プロジェクト概要

 

錠剤を抜く作業でお困りの方々に、簡単で楽しく抜ける「おくすりパンチ」を使って喜んでもらいたい!

 

はじめまして、ぶんぶくの下釜博美と申します。23歳で商売を始め、長崎で40年間、お茶を中心にKEYコーヒー、自然食品、ギフト商品など小さいながらも商いをして参りました。その間に、結婚があり、子育てがあり、現在は母親の介護が続いています。そして、いろいろと経験してきたその中で、初めて高齢者の方々の不自由さがわかりました。その一つが薬の管理です。

 

介護において薬の管理はとても面倒です。最初は両親自らが行なっていましたが、徐々にできなくなっていき、私がするようになりました。そこで、錠剤を簡単で楽しく抜くことができれば、薬の管理でお困りの方にも喜んでもらえるのではないかと思い「おくすりパンチ」を製品化するに至りました。 

 

今回のプロジェクトは、その「おくすりパンチ」を全国の老人施設にサンプルとして配り、皆さまにその便利さを実際に体感してもらう企画です。そのサンプル代と配送費に60万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
おくすりパンチの完成品

 

高齢者の方々は錠剤を抜くことがとても難しい。

 

7年前、高齢の母親が錠剤をPTPシートから抜き出すことができなくなったため、代わりに1日15錠の錠剤を抜いて朝・昼・夕・就寝前と薬をまとめる作業が始まりました。ところが、50代で健康である私でもコロコロと転がしたりして、作業はなかなか大変でした。

 

1度や2度であれば大したことではないのですが、毎食後に複数の錠剤(中には毎回10錠の場合も)ともなるとさすがに高齢者にはつらい作業です。こうした体験から、自分で木の切れ端を加工してつくってみたところ、これが簡単に、しかもおもしろいように錠剤を抜けるように仕上がったのです。

 

木で作った「おくすりパンチ」の試作品

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
おくすりパンチの利用者からのお手紙

 

他にないから私がやるしかない!使命感が製品化に向かわせた。

 

錠剤を簡単に抜く道具が、きっとお薬の管理でお困りの方々の助けになると思った私は、一念発起し製品化することを決めました。ところが、いざ作ろうとすると、それはそれで簡単にできるような代物ではなく、プラスチック射出成型という高度な技術が必要で、金型だけでも最低300万円かかることがわかりました。

 

この額はとても小さな個人商店が手出しできるものではありません。それでも、他にない以上やるしかないという使命感で、何とか資金を集め製品化に漕ぎつけました。製品名は「おくすりパンチ」です。その後7年経ち、おかげさまで認知度も少しずつ上がりつつありますが、まだまだとても採算ラインとは言えないのが現状です。

 

原因は親の介護等が原因で離婚したため、一人で介護をやりながら店を切り盛りせねばならず、効率化が図れずにお困りの方々にお知らせすることができないことにありました。このままではじり貧となり、店自体が体力が消耗して潰れたりしてしまいますと、せっかくお困りの方々のために作り上げたおくすりパンチもお役に立てなくなります。

 

一本の指だけで、簡単にお薬を取り出すことができます。

 

お薬の管理で困っている方に一度「おくすりパンチ」を使ってほしい!

 

たくさんの薬の管理でお困りの方が「おくすりパンチ」を使うことで、大変な介護生活の一助になるはずです。ただ、それには宣伝、販路開拓などの基礎づくりが不可欠であり、その点においてまだまだ「おくすりパンチ」は行き届いていません。

 

そこで、まずは全国の老人施設500件にサンプルとして「おくすりパンチ」を配り、その便利さを体感してもらうことで、次につなげるきっかけをつくりたいと思いプロジェクトを立ち上げました。今回のプロジェクトでは、その「おくすりパンチ」のサンプル代と送料代を皆さまのご厚意にすがりお力添えをお願いいたします。

 

完成した「おくすりパンチ」の実物

 

1年365日、苦虫を嚙みつぶしながら錠剤を抜く生活にお別れを!皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

既にお亡くなりになられましたが、パーキンソン病で苦しんでいた永六輔さんに「おくすりパンチ」はとても好評でした。「男のおばちゃん」と言われていた永さんですが、私にとって尊敬に値する一人であり、そんな彼に私の作った製品を喜んで頂けたことはありがたく、同時にもっと「おくすりパンチ」を広めていかなければならないと思いました。

 

発明品に素晴らしいものが多くあるのは事実ですが、それが陽の目を浴びる日がなかなか訪れないのも事実です。しかしながら、私にできる最後の務めは、木の切れ端で作った「おくすりパンチ」を伝えていくことです。将来的に、全国の老人施設3000件に「おくすりパンチ」を配り、ご高齢の方たちの生活を楽にしていきたいと思います。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

<資金使途>

・おくすりパンチ 500個(送料含む):489,840円

・その他諸経費: 110,160円    

========================================

合計 = 600,000円

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
実際にいただいた永六輔さんからのハガキ

 

リターンに関して

 

ご協力いただいた方に記念として「おくすりパンチ」を差し上げます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
おくすりパンチの使い方

 

おくすりパンチの使い方動画