「晩春」デジタル修復プロジェクトサポーターの皆様

 

皆様のご支援のおかげを持ちまして先月に完成しました「晩春」デジタル修復版の

ワールドプレミア上映が決定しましたことをお知らせいたします。

 

この度、「晩春」デジタル修復版の初お披露目の舞台となるのは、
アメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催される映画祭、

(To Save and Project: The 13th MoMA International Festival of Film Preservation)

です。
この映画祭は、ニューヨーク近代美術館が毎年秋に世界各地の

最新デジタル修復作品の上映を行うもので、

過去にはオーソン・ウェルズ、エルンスト・ルビッチ、フリッツ・ラング、

D.W.グリフィス、ジャン・ルノワール、セルゲイ・エイゼンシュテインなどなど、

さまざまな地域・年代の名だたる監督たちの修復作品の上映を行ってきました。

 

13年目の開催である今年は11月4日から25日までの会期で開催されますが、

「晩春」デジタル修復版は光栄にも、この映画祭の「クロージング作品」に

選ばれました!
映画祭の最終日である11月25日にいよいよ世界に向けて発信されることになります。

 

現地のレポートなど、改めてこのページでお知らせできればと思っております。

取り急ぎ、ワールドプレミア上映決定の一報まで。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ