READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

余命宣告を受けた2匹めの猫を助けたい

古賀 かおり

古賀 かおり

余命宣告を受けた2匹めの猫を助けたい
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

62,000

目標金額 600,000円

10%
支援者
23人
残り
18日
募集は中止しました(※ログインが必要です)
11人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

11人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして。私はヒヨリの家族の古賀かおりと申します。

数あるプロジェクトの中から、このプロジェクトをご覧いただき本当に感謝いたします。

 

昨年3月に16年共にした猫が亡くなり、その子の分まで他の仔を幸せにしたいと保護猫の里親になりました。1匹だけのつもりが不思議なご縁で4匹に・・・。

 

しかし今年になって「ろく」が猫伝染性腹膜炎(以下FIP)となり、やっと寛解したのもつかの間、今回「ヒヨリ」も FIP という診断を受け、娘の勧めもありこのプロジェクトを立ち上げました。

この活動を誠心誠意行っていく所存です。どうぞ最後までお読みいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

わが家にはヒヨリ(1歳♀)を含めて咲耶(1歳4か月♂)、(10か月♀)、ろく(9か月♂)という4匹の猫がいます。すべて保護猫です。

4匹みんな仲良しで、なかでもヒヨリは一歩引いてみんなを見守る優しいお姉さんという存在です。

 

↑ 左から咲耶、花、ろく、ヒヨリ

 

今年の2月、黒猫の「ろく」がFIPの診断を受けました。

家族一同悩み、模索し、海外で開発されたお薬がFIPに効果的であるという一筋の希望に賭け、何とかお金を工面し広島の病院まで往復9時間かけて行き、今年8月にはろくは無事「寛解」というところまでこぎつけました。

 

しかしまさかのヒヨリの発症・・・。

最初は単なる夏バテかなと思い様子を見ていましたが、日に日に痩せていき、それに反してお腹は膨らんでいきました。

大好きだったおもちゃを見ても、目では追っているものの、じっと座っているのを見てとても怖い確信となりました。

 

前述のとおり昨年保護猫の里親になったはいいのですが、仔猫から育てるのには10年以上のブランクがあり、久しぶりの「子育て」に家族一同四苦八苦しながらも楽しく過ごしておりました。

ただその10年の間に、こんなにも恐ろしい病気が私たちの身近まで迫ってきているのだと今回初めて知りました。

 

FIPとは、猫、特に仔猫の命に関わるとても恐ろしい病気です。確定診断が困難、効果的な治療もない、予防法も確立されていない、発症した場合はほぼ100%亡くなる可能性が非常に高い病気だそうです。

 

FIPの症状はさまざまですが、ウェットタイプとドライタイプの2つに分けられます。

ウェットタイプは、元気消失・食欲不振・発熱・腹部膨大(腹水・胸水・心嚢水・陰嚢水が貯留)、呼吸困難・貧血・脱水・黄疸・下痢などの症状が見られます。ウェットタイプは進行が速く、診断後数日~1か月程度で亡くなることもあります。

 

ドライタイプは、ウェットタイプと同じく元気消失・食欲不振・発熱等の症状とともに、眼にぶどう膜炎や光彩炎などの症状、脳内に炎症を起こし、マヒや痙攣などの神経症状が見られます。その他、腎臓や肝臓・腸にも異常が現れることがあります。ウェットタイプに比べやや慢性的な経過をたどる傾向がありますが、これもまたほとんどの場合が亡くなってしまいます。

※ろくはこのドライタイプでした。

 

ヒヨリは検査の結果、上記のウェットタイプと診断されました。

元気消失・食欲不振・発熱・腹水の貯留・黄疸・・・と多くの項目が当てはまっていました。

血液検査等の結果もすべてがそれを物語っていました。

 

私たち家族は再び絶望的な気持ちになりました。

うちには前述の海外のお薬により、FIPから完治した猫がいる。

でももうヒヨリを助けてあげられる金銭的余裕がない。

薬があれば助けてあげられる命を助けてあげられない・・・。

悔しくて涙が止まりませんでした。でもそんな時、娘に、同じようにFIPで苦しんでいる猫ちゃんたちのクラウドファンディングの話を聞きました。

 

この薬は84日間の連続投与が必要です。海外で開発された未承認の薬なので、保険も適用されず、とても高価です。

また体重により投与量も変わるのでその分金額も上がっていきます。

誠に勝手なお願いですが、どうか薬を続けるためのご支援をお願いいたします。

夫婦ともに自営業で昨年からのコロナ禍で収入が減少している中、2月のろくのFIP発症時に預貯金も切り崩して治療にあたり、続けてのヒヨリの治療が非常に困難な状況です。もし、治療を応援してくださる、手伝うよと思ってくださる方がいらっしゃったら本当に助かります。

 

↑ 8月20日の血液検査結果

 

↑ 猫α1AGの検査結果

 

↑ FIP検査結果

 

▼プロジェクトの内容

家族一同共通の願いは、生後1か月ぐらいで我が家に来て、やっと1歳になったばかりのヒヨリの命を救いたい。そして、この恐ろしいFIPという病気を多くの方に知っていただいて、海外で開発された治療薬の承認が一日でも早く行われてほしい。FIPにかかった猫ちゃんの命が1匹でも多く、また少ない負担で助けられたら・・・と切に願います。

 

↑ ヒヨリとろく

 

ヒヨリは最初の5日間は注射で薬を投与していただきましたが、今後79日間は錠剤の投与に変わります。

体重により投与量は変わりますが、ヒヨリは現在2.7kgなので1日の薬代が約7,500円(相場により変動あり)かかります。体重が増え3.1kgを超えると1日約8,750円となります。

投薬期間3か月の最初の1か月は3kg内、その後2か月は3.1kg以上と仮定しての金額が薬代だけで約750,000円となります。

これに定期的な血液検査・外注検査が加わってきます。

ヒヨリはペット保険に入っていますが、この薬は未承認の薬なので保険適用外となってしまいます。

 

↑ 最初の2週間分の薬代(体重2.8kg での計算)

 

この薬を投与したからといって必ず助かるという保証はありません。

でも今できる限りのことはしてやりたい・・・。

これは私たち家族のわがままだということは十分承知しております。

それでも、一人でも多くの方にこの思いをわかっていただけたら・・・ ご協力いただけたら・・・ と切に願っています。

投薬終了予定は 11月11日です。

その後は1か月おきに血液検査等行い、数値が正常値を保つことができれば、FIPが再発しにくい状態となり「寛解」となります。

FIPはまだまだ周知されていない病気です。もしかしたら単に「原因不明」とされ、亡くなっている猫ちゃんもたくさんいるかもしれません。

今回の活動によって、FIPを知らない多くの方にまず知っていただきたい。

そして同じようにFIPと診断された猫ちゃん・飼い主さまに、このような治療法もあることを知っていただきたい。

そして「希望」を持っていただきたい。

その一つのきっかけになれたらと心から願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

今からヒヨリは11月11日まで、必ず84日間の投薬期間を乗り越え、また「みんなのお姉ちゃん」として元気な姿に戻ってくれると信じています。

今回のプロジェクトの目標金額は治療費の一部となります。

目標を達成した際は、支援金額に応じて、ささやかですがお礼のメール・写真画像・猫グッズ等を送付いたします。

また不慮の場合、それまでにかかったヒヨリの治療費にあてさせていただきたいと思います。

 

たくさんの方にFIPのことを知っていただきたい。そして、FIPは怖い病気ではなくなることを心から願って、ヒヨリの治療経過をここでご報告いたします。

ぜひ元気になったヒヨリを見に来てください!!

皆さまからのご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
古賀かおり
プロジェクト実施完了日:
2021/10/31

注意事項

「プロジェクト概要と集めた資金の使途」「リスク&チャレンジ」について

プロフィール

日々4匹の保護猫たちから癒しと気づきをもらい、今はFIP寛解に向け奮闘中の毎日です。 保護猫のヒヨリと出会いちょうど1年経ちました。 1歳の誕生日を祝った数日後、ヒヨリはFIPと診断され余命宣告を受けました。 せっかくろくが寛解したのに・・・。 でも今は前を向き自分でできることは何でもしようと、一つ一つ進んでいます。 ろくの時よりもFIPの情報も多くなってきているように思います。 微力ながらこのプロジェクトがさらに一人でも多くの方の希望になれば幸いです。 私とヒヨリも幸せな未来に向かって頑張ります!!

リターン

500


ヒヨリ500円感謝コース

ヒヨリ500円感謝コース

心を込めた感謝のメールをヒヨリの画像とともに送らせていただきます。

支援者
2人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

1,000


ヒヨリ1000円感謝コース

ヒヨリ1000円感謝コース

心を込めた感謝のメールをヒヨリの画像とともに送らせていただきます。

支援者
8人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

3,000


ヒヨリ3000円感謝コース

ヒヨリ3000円感謝コース

心を込めた感謝のメールをヒヨリの画像とともに送らせていただきます。

支援者
9人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

5,000


ヒヨリ5000円感謝コース

ヒヨリ5000円感謝コース

心を込めた感謝のメールをヒヨリの画像とともに送らせていただきます。

支援者
3人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

10,000


ヒヨリ10000円感謝コース

ヒヨリ10000円感謝コース

心を込めた感謝のメールとヒヨリの画像、エコバッグ(猫柄)を送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

20,000


ヒヨリ20000円感謝コース

ヒヨリ20000円感謝コース

心を込めた感謝のメールとヒヨリの画像、エコバッグ(猫柄)を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

30,000


ヒヨリ30000円感謝コース

ヒヨリ30000円感謝コース

心を込めた感謝のメールとヒヨリの画像、エコバッグ(猫柄)を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年12月

プロフィール

日々4匹の保護猫たちから癒しと気づきをもらい、今はFIP寛解に向け奮闘中の毎日です。 保護猫のヒヨリと出会いちょうど1年経ちました。 1歳の誕生日を祝った数日後、ヒヨリはFIPと診断され余命宣告を受けました。 せっかくろくが寛解したのに・・・。 でも今は前を向き自分でできることは何でもしようと、一つ一つ進んでいます。 ろくの時よりもFIPの情報も多くなってきているように思います。 微力ながらこのプロジェクトがさらに一人でも多くの方の希望になれば幸いです。 私とヒヨリも幸せな未来に向かって頑張ります!!

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW

神話の国出雲から日本のなでしこへ ディオッサ出雲応援プロジェクト

ディオッサ出雲FCディオッサ出雲FC

#スポーツ

10%
現在
105,000円
支援者
4人
残り
58日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする