クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第3弾】日本文化の宝・歌舞伎や映画の記憶を未来につなぐ。

武藤祥子

武藤祥子

【第3弾】日本文化の宝・歌舞伎や映画の記憶を未来につなぐ。
支援総額
2,965,000

目標 2,800,000円

支援者
246人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2014年10月15日 11:32

ガンダムの資料もあるのです

お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

早いもので、プロジェクトも残り14日となりました。目標金額まではあと111万円です!これまで2回のプロジェクトからご縁があった支援者の皆様、また今回初めてご支援下さった方、様々な方が応援し、励まして下さって本当に勇気づけられております。スタッフ一同最後まであきらめずに頑張りますので、引き続き応援宜しくお願い申し上げます。

 

 

さて、「歌舞伎」などの伝統芸能や、「寅さん」を代表とする松竹映画の資料だけを所蔵していると思われがちな当館ですが、実は松竹が手掛けた作品の資料だけではなく、アニメ映画の資料も結構所蔵しているのです。


古くは戦時中に松竹動画研究所が制作した『くもとちゅうりっぷ』(1943年)や『桃太郎 海の神兵』(1945年)の資料、最近の作品では、松竹富士が長らく配給していた『アンパンマン』シリーズ、また『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『名探偵コナン』など東宝系の資料も所蔵しています。

 

中でも、『機動戦士ガンダム』トリロジーと呼ばれる『機動戦士ガンダム』(1981年)、『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』(1981年)、『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙(そら)編』(1982年)の資料は、松竹が配給を手掛けたこともあり、録音台本を始め、カラースチール写真、ポスター、プレス、そして新聞や雑誌に掲載された記事のスクラップブックまで、多種の資料を所蔵しています。


今年はガンダムシリーズの記念碑的な第一作『機動戦士ガンダム』が1979年に放映されてからちょうど35周年を迎え、当館でも、先月に小規模ながら所蔵資料を紹介する展示を行いました。

 

https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan2/announcements/12921
(【第2弾】プロジェクト新着情報「9月の展示」)

 

 

また、今回のプロジェクトでは、5千円以上ご支援頂いた方への成立後のお礼として、(株)創通様、(株)サンライズ様のご協力を得て『機動戦士ガンダム』録音台本の表紙のデザインの文庫本カバーを考案しました。
当館では「歌舞伎」や「寅さん」だけでなく、アニメ映画の資料も所蔵しているということを広くお伝えしたくて考えたこの企画、今回限りですので、この機会にぜひお申込み下さい!
 

©創通・サンライズ

 

©創通・サンライズ

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPに名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
25人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3,000円の引換券に加え、
■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「仮名手本忠臣蔵」&「機動戦士ガンダム」の表紙の特製デザイン!

支援者
99人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

5,000円の引換券に加え、
■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
105人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円の引換券に加え、
■「かふきのさうし」オリジナル文庫本カバー
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券
■歌舞伎座ギャラリーガイドツアー
(お申込み先着順)

支援者
12人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

30,000円の引換券に加え、
■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
12人
在庫数
16

プロジェクトの相談をする