READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

コロナで外出できなくても家でがん治療の相談をしたい!

c.bluered@gmail.com

c.bluered@gmail.com

コロナで外出できなくても家でがん治療の相談をしたい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

356,000

目標金額 740,000円

支援者
13人
募集終了日
2020年9月25日
13人 が支援しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

コロナに負けるな! がん治療。

最高の選択肢を得るためにすべきこと。

 

こんにちは。閲覧ありがとうございます。田中修と申します。

私の専門はがんで大学病院にてがん治療認定医および放射線治療専門医として働いています。

 

 

また以前より医師としての勤務のほか、医療ソフト、ハードウェアを開発しており「ITで医療を変える」のをモットーに医療・看護・介護のインフラ作りもしています。

 

 

またツイッター@RToncolでがん治療について情報発信を行っており、がんの診断から治療まで様々なことを発信しています。

 

詳しくは下記をクリックしてください(Youtubeの動画が流れます)

 

今回はIT技術を用いることで、がん患者さんにとってコストパフォーマンが抜群に良い「オンラインでのセカンドオピニオン環境」を立ち上げるために皆様に支援をお願いしたく存じます。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

セカンド・オピニオンって言葉知っていますか?

 

セカンド(第2の)

オピニオン(意見)

 

主治医(第1)の治療方針について他の専門医(第2)の意見をセカンド・オピニオンと言います。

 

セカンド・オピニオンを取り巻く現状:

 

“セカンド・オピニオン”とは、主治医以外の専門医に自身の病気の診断内容や治療方法について聞くことです。主治医以外の専門家と話すことでより納得して治療を受けることができるようになります。

 

 

下記がセカンド・オピニオンの具体的な流れです。

②セカンド・オピニオン外来を行っている病院を探す(書籍、インターネットなど)

①主治医に紹介状と検査結果(血液検査・画像検査)を準備してもらう。

③結果をもとに主治医と治療法の相談をして今後の治療法を決定する。

 

 

下記厚労省の調査結果を記します。

厚生労働省「平成23年受療行動調査(確定数)の概況(結果の概要)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jyuryo/11/dl/kakutei-gaikyo-02.pdf

 

セカンド・オピニオン(がんを含む全ての疾患)の必要性

入院患者の3分の1が必要だと感じています。

 

 

 

厚生労働省の調べによると、「必要だと感じている人」でも、外来・入院患者ともに、「受けたことがない」と回答した方が約60%となっています。受けない理由は「言い出しにくい」といった気後れや、「受けたほうがいいのか分からない」といった疑問などが多くを占めています。

 

 

 

外来および入院ともに80%の患者において“良かった”と回答しています。

 

 

 

以上の調査により、セカンド・オピニオンは患者にとって有益に働く場合が多いことが一目瞭然です。

 

▼プロジェクトの内容

 

皆様からの支援でで安くて早くて質の高いオンラインのセカンド・オピニオンサイトを立ち上げます。

 

これまでセカンド・オピニオンは資料を持って他の病院に受診するのが一般的でした。また軽微な疾患(捻挫や風邪)はオンラインでも安価で利用できました。しかし、現在、コロナウイルス感染症によって他の病院に行くのは危険な状態です。2020年8月の時点では第2波が来ており、また第3波が来ることも大いに予想されます。そのため、コロナウイルス感染症の影響で病院機能がストップしてもがんは進行するため、しいては生命に関わる問題となってきます。しかしその中においても最良の納得行く治療を受けるにはセカンド・オピニオンは欠かせない手段となってきます。そのため、私達は外来受診を行わなくても質の高い専門医のオンラインでのセカンド・オピニオンを構築しようと考えています。

 

 

 

上図にあるのが、対面診療とオンライン診療の違いです。

いわゆるオンラインで行うことによって下記のような恩恵を受けられるようになると考えています。

 

通常のセカンド・オピニオン(他院外来受診)と同様の相談がオンラインでできる。

相談日時をオンラインで患者さんと相談して決定できる

患者さんが家においても相談できる

 

現在、セカンド・オピニオンは3極化しています。

 

① 数百円~数千円で、とりあえず研修医でも良いので対応(ウェブ上のやり取り)

② 数千円~1万円で、専門家が対応(ただし10分程度)(ウェブ上のやり取り)

③ 2万円~20万円で、専門家と対面(1時間程度)相談(病院・オンライン)

 

 

私達は③の部類に入り、どこよりも高品質なサービスを最も安価に提供することを目標としています。

 

その理由として私達は放射線治療医、放射線診断医、ロボット手術認定医など専門性が高い医師を最初から仲介業者を頼らず紹介することができるため、外部の医師を高報酬で雇う必要がありません。

私達はがん治療認定医の資格を有しており、患者さんから相談依頼が入った時点で、どの専門医なら解決を早くできるかを判断できます。案件受け入れの可否をいただき、もし受け入れ不可の場合は次の専門家をすぐに探すことによってタイムラグを減らします

 

がん医療において医師の質が不明瞭で、相談方法がメールやチャットでは患者の心情を汲み取るのは不可能です。またオンライン通話でも10分でこれまでの経緯や今悩んでいることを伝え更に答えをもらうのも不可能です。逆に費用が高い業社は、がん患者は出費が多いため4万円を超える費用負担は大きいと思います。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

コロナウイルスで他の病院に受診できない状況を打破する一手!

 

これまでセカンド・オピニオンは資料を持って他の病院に受診するのが一般的でした。また軽微な疾患(捻挫や風邪)はオンラインでも安価で利用できました。しかし、現在、コロナウイルス感染症によって他の病院に行くのは危険になりました。2020年8月の時点では第2波が来ており、また今後も第3波が来ることは大いに予想されます。そのため、コロナウイルス感染症の影響で病院機能がストップしても、がんは進行するため、しいては生命に関わる問題となってくることが予想されます。

 

しかしその中においても最良の納得行く治療を受けるにはセカンド・オピニオンは欠かせない手段となって来ます。そのため、外来受診を行わなくても質の高い専門医のオンラインでのセカンド・オピニオンが必要になってくると思います。これはコロナウイルス感染症が続く限り、がん患者が他の病院に出向くのは危険であり、今後はこのようなオンラインでのやり取りが必要になってくると考えられます。

 

コロナウイルス感染症が蔓延している状態でも日本国民全体のがん治療をこれまでと同様の水準を維持することが必須です。そのためにこれまでは院内だけの各科の意見で会議をして院内としての結論を出していましたが、そのような多数での会議も難しくなっています(院内感染)。また患者さんが自分が通っている病院以外の治療方法をインターネットなどで調べた場合、その領域の専門医が居る病院(施設)に出向いて相談に乗った場合のほうが早く最適治療にたどり着ける場合が有ります。

 

しかし現在、コロナウイルスの第2波が来ており、不要な他院受診は控えなくてはいけなくなり、それもできなくなります。また患者によっては治療方法の決断を迫られたとき、第3者の専門家の意見を聞く“セカンド・オピニオン”が必要になる場合が多々あります。

 

とりわけそれは過疎地に多く見られ、近くに総合病院がなければそもそもセカンド・オピニオンを享受することができません。今の主治医の意見だけで治療方針が決まることになります。しかし、セカンド・オピニオンがあるのだがコロナ渦の中では他病院に受診したくてもできない場合は、納得のいく治療を享受することができない場合があります。そのため私達はどこにいてもセカンド・オピニオンを受けることができるオンラインのセカンドオピニオンシステムを構築しようと考えています。

 

まずは皆様からの支援によってがん専用のオンラインセカンド・オピニオンのホームページを立ち上げます。そしてそれをできるだけ宣伝し、インターネットでセカンド・オピニオンを検索している患者の目に止まれば、それによりオンラインでの質の高いセカンド・オピニオンを提供することができるようになります。

 

このように質の高いサービスを持続できるようになれば口コミなどでさらに広まります。オンラインでのセカンド・オピニオン会社はまだ少ないです。またネット上での医師相談はトラブルが相次いでいます(皮膚科専門じゃない医師が、皮膚の病気の相談に答えたり)。

 

 

 

今回、支援によって集まったお金はホームページ作成にまず使われます。

そして、その後の支援はオンラインセカンド・オピニオンの価格低下のために使う予定です。

 

がんは一生に一度の大きなイベントです。

がん治療は「後悔しない」が大前提です。

 

病院で「先生にお任せします」は住宅メーカーに「どんな家でもよいのでお任せします」と同じことです。

 

支援が多ければ多いほど安くセカンドオピニオンを提供できます。

支援者の方は全員ホームページの謝辞に入れさせていただきます。匿名可。

現在、ホームページ構築まで80万円ほど必要です。どうぞご支援よろしくお願いいたします。

 

【プロジェクト終了要項】


リリース完了予定日    
2020年12月31日

ウェブサイト・アプリ内容    
がんのセカンド・オピニオンをオンラインで

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

c.bluered@gmail.com

c.bluered@gmail.com

岐阜大学医学部医学科卒業。 朝日大学病院放射線治療科准教授。 がん治療認定医。放射線治療専門医。 所属学会多数。国際学会、国際論文多数。年に2回は国際学会で発表。 「医療の現場をスマートに変えてゆく」 ものづくり(医療デバイス)開発。頭頸部がんの放射線治療時におけるマウスピース開発。前立腺がんの放射線治療の高精度化に必要なデバイスの開発。救命救急システム開発中、介護事務作業軽減システム開発中。中学校にて「がん教育」の授業開催。市民講座、県民講座など多数講演。ツイッター@RToncolのアカウントで医療情報発信。 趣味はバレーボール、テニス、Tverでドラマ鑑賞。毎年ヨーロッパの学会で発表しますが、2020年はコロナで世界中の学会が中止になりましたが2021年はそのぶん頑張る予定です。

リターン

3,000

開発支援者として名前をいれさせていただきます

開発支援者として名前をいれさせていただきます

ホームページの中の支援者に入れさせていただきます(匿名・イニシャルでも良いです)。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
2人
在庫数
98
発送予定
2020年9月

5,000

支援者リスト掲載+最近のセカンド・オピニオン事情のメールを送ります

支援者リスト掲載+最近のセカンド・オピニオン事情のメールを送ります

日本がん治療認定機構 がん治療認定医
日本医学放射線学会 日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医である挑戦者の田中修自身が担当します。
3000円の支援に加え、現時点での最新のがん治療情報をメールで提供します。(提供元:田中修)
ホームページの中の支援者に入れさせていただきます(匿名・イニシャルでも良いです)。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
50
発送予定
2020年9月

10,000

飛騨牛を送ります

飛騨牛を送ります

飛騨の味の代表といえば飛騨牛。飛騨牛とは、主に岐阜県の飛騨地方で肥育される黒毛和牛で、肉質等級5等級~3等級に認定された牛肉のみに与えられる銘柄です。 霜降りが多く、薄いピンク色をしています。筋肉繊維が細い為、肉質が柔らかいのが特徴です。
ホームページの中の支援者に入れさせていただきます(匿名・イニシャルでも良いです)。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
5人
在庫数
45
発送予定
2020年9月

30,000

飛騨牛と鮎菓子を送ります

飛騨牛と鮎菓子を送ります

飛騨の味の代表といえば飛騨牛。飛騨牛とは、主に岐阜県の飛騨地方で肥育される黒毛和牛で、肉質等級5等級~3等級に認定された牛肉のみに与えられる銘柄です。 霜降りが多く、薄いピンク色をしています。筋肉繊維が細い為、肉質が柔らかいのが特徴です。
鮎菓子は、長良川鵜飼いで有名な岐阜県の人気銘菓です。鮎をデザインしたカステラ生地の中には、餅粉や砂糖などを原料にした求肥(ぎゅうひ)が包み込まれており、ほどよい甘さと触感があります。
ホームページの中の支援者に入れさせていただきます(匿名・イニシャルでも良いです)。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2020年9月

50,000

飛騨牛と鮎菓子と明宝ハムを送ります

飛騨牛と鮎菓子と明宝ハムを送ります

飛騨の味の代表といえば飛騨牛。飛騨牛とは、主に岐阜県の飛騨地方で肥育される黒毛和牛で、肉質等級5等級~3等級に認定された牛肉のみに与えられる銘柄です。 霜降りが多く、薄いピンク色をしています。筋肉繊維が細い為、肉質が柔らかいのが特徴です。
鮎菓子は、長良川鵜飼いで有名な岐阜県の人気銘菓です。鮎をデザインしたカステラ生地の中には、餅粉や砂糖などを原料にした求肥(ぎゅうひ)が包み込まれており、ほどよい甘さと触感があります。
現在、明宝(めいほう)ハムと明方(みょうがた)ハムとの両方が存在しますが、元々は同じものでした。 明方村(後の明宝村、現郡上市)が中心となって展開したのが、明宝特産物加工株式会社が製造する明宝ハムであり、めぐみの農業共同組合食肉加工事業所が製造する明方(みょうがた)ハムです。
ホームページの中の支援者に入れさせていただきます(匿名・イニシャルでも良いです)。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
6人
在庫数
14
発送予定
2020年9月

プロフィール

岐阜大学医学部医学科卒業。 朝日大学病院放射線治療科准教授。 がん治療認定医。放射線治療専門医。 所属学会多数。国際学会、国際論文多数。年に2回は国際学会で発表。 「医療の現場をスマートに変えてゆく」 ものづくり(医療デバイス)開発。頭頸部がんの放射線治療時におけるマウスピース開発。前立腺がんの放射線治療の高精度化に必要なデバイスの開発。救命救急システム開発中、介護事務作業軽減システム開発中。中学校にて「がん教育」の授業開催。市民講座、県民講座など多数講演。ツイッター@RToncolのアカウントで医療情報発信。 趣味はバレーボール、テニス、Tverでドラマ鑑賞。毎年ヨーロッパの学会で発表しますが、2020年はコロナで世界中の学会が中止になりましたが2021年はそのぶん頑張る予定です。

あなたにおすすめのプロジェクト

誰もが参加できるみんなの居場所、支え合える地域社会を目指して

ケアブレンドフレンドケアブレンドフレンド

#子ども・教育

0%
現在
3,000円
支援者
1人
残り
66日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする