プロジェクト概要

北海道遠軽町の山の中にある廃校になった木造校舎の復活プロジェクト!校舎を手作りで新しく蘇らせ、過疎化した村に賑やかな人の声を呼び戻したい。

 

はじめまして、北海道・遠軽町でウッドキャンバスカヌーの製造販売と本格的な犬ぞりツアーの企画・実施を行っている(有)インディアンカヌークラフトの代表 村林秀尚です。従業員は私とアルバイトが数名、そり犬が51匹という小さな会社です。それから草刈り要員として羊が2頭います。

 

現在、夏期はウッドキャンバスカヌーの製作とセルフビルド、冬季はここ遠軽町白滝の廃校を舞台に、犬ぞり体験ツアーを実施して、年間300名近くの方に来訪して頂いています。しかし、古い木造校舎のために修復をしないと長く使えない状態になってしまっています。

 

地元の方々の手により少しずつ修復されて受け継いできた校舎。私たちも手作りで校舎を直していきたいと思っています。校舎修復に必要となる材料費や道具の資金を、どうかご支援いただけないでしょうか?

 

(校舎の体育館での一枚)

 

(冬場は雪がすごいので校舎修復は雪のない時期に実施します)

 

 

犬ぞりとカヌーの舞台となる古い木造校舎の修理を行います!

 

私たちは今までたくさんの人に支えられてきました。縁があってここ白滝にこしてきて、地元の方々を始め、道内道外問わず、今も多くの方々に支えられています。そんな方々の気持ちをきちんと形にできたらと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 

伝統工法で作られるウッドキャンバスカヌーと北方圏の伝統的な移動手段である犬ぞりを通して、地域の方々だけでなくそれ以外のたくさんの方々に、伝統を受け継ぐこと、北海道・白滝の手つかずの自然を体験すること、犬たちとふれあうことで得られる安らぎなど、感じていただけると思います。

 

(青い空と湖とカヌー。豊かな自然を満喫できます)

 

(銀世界と犬ぞり。普段味わえない幻想的な体験ができます)

 

 

私たちの小学校は、地元の方々の手で維持されるほどに愛されてきました。

 

この小学校は大正の頃からずっと、地元の方々の手で作られ、維持されてきました。今も残っている棚や机、ゴミ箱等、ほとんどが手作りで、地域の方の愛情と、技術の高さに驚かされます。その後の過疎化と生徒数の減少により、一時廃校に追い込まれましたが、山村留学制度を導入することにより、復活することが出来たそうです。

 

それでも過疎化は止められず、最後は留学生だけになりながらも維持に努めていたそうですが、その子の卒業とともに2013年廃校になり、バスで15分のところにある白滝小学校と合併することになりました。ちょうどその年の6月に私たちは訪れることになったのでした。

 

 

白滝村ってこんなところ!

 

白滝村は縄文時代は黒曜石、現代はじゃがいもが特産で、人口の半数がお年寄りの一人暮らし世帯の小さな村です。冬は特に天候が厳しいので、市街地に移動する人が増えて、さらに空き家が増えます。ただ、雪質は抜群で、スキー場は閉鎖されていますが、国内外からバックカントリー愛好者が訪れます。

 

犬ぞりのロケーションとしても最適で、手つかずの大自然をバックに環境に負荷のない犬ぞりで駆け抜ける様子は、同じ北海道とは思えないぐらいの絶景です。

 

(一面の雪景色の中、犬と走り抜けるのは爽快です)

 

 

木造校舎の廃校が目の前に。取り壊さずに修復して受け継いでいきたいというのが私たちの想いです。

 

このような小さい村の小学校に掛けられる予算は乏しく、また市町村合併により、廃校が増えて、私たちの小学校のような木造校舎は経費が掛かるため、維持費を捻出するのは難しいそうです。もし私たちが利用を辞めれば、取り壊しは避けられないことも決定しています。

 

北海道でも残り少なくなった手つかずの自然とそれを背景に立つ木造校舎を、当時を知る方達の思い出としてだけでなく、それを知らない私たち世代や、それを受け継いで行く子どもたちのために残して生かして行きたいと考えています。

 

今回、校舎の老朽化のために必要な修繕を行うにあたって、クラウドファンディングを選んだのは、この校舎の軌跡を考えて、一番ふさわしいと感じ、選ばせていただきました。

 

地域の方々が手作りで維持してきた小学校を、いろんな人の手で新しく生まれ変わることが出来たら、校舎も地域の方々もきっと喜んでいただけると思います。

 

 

(校舎とソリ)

 

 

木造校舎のこんな所をなおしたい!

 

まず白滝周辺には宿泊施設が少ないので、この校舎を利用してもらうには必然的に、校舎に宿泊(キャンプ)していただく形になります。その際に必要な入浴設備がありません。これは既存のものを使って必要最低限の経費を掛けられたらと思っています。

 

また、このプロジェクトの目的の一つである、犬ぞりを多くの人が気軽に体験できる校舎周辺のコースを新たに作る予定です。敷地内の林の中に木道を設置します。そのための重機のレンタルを予定しています。

 

それから、そり犬たちの環境整備です。犬小屋の修理や草刈りなどです。こち

らは、必要なものは犬小屋の材料費程度で、それ以外は人の手が必要となります。今までも、ツアーのお客様が善意で携わって下さっていました。みなさん、犬ぞりだけでなく犬が大好きな方ばかりですが、自然の中の滞在自体を楽しんでおられる方もいらっしゃいます。いずれも私たちは大歓迎です。

 

以上で、合計約80万円以内で押さえたいと思っています。また、余裕があれば、校庭にある池をビオトープとして復活させること、校庭を緑に返すこと、地域の子どもたちが利用出来る子ども文庫の開設も計画しています。

 

こういった校舎の修繕や犬の世話のお手伝いをしてくれるボランティアも募集しています。詳細は弊社HPからお問い合わせください。

http://www.outrider.co.jp/outrider/index.php

 

(修繕箇所の様子)

 

 

最後に…

 

弊社はカヌーの製作と犬ぞりツアーを初めて26年になります。今までたくさんの人に支えられてきました。今も多くの方々に支えられています。そんな方々の気持ちをきちんと形にできたらと思い、このプロジェクトを提案させて頂きました。

 

この木造校舎と同じように、伝統工法で作られるウッドキャンバスカヌーと北方圏の伝統的な移動手段である犬ぞりを通して、伝統を受け継ぐこと、北海道の手つかずの自然を体験すること、犬たちとふれあうことで得られる安らぎなどを感じていただけると思います。

 

また、再び校舎が賑やかになっていくことで、高齢化で過疎化した村のお年寄りたちにも活気を取り戻してくれるきっかけになることを願っています。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇ 引換券について ◆◇◆◇◆◇◆◇

ご支援いただいた方々には下記の引換券をお送りします。

 

・サンクスメール

私たちの感謝の気持ちをお贈りします。 

 

・木で制作した犬ぞり割引パスポート

1日体験ツアーが割引になる木のチケットを贈ります。(1回3,000円割引。3回分)ご利用出来るのは出資者の方のみで、転売は禁止です。

 

・ウッドキャンバスカヌー体験

木とキャンバスで出来たカヌー体験にご招待します。場所は旭川近郊。

 

・犬ぞり1日体験ツアーご招待

1日たっぷり犬ぞりを楽しんで頂けるツアーにご招待します。

 

・白滝じゃがいも5kg(じゃがいもレシピ集付き)

白滝自慢のじゃがいも(北あかりか男爵)を贈ります。毎年白滝で行われる農家主催のジャガリンピックのレシピ集がセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最新の新着情報