READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

我が家のピーちゃんの治療を手助けください

大西 達哉(会社員)

大西 達哉(会社員)

我が家のピーちゃんの治療を手助けください

支援総額

800,000

目標金額 800,000円

支援者
24人
募集終了日
2022年3月24日
募集は中止しました

プロジェクト本文

 

2022年3月18日 READYFOR事務局 追記
本プロジェクトは、実行者様と弊社間におけるやり取りを経て、READYFOR利用規約に則り、支援募集を中止することといたしました。
詳細は以下の新着情報をご確認ください。
https://readyfor.jp/projects/pchandaisuki/announcements/208028

 

2022年3月17日 READYFOR事務局 追記

本プロジェクトは、現在確認事項が発生しているため新規支援の受付を停止しております。

 


 

達成のお礼とネクストゴールについて

 

1月24日よりスタートした本クラウドファンディングですが、38日目に目標金額である80万円を達成しました。

 

ご支援してくださいました皆さまに心より感謝申し上げます。

 

クラウドファンディングが成立しなければ、企画そのものを見直さなければなりませんし、クラウドファンディングに挑戦する時は、皆さまにどれくらい応援していただけるか正直とても不安でした。

 

しかしながら、皆さまからのたくさんのご支援のおかげでプロジェクトを決行できることになり、心から嬉しく思っています。コメントやメッセージで、ページに書いてあるような想いに共感してくださったというお言葉や、応援していますというようなコメントをいただく度に、たくさんの方に支えられて今、目標に向かって取り組めていることを改めて実感しています。本当にありがとうございました。

 

そして、現在着々と準備が進む中で、ネクストゴールを設置させていただくことといたしました。次の目標金額は90万円です。

 

ネクストゴールでいただいたご支援金については、増大しつつあるピーちゃんの治療のための費用として大切に活用させていただきます。

 

仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合、ご支援いただいた資金で実施できる範囲にて、実施させていただく予定でおります。

 

皆さまからの想いを無駄にしないよう努めてまいりますので、残りの期間、引き続きのご支援のご協力、そして、拡散・広報のご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年3月4日追記
大西 達哉(会社員

 

    自己紹介   

 

はじめまして。東京都葛飾区在住の大西達哉です。子供はいませんが、妻と家族同様のねこ2匹と一緒に毎日楽しく暮らしています。 長男ねこのピーちゃん(ピート13歳)がリンパ腫に罹りました。

 

私たちの大切な家族、しかしながら、金銭的な力不足により十分な治療が続けられるか大変難しい状況になってきました。世の中がコロナ騒ぎで大変な中、個人のペットの為に支援とは…と思う方も少なからずいらっしゃると思います。どうか助けていただければと願い登録させていただくことにしました。

 

もちろん治療が継続して可能になり、余裕ができましたら私も皆様の力になれるようにご支援尽力いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ピーちゃんがうちにくる経緯などは私よりも長く一緒にいる妻が記します。

 

ピーちゃんは一人暮らしをし始めて初めて自分で飼った猫です。

 

ペット可のマンションに引っ越して約半年後、とあるご夫婦が妊娠中の猫を保護して生まれた子猫の里親を探しているという話を聞いて会いに行きました。生まれた5匹の子猫のうち、写真を見た時から気になっていた子がピーちゃんでした。

 

 

お宅にうかがって人間同士で話し込んでいたら、テーブルの下からうなり声がしました。子猫(当時2ヶ月半くらい)のピーちゃんがわたしが持って行ったおもちゃをくわえて「これはボクのだ!」とばかりに他の子を牽制していたのです。ご夫婦は「いつもは一番おとなしい気弱な子なのに」とびっくりしていました。

 

実はそれまでは他の子にもちょっと目移りしていたのですが、この一件で「やっぱりこの子だ」と確信して、うちに来ることになりました。

 

 

ピーちゃんとはわたしが結婚するまで約3年間、ひとりと1匹で生活していました。

 

初めて買ってあげたキャットタワーが嬉しすぎたのか一番上段のベットに登りっぱなしでなかなか降りてこなかったこととか、結婚前に夫がうちに泊まりに来たときには洗面所に立てこもってずっと文句を言ってたこととか、東日本大震災のときは歩いて深夜に帰宅したわたしをご飯も食べずに起きて待っててくれたとか、思い出しはじめるとたくさんエピソードがあって、長い時間ずっと一緒にいてくれてたんだなと感慨深いです。

 

とても頭が良い猫で、わたしがなかなか朝起きなかったときにカーテンを開けて起こしたりしたこともあります。子猫の頃からずっと冬の間は腕まくらで一緒に寝たりと、わたしにとっては精神的な拠り所になっている子です。

 

 

 

 

 

 

 


 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

妻の連れ子でもある長男ねこピーちゃん(ピート13歳)が非典型のリンパ腫に罹りました。特定の臓器に出来たものではなく、踵のみが大きく膨らんでいます。抗がん剤治療を始めましたが、最初に試した薬が効かず、治療プログラムが変更になりました。

 

かかりつけの動物医からいただいたリンパ腫の説明用資料が以下です。

症状として多中心型・縦隔型・消火器型・リンパ節外型とありますが、ピーちゃんの場合、X線検査、エコー検査、触診をもってしてもいずれの型かはっきりせず、右後脚踵にできた大きなコブと、同じく右後足膝裏のリンパ節が大きく腫れているのがわかるだけです。

 

その部分の病理診断書が以下です。

 

リンパ腫は一般的に言う「がん」の一種であり、リンパ腫の診断が出てから何もしない場合、平均2カ月程度で命が失われると告げられました。

 

ただ化学療法(抗がん剤)は治療効果は高く、いろいろな化学療法による寛解率は65~75%、生存期間6~9カ月で約20%は1年以上生存する、とのことです。

 

後脚の踵に膨らみができているので、多少ぎこちない歩き方に見える場合があります。また、後述する最初の抗がん剤Aが効かず、強い痛みがあるのか聴いたことのない大きな激しい咆哮が続いたことがあります。

 

▼踵の膨れている部分です。(医師による剃毛、検査部分の一部摘出後)

 

▼膝裏リンパ節部分です。(医師による剃毛、検査部分の一部摘出後)

 

▼全身麻酔後から一度醒めて帰宅後半日以上寝ている様子。

 

ピーちゃんは現在、年齢相応のゆったりペースで普通に過ごしています。効く抗がん剤と効かない抗がん剤があり、現在まだ試行しながら投与している状態です。

 

 

当初、3週に一度のペースで抗がん剤Aを投与するプログラムで始めましたが、患部の縮小がみられず11月から3種の抗がん剤を交互に打つプログラムに変更になりました。このうち抗がん剤Dが効かないことが判明したので、現在は抗がん剤BとCを交互に使用しています。

 

今後は徐々に抗がん剤が効かなくなるため、新しい抗がん剤を試すか、効かなくなるまで打つことになるか、いずれにしてもピーちゃんの体調とも合わせて様子をみながらの治療になり、まだまだ先が見えない状況です。

 

最新の診療明細書です(大西ななみは妻の名です)

 

 

 

 

    プロジェクトの内容       

 

ピーちゃんの治療費のご支援をいただくとともに、ご支援くださった皆さまにはこちらから心ばかりのプレゼントを提供させていただきます。  

 

医師から当初総額約50万円と言われていたところ、3カ月が経過し約60万円費やしています。足立区の日本動物高度医療センターへはタクシーで行く以外になく、毎週往復7千円のタクシー代も負担になっています。

(上で述べたように治療の終わりがまだ見えず、総額いくらになるかは不明です)  

 

治療費については自己資金で頑張ってまいりましたが、まだまだ治療の終わりが見えず、夫婦共働きの収入でも限界に近づきつつあります。現在ではクラウドファンディングという仕組みがあるので、今回チャレンジしてみようとした次第です。

 

プロジェクトの展望・ビジョン 

 

高額なピーちゃんの治療費にご支援をいただければ、と思います。カラープリンタを調達し、ご支援くださるみなさまへのプレゼント作成に備えています。

 

私たちにとって家族同様のねこたち(ピート♂、みのり♀)はなくてはならない存在です。お金に換えられるものではありません。治療費が枯渇することでねこたちが苦しんで早期にお別れすることは出来るだけ避けたく考えております。

 

縁あってこのページを読んでくださった方が何か感じてくれることがありましたら、是非ご支援していただけたら嬉しく思います。

 

万が一、ピーちゃんが亡くなってしまった場合、いただいた支援金については、これまでの治療費に当てさせていただきたいと考えてます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ーーーーー本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡くださいーーーーー

連絡先:大西 達哉

・sunvert_takasago@yahoo.co.jp

・070-6659-9635

メッセージ受け付けています。

https://www.facebook.com/o24ta2ya/

https://twitter.com/o24ta2ya/

コメント受け付けています。

https://ameblo.jp/o24ta2ya/

 

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。

▶︎ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/ )    

 

 

プロジェクト実行責任者:
大西 達哉
プロジェクト実施完了日:
2022年4月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

集まった資金はピーちゃんの治療費に充てさせていただきます。ご支援くださった皆さまへはお礼のメールを、またご支援の金額に応じて、都度の活動報告、ご家族やペットの写真入りポストカード、カレンダーを作成しお贈りさせていただきたいと思います。

プロフィール

大西 達哉(会社員)

大西 達哉(会社員)

大阪府出身、千葉県育ち、東京都葛飾区在住35年。 妻と家族同様のねこ2匹と一緒に住んでいます。

リターン

3,000


alt

感謝のメール

感謝のメールをお送りします。

支援者
10人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年4月

10,000


alt

感謝のメールと活動報告

感謝のメールと都度、活動報告をお送りします。

支援者
9人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年5月

30,000


alt

ご家族・ペット写真入りポストカード(感謝のメール・活動報告)

ご家族・ペットの写真入りデータの提供を受け、ポストカード(10枚)を作成しお送りします。感謝のメール・活動報告もあわせてお送りします。

支援者
3人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年5月

50,000


alt

ご家族・ペット写真入りカレンダー(感謝のメール・活動報告)

ご家族・ペットの写真入りデータの提供を受け、カレンダーを作成します。感謝のメール・活動報告もあわせてお送りします。

支援者
3人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年5月

プロフィール

大阪府出身、千葉県育ち、東京都葛飾区在住35年。 妻と家族同様のねこ2匹と一緒に住んでいます。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW
STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター のトップ画像

STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター

殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse 殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse

#医療・福祉

6%
現在
74,000円
支援者
9人
残り
39日
全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
現在
10人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする