送りいたします

100,000円 / 月

毎月

alt

100000円コース

感謝のメールをお送りいたします

200,000円 / 月

毎月

alt

200,000円コース

感謝のメールをお送りします

プロフィール

1976年 都立大塚病院にて出生 1983年 私立六木幼稚園卒(足立) 1989年 足立区立六木小学校卒 1992年 足立区立第十三中学校卒 1995年 私立駿台学園高等学校卒(王子) 1999年 日本体育大学体育学部体育学科卒 2000年 メディカル整体学院卒 2002年 大塚で個人事業「マッサージルーム」開設 2005年 東京柔道整復専門学校卒 同 年 有限会社アームを設立 アルファ接骨院を開業 2007年 アルファ接骨院竹の塚院オープン 2008年 アルファ接骨院高田馬場院オープン 2016年 大塚健康運動スタジオオープン 2018年 S・B接骨院コンサルタント 2019年 そば助 大塚店オープン 浅草にゼロコーポレーション設立 2020年 そば助を浅草天麩羅“秋光”に変更   同 年  (株)大塚応援カンパニー設立 2021年 東京都ソーシャルファーム認定事業所となる

あなたにおすすめのプロジェクト

まちを支える生態系作りを応援しよう! 世田谷コミュニティ財団友の会 のトップ画像

まちを支える生態系作りを応援しよう! 世田谷コミュニティ財団友の会

一般財団法人世田谷コミュニティ財団一般財団法人世田谷コミュニティ財団

#まちづくり

継続寄付
総計
1人
野岩鉄道に唯一残る6050型。36年走り続けた車両を改修し、後世へ のトップ画像

野岩鉄道に唯一残る6050型。36年走り続けた車両を改修し、後世へ

野岩鉄道株式会社野岩鉄道株式会社

#観光

49%
現在
7,375,000円
支援者
247人
残り
49日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする