プロジェクト概要

==========【第2目標:80万円】 ============

 

支援していただいた皆様本当に有難うございます!
このプロジェクトも折り返し点にきました。


現在40万円を超え、ゴールは近づいているようにも見えます。50万円の目標額でご支援をお願いしているプロジェクトなのですが、経費を差し引くと辰己選手に届く金額が日本障害者カヌー協会からの請求額45万円に達しません。


可能であるなら80万円を最終目標に、

引き続きご支援をお願いする次第です。

 

==================================

 

障害を乗り越えて、パラカヌーで世界に挑戦し続ける男「辰己博実」が、今年8月にイタリア・ミラノで開催される世界選手権に参加します!

 

はじめまして、北海道障害者カヌー協会会長の城田幸俊と申します。今まで40回開催したパラマウントチャレンジカヌーという障害者カヌー大会を主催してきました。ここ数年はパラリンピックを見据えた活動をしています2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式種目に組み込まれたカヌーに挑戦する辰己博実さん応援します。そこで、この度は、8月にイタリア・ミラノで開催されるパラカヌー世界選手権(パラリンピック一次予選)に出場します。そのためには莫大な費用がかかってしまいます。、パラリンピックに出場するためには欠かせない試合になります。今大会で6位に入ればリオデジャネイロパラリンピック出場が確定します。

 

2012年ポーランド世界選手権から、毎年のように日本代表の権利を勝ち取るものの、50万円以上の自己負担金の前に出場を断念してきました。一緒に彼の勇姿を応援していただけませんか?どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ある日辰己さんはスノボードの不慮の事故で脊髄を損傷し、

歩けない身体になってしまった。

 

徳島県を流れる吉野川の近くで生まれ育った辰己さん。スポーツ好きの彼が北海道移住後に選んだ仕事はラフティングガイドでした。8人乗りのボートで激流の尻別川をガイドしながら、空いた時間は仲間とカヤックを楽しむようになっていきます。その間、パウダースノーのニセコにも魅了され冬のスポーツにものめり込んで行くようになりました。地元女性との結婚、子どもの誕生と順調に人生を過ごしていました。2008年3月のある日雪山で のスノボードーでの着地に失敗、彼は脊髄を損傷しました。

 

 

 

そんな人生のどん底を前向きに突き進んでいった。

 

脊髄を損傷した辰己さんは、下半身に障害を負った。4ヶ月の入院とリハビリ生活。車椅子での生活になったものの、冬はチェアスキー、夏はカヤックに挑戦を始めていきました。徐々に本領を発揮していき、地元吉野川の激流を下ることもできるようになっていきます。

 

 

 

そこで、彼が出会ったのがパラカヌーです。

【2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式種目に決定】

辰己選手は事故により車椅子生活を送っています。車椅子生活を送る方にとって、カヌーを愛好するのはとても大変です。ボート乗り場に手ぶらで行くような感覚ではできるはずもなく、自分のカヌーを車に乗せて運ぶことから始まります。ところが、いざカヌーに乗ってしまえば水を得た魚です。辰己さんにかぎらず、誰が障害者か分からなくなる瞬間です。

 

パラカヌースプリントは身体障害を持つ選手が200mの直線コースを競う種目で、2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式種目となりました。辰己選手は4年前の世界選手権で好成績を出したのに続き、今回も上位を目指しています。

 

 

 

日本では認知度が低い種目であるため、遠征費用もすべて自己負担になります。これまで何度も資金面で試合の出場を断念してきました。

 

2016年開催のリオデジャネイロパラリンピック正式種目となったパラカヌースプリントの候補選手を探す関係者の目にとまることとなりました。このカヌースプリントは200mの直線コースを並んで競うヨーロッパでは人気の種目です。2012年3月に開催された海外派遣選手選考会にて日本代表の権利を勝ち取り、ポーランド世界選手権で10位という成績を残しています。その後、毎年のように日本代表の権利を勝ち取るものの、50万円以上の自己負担金の前に出場を断念してきました。そこで大会に参加するための費用を支援していただけませんか。

 

 

 

★ 引換券について ★

 

・サンクスメール

 

・競技会場での写真

 

・北海道ニセコ青木農産のじゃがいも

 

・北海道ニ セコ青木農産の十割そば詰め合わせ

 

・ブログへの氏名掲載。

 

・辰己ガイドによるラフティングツアー

 

・イタリア・ミラノでの現地使用装備品

 


そして今年3月に開催された海外派遣選手選考会でも優秀な成績をおさめ、見事代表選手に選考されました。皆様どうかお力を貸していただけませんか。

 


 


最新の新着情報