READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

1日でも早くがんを治せる病気へ。既存薬を使い再発させないがん治療を

1日でも早くがんを治せる病気へ。既存薬を使い再発させないがん治療を

支援総額

6,245,500

目標金額 5,000,000円

支援者
311人
募集終了日
2022年2月28日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

 

ご支援のお礼と

今後の目標について
(deleteC推し研! 大槻先生推し推し団より)
ご支援いただきありがとうございます。おかげさまで無事目標金額を達成することができました。今回のクラウドファンディングは「推し研アクション」の一つとして実施してきました。

 

研究者や研究を推すことがあたりまえになったらいいな、そんな思いを込めて新たに打ち出したコンセプトが「推し研」です。

 

先生が取り組む研究にスポットライトを当てることで応援してくださる方が少しずつ増えれば、
それが積み重なって研究を後押しする強い力になると信じて
クラウドファンディングを行ってきました。

 

Twitterで行ったスペース企画など、多くの方に先生の研究へ関心を持っていただけたこと、そしてクラウドファンディングを通じて実際に支援してくださる方がこんなにも多く集まったことに感動しています。

 

大槻先生の研究はまだまだ終わったわけではありません。ここからまた新しいスタートです。今回のクラウドファンディングをきっかけに、これからも支援者様に一緒に見守っていただけますと幸いです。

 

また残り1週間という短い期間ではございますが、まだまだご支援は募っております。いただいたご支援はクラウドファンディング手数料等を除き全て、大槻先生への研究支援に役立たせていただきます。

 

改めて、この度はたくさんの応援ありがとうございます。

 

引き続き、がん治療研究への関心が多くの方に広がっていくよう、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。


deleteC推し研! 大槻先生推し推し団

一同

 

※先生からのご挨拶もいただいております。詳細はこちらご覧ください。

 

 

 

「推し研!」クラウドファンディング詳細や「推し推し団」リターンの紹介はこちらをご覧ください。

※リターンにつきましては制限個数の追加、新たなコースの追加の可能性がございます。既にご支援いただいたコースから別のコースに変更することはできませんので、ご了承ください。

 

2020年1月末時点

 

慶應義塾大学 医学部 先端医科学研究所 
遺伝子制御研究部門
大槻 雄士 先生

 

がん細胞が生き残る逃げ道を断つ新たな治療で、
「再発しないがん治療」を一日でも早く実現したい

 

はじめまして、慶應義塾大学の大槻 雄士と申します。

 

僕が所属する研究室では、10年前から酸化によるダメージ(細胞を老化させる酸化ストレス)が、がん細胞を死滅させるさせるメカニズムに着目し、患者さんの身体に負担がかからない治療法の確立を目指してきました。

 

肺がんはがんの中でも再発しやすく、Ⅰ期(ステージⅠ)の非小細胞肺がんでも約20~30%の再発率といわれています。*1
*1 )https://oshiete-gan.jp/lung/treatment/recur/

 

この研究では、新型コロナウイルス感染症の治療薬開発でも注目を集めている「ドラッグリポジショニング」という、すでに治療に使われている薬などを調べ直して、別の病気にも応用できる効能がないかを探す手法をとっています。

 

これまでの研究で、複数の薬を組み合わせることでがん治療にも有効であることがわかっており、がん細胞を死滅させるという治療法に将来性を見いだすことができています。

 

 

また、国がすでに承認した薬から新たな効能が見つかれば、ヒトでの副作用を確認する手間が大幅に削減され、有効性を確認する臨床試験にスムーズに進めるため、一から行われる新薬開発よりも早く患者さんの治療につなげることができます。

 

しかし取り組んでいる研究は、今はまだ動物に投与して効果が確かめられた段階で、 ヒトへの治療に応用した場合、有効性を確認できない可能性もあります。実用化を目指すには、きちんとした臨床試験を経て有効性を確認することが不可欠です。

 

そのステップとして、今回このクラウドファンディングを通じていただくご支援金は、薬剤安定性試験や薬物動態解析(薬剤が有効性を示す用量を見つけるための試験)を行う費用として活用させていただければと考えています。

 

 

 

手術しても治しきれないがんを治すために、新しい治療法の開発を。

 

僕はもともと外科医でした。

 

肺がんで手術を受けた患者さんが、今後再発しないか、生活への影響はどの程度あるのか、再発したらどうなるのか、という不安を抱えながら生活されている姿がとても印象に残っています。

 

また数年前に手術を受けられた患者さんが、再発してしまい、今後の治療で治ることはあるのか、どの程度生きることができるのか、と心の底から悩み、そのような不安を抱えながらも治療を頑張る姿が深く心に残っています。

 

 

しかし、再発や転移などの可能性もあり、手術しても全てを治しきれるわけではありません。

 

そんながんを治すため、またそんな患者さんの不安を少しでも減らしていくためには、新しい治療法の開発は必須だと強く感じ、5年前に「がんを治せる病気」にする未来を目指し、呼吸器外科医からがん治療研究の道へ進みました。

 

 

研究概要

 

【この研究・クラウドファンディングのポイント】

  • これまでがんの治療薬ではなかった薬のうち、異なる病気の薬を複数一緒に服用することで、がん細胞を死滅させる効果が期待できる!
     
  • 副作用のプロファイルがわかった既存の飲み薬を使用するため、体への負担を抑えた治療を行うことができ、副作用が強く最後まで治療ができないなどの課題や悩みを持った患者さんにとって新しい治療法の可能性となりうる。
     
  • 薬剤が有効性を示す用量を見つけるための試験(薬剤安定性試験や薬物動態解析)を行うための資金調達。

 

 

がん細胞に酸化ストレスを与える薬の発見

現在、薬剤の吸収効率を上げる方法の検討や、非臨床試験に向けた当局との話し合い等をすすめております。

 

グルタチオンという分子が、細胞における活性酸素の上昇を抑制し、過酸化脂質の異常な蓄積を防ぐことによって、鉄依存性細胞死からがん細胞を保護することがわかっています。*3

*3)https://www.genereg.jp/html/research/2020/04/post-1.html

 

 

つまりグルタチオンが体内で抑えられることで、がん細胞は酸化ストレスによって死滅していくことが考えられるということです。

 

 

そこで、グルタチオン合成を促進するxCT(シスチン-グルタミン酸アンチポーターサブユニット)の阻害剤として、潰瘍性大腸炎の治療薬である「スルファサラジン」は、抗がん剤として有用であると考えていました。

 

しかし、xCTを標的とした治療の有効性は、がんの種別によって細胞内代謝などにより変動することも一方でわかっていました。*4

*4)参考:https://www.genereg.jp/html/research/2020/04/post-1.html
 


 

「がんによって有効性が変動してしまう。」

これがいわゆる、「がんの逃げ道が複数ある」ということです。

 

 

 

がん細胞に酸化ストレスを与える薬の有効性を高めることはできないだろうか?

そこで、xCT標的療法への抵抗性を克服するために、xCT阻害剤の効果を増強する併用増感剤を特定することが、がん治療の発展に貢献すると考えました。

 

そして今回僕らは、かつて狭心症の治療に使われていた、血管拡張剤である飲み薬の「オキシフェドリン」が、xCT阻害剤(スルファサラジン)などのグルタチオン枯渇剤に対するがん細胞の感受性を高めることを発見しました。

 

これは、がん細胞の酸化ストレスを与える「スルファサラジン」と、多くのがんでその効果を発揮させる手助けとなる「オキシフェドリン」を一緒に使用することで、がんを老化させ死滅させる効果が期待できることを意味します。*5
*5)参考:https://www.genereg.jp/html/research/2020/04/post-1.html

 

 

 

 

この発見までに、4,000以上の薬をひとつひとつ細かく分析し、それぞれについて薬の量を調整したり使い方を変えたりと、条件を変えて確かめます。

 

そのため、その効能がいつどんな形で見つかるかは未知の世界で、常に先が見えない状況の中で、地道な作業を続けてきました。

 

 

今後の主な過程としては、以下を想定しています。保険適用までは、まだまだ道のりがありますが、がん患者さんに1日でも早く届けられるように研究を進めていきます。

 

これまでのがん治療では、副作用が強く治療が最後までできない、治療後に手足のしびれなどの副作用が残り生活への影響が出るなどの課題もあります。

 

そのような悩みを持った患者さんにとっては、副作用のプロファイルがわかった既存の飲み薬を使用するため、体への負担を抑えて行えるため、新しい治療法として期待できます。

 

 

 

資金使途

僕たちの薬のような低分子化合物、特にドラッグリポジショニングの場合は利益が低くなってしまうため、企業が参入しづらいといった事情があります。

 

そのため、企業との共同研究で資金援助を受けることは難しく、国の研究資金は高額になればなるほど競争が激しく難しくなります。


臨床開発を行うには、億単位の資金が必要になるため資金獲得はかなりシビアな状況です。

 

そのため、今回のようなクラウドファンディングで研究資金を頂くことができるというのは、自分の研究が進むという点だけでなく、他の研究者にも新しい研究資金の獲得方法を示唆するということができ、研究全体の推進にも繋がると信じています。

 

 

今後の研究では、実用化を目指すために、きちんとした臨床試験を経て有効性を確認することが不可欠です。しかし、臨床試験を行うためには、ヒトに薬を投与する前に、第三者機関による、安全性や有効性の調査(非臨床試験)を受けなければなりません。

 

この費用は、それまでの研究費とは別に、2000万円~3000万円ほどがかかってきます。その上、通常の研究に加え膨大なデータの整理や事務手続きなどにかかる人件費などが必要となります。そのため、その資金の工面が大きな障壁となっています。
 

そこで、薬剤安定性試験や薬物動態解析を行うため、deleteCの推し研プロジェクトの支援金を充てさせていただきます。

 

第一目標資金使途:薬剤安定性試験のための費用、薬物動態解析のための費用の一部

第二目標資金使途:特性分析バリデーションの分析、特性試験(2回) 、投与液分析バリデーションにかかる費用

第三目標資金使途:ラットTK分析バリデーションにかかる費用

 

 

がんを治せる病気にする未来を

 

僕は外科医として働いていたので、手術できれいにがんを取り切るというのが仕事でした。術後の患者さんは、再発や転移に恐怖感を持ちながら生活されています。

 

そんな患者さんたちのためにも、最終的にはがんで辛い思いをする患者さんを1人でも減らす、がんをしっかり治せる病気にする。それが僕の最終目標です。

 

コロナ禍の影響を受けて、さまざまな困難に直面していますが、「がんで苦しむ患者さんを一人でも減らしたい」と願い、日夜努力を続けています。

 

そうした中、今回のクラウドファンディングを通じて、研究への支援を頂くとともに、がん研究に興味をもって頂くための機会の創出、そして新しい研究資金の獲得方法をしってもらう機会にしたいと思っています。

 

今回のプロジェクトを通じて、がん研究を皆様に知って頂く機会になることを願っております。
みなさまのご協力をいただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

推し研プロジェクトに選ばれて


2020年度deleteC支援先として選ばれたことで、これまで注目される機会がほとんどなかったのですが、景色が180度変わった、一生忘れられない言葉があります。

 

それは、deleteC創業理事の中島ナオさんの「がんの治療研究は希望の種」という言葉です。

 

「がんはいつかなくなる病気だと言われています。ならば、その”いつか”を待つだけでなく、1日でも早く手繰り寄せたい。1日でも早く歩み寄りたい」と取り組んでいたナオさんは、2021年4月、乳がんのため38歳で永眠しました。僕は、がん治療の研究に期待し続けてくれたナオさんの気持ちに、必ず報いなければいけないと、思いを強くしました。

 

 

 

 

みんなの力で、がん治療研究を応援

 

deleteCは個人、企業、組織などの立場を越え、

がんを治せる病気にしたいという想いを自由に意思表示することで、

誰もががん治療研究を応援できる仕組みをつくり、がん治療研究への支援と啓発を通じて、1日でも早く「がんを治せる病気にする日」を手繰り寄せることを目指しています。

 

そこで今年より、がん研究者へ直接支援が届く仕組みとして各界と連携した取り組みが

「推し研!」です。

 

がん治療研究や研究者を知り、まるでアイドルを推すかのように

誰もが気軽に、楽しくがん治療研究を応援できる仕組みを目指します。

 

「推し研!」クラウドファンディングでは、

さまざまな著名人らとともに「推し推し団」を結成。

クラウドファンディングを通じて、皆様も「推し推し団」の一員として

一緒にがん治療研究を応援できます。

 

 

 

 

|大槻先生の治療研究を分かりやすく解説

~deleteC推し研!ポイント!~

既存薬を使うため、安全性検証の過程を少なくでき、新たながん治療法になることを期待

 

慶應義塾大学の大槻先生の研究は、科学的根拠に裏付けられた新しい視点からの研究であり、実用化へのステップを踏んで開発が進められています。別の病気の治療に使われていた既存薬を使うため、安全性検証の過程を少なくできます。この研究が実用化されれば、新たながん治療法となりえます。

 

早く実用化されてほしいという期待も込めて、大槻先生の研究をdeleteCとして応援することにしました。このたび、臨床試験のスタートに向けて、大槻先生をさらに力強く推させていただきます!

 

〜NPO法人 deleteCの支援先選考について〜
みんなの力で、がんを治せる病気にするプロジェクト deleteCでは、支援を希望するがん治療研究に取り組む医師、研究者の方を毎年公募し、厳正なる審査のもと、支援先を決定し、受賞者に支援金を授与。

 

選出にあたり、がんの治療研究の最前線で働く医師の方々、deleteのメンバー、協賛企業様と選考委員会をつくり、医学的、科学的に研究を見ることに加え、一般の市民の感覚からも研究を見て、今、本当に応援したい研究を選定しています。

 

大槻先生は、「deleteC 2021 -HOPE-」にて、2020年度の受賞者として選ばれました。

 

 


 〈ご支援にあたってのご注意事項〉

・本プロジェクトへの支援金は、クラウドファンディング手数料・deleteC事務手数料の計2割を除いた金額を大槻先生の研究資金として寄贈します。

・支援を呼びかけるにあたって行った広報活動にかかる費用の一部を本支援金から充当しております。

・クラウドファンディングでのご支援は、税制控除にはなりませんのでご注意ください。
・リターンにつきましては制限個数の追加、新たなコースの追加の可能性がございます。既にご支援いただいたコースから別のコースに変更することはできませんので、ご了承ください。
・支援時にご回答いただく質問項目への回答、リターン発送先の住所は支援確定後、変更できません。

・本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「支援契約」の中にある「●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

・ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

 

プロジェクト実行責任者:
特定非営利活動法人deleteC(代表 小国士朗)
プロジェクト実施完了日:
2022年5月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

特定非営利活動法人deleteCが、慶應義塾大学所属大槻 雄士 先生の研究活動へ支援金を寄付したことを以ってプロジェクト実施完了となります。 ※ 研究の進捗については、適宜新着情報などを活用し更新をしてまいります。

プロフィール

リターン

10,000


コラボリターンコース | deleteCコラボ版キャンパスノート3冊セット

コラボリターンコース | deleteCコラボ版キャンパスノート3冊セット

・deleteCコラボキャンパスノート3冊セット
・「推し推し団」デジタル団員証(シルバー)

※詳細はこちらをご確認ください。
https://www.delete-c.com/oshiken/cf


※ デジタル団員証に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
87人
在庫数
94
発送完了予定月
2022年6月

30,000


コラボリターンコース | deleteCコラボ版華密恋薬用入浴剤

コラボリターンコース | deleteCコラボ版華密恋薬用入浴剤

・華密恋薬用入浴剤「deleteC」限定パッケージデザインボトル(1点)
・「推し推し団」デジタル団員証(ゴールド)

※詳細はこちらをご確認ください。
https://www.delete-c.com/oshiken/cf


※ デジタル団員証に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
10人
在庫数
19
発送完了予定月
2022年6月

30,000


コラボリターンコース | AI「HOPE <deleteC ver.>」のエンドクレジットへ名前掲出

コラボリターンコース | AI「HOPE <deleteC ver.>」のエンドクレジットへ名前掲出

・AI『HOPE<deleteC ver.>』MVのエンドクレジットにお名前掲出
・「推し推し団」デジタル団員証(ゴールド)

※詳細はこちらをご確認ください。
https://www.delete-c.com/oshiken/cf


※ デジタル団員証に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
9人
在庫数
91
発送完了予定月
2022年6月

100,000


がん治療研究を応援するためにAIさんが想いを込めてセレクトしたアイテムボックス「推し研!AI  HOPE BOX」

がん治療研究を応援するためにAIさんが想いを込めてセレクトしたアイテムボックス「推し研!AI HOPE BOX」

・AI+IKEUCHI ORGANIC コラボのAIオリジナル「IMANINAORU(今に治る) タオル」(支援者のお名前入り)
・AI「HOPE <deleteC ver.>」のMV のエンドクレジットへのお名前記載
・AI直筆サイン入りメッセージカード
・中島ナオ著「がんをデザインする」
・「推し研!」ステッカー
・推し推し団デジタル団員証(プラチナ)

支援者
10人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年6月

500


親子で応援コース | 500円でがん治療研究応援!

親子で応援コース | 500円でがん治療研究応援!

〜こちらはお子様が保護者の方と一緒に参加されるためのコースです。〜

・「推し推し団」デジタル団員証(ノーマル)


※ デジタル団員証に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

5,000


応援コース | 5,000円

応援コース | 5,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(ノーマル)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
93人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

10,000


応援コース | 10,000円

応援コース | 10,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(シルバー)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
49人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

30,000


応援コース | 30,000円

応援コース | 30,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(ゴールド)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

50,000


応援コース | 50,000円

応援コース | 50,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(ゴールド)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

100,000


応援コース | 100,000円

応援コース | 100,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(プラチナ)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

300,000


応援コース | 300,000円

応援コース | 300,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(プラチナ)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

1,000,000


応援コース | 1,000,000円

応援コース | 1,000,000円

・「推し推し団」デジタル団員証(プラチナ)
・先生からのお礼のお手紙(PDF)


※ デジタル団員証/お礼のお手紙に関しましては、READYFORのメッセージ機能を通してお送りさせていただきます。発送完了予定月までにREADYFORのサイトを退会された場合、お送りできなくなりますのでご注意くださいませ。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい のトップ画像

重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい

社会福祉法人慈恵療育会社会福祉法人慈恵療育会

#医療・福祉

10%
現在
536,000円
寄付者
34人
残り
42日
全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
53人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする