私たちstart to [  ]が今のプロジェクトサイト、ナングラー村での活動をサポートしようと決めた2011年夏の現地訪問時の様子。

 

 

トタンでできた「教室」に机と椅子がぎゅうぎゅう詰めです。

電気も通っていないので、エアコンはおろか扇風機も回らない日中は蒸し風呂のように暑い。

そんな中でも、子どもたちは一生懸命勉強に励んでいました。

 

バングラデシュでも他の国でも、場所を問わず現状を少しでもよくしようとひたむきに取り組む人たちの姿は強く心を打ちます。

 

ちょっとしたひと押しで機会が広がれば、きっとこの村の将来は大きく変わる。

そう確信できたことが、私たちがナングラー村と関わり始めた原点です。

新着情報一覧へ