こんばんは、櫻井です。

 

突然ですが、

ハイフィンガー奏法をご存知でしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーー

ハイフィンガー奏法とは?

ーーーーーーーーーーーーー

指を別々に高々と上げて鍵盤に叩きつける奏法のことで、

昔のピアノの先生はよく教えていました。

 

ーーーーーーーーーーーーー

ハイフィンガー奏法が良くない理由

ーーーーーーーーーーーーー

腕を自分で鍵盤前で静止させたまま、

指を必死に上げ下げする。

これだけの労力が常に必要。

 

必死で鍵盤に叩きつけた指は

鍵盤とぶつかる時に雑音を生む。

ここで打鍵のエネルギーが奪われてしまう。

 

指の質量×指の打鍵の速さなので

あまり大きく豊かな音が出せません。

 

弱い音ではハンマーが弦を打つ前に失速して

音がかすれたりコントロールがつけにくいです。

 

よっぽど体格的に恵まれた人でない限り

この奏法で何十年頑張っても手を壊すだけです!

 

また、指を高々と上げなくても指の動きだけで

鍵盤をコントロールするのは非常に難しいです。

 

いつもと違うピアノを弾くときなど

鍵盤の重さがちょっと違うだけで大きく影響を受けて

思い通りの音が出せなくなりますので注意してください!

 

反対に、「重力奏法」と言って、手の重さを使って

指を滑らかに動かす訓練を早い段階からしておくと

このような奏法に近い形になることを防ぐことができます。

 

今日は、「ハイフィンガー奏法」という

一見変わった奏法について話しました。

 

(ただ、見てる方からすると、

ロボット的な指の動きが面白いです!)

 

気に入ったら、ぜひシェアを!

 

新着情報一覧へ