パラリンロックフェスでは様々な仕掛けを考えています。
まずは
「自分たちで炭をつくりそれでバーベキュー」

 

 

炭が自分たちで作れるって知ってますか?
かくいう私も知りませんでした。炭焼き職人て言葉があるぐらい難しいものだと思ってました。
それがね、意外と簡単に出来るのですよ。
先日その体験をしてきました。

 

ドラム缶を使って誰でもどこでも出来る炭づくり。

 

そもそもこの方法は松村賢治さんが考案されたもの。

発展途上国の人々にも教えていらっしゃいます。

松村さんはヨットで世界周航されたりと本当に凄い人で、人間的魅力にあふれておられます。そして一般社団法人 南太平洋協会の理事長さんです。

詳しくはこちらを!

http://www.aspa-osaka.com/
 

汗ダラダラですが、楽しくって仕方ありません。
火をずっ〜と見てるって、なんでこんなに楽しいんでしょう。
心が落ち着いていくのが解ります。

 

これを障がいのある方と一緒にやりたいんです。

ぜっ〜たい楽しいですよ。
先ほどの松村さんに「障がいのある方と炭を作りたい」と言うと

「それは間違いなく良いですよ、私もお手伝いさせていただきます」とのお言葉。

 

こうなりゃ、野菜なんかも自分たちで育てて、魚なんかも取りに行ったりと夢は膨らみます。
これはこれで次の段階ですね。


 

新着情報一覧へ