敦賀には、待機児童はありません。

それでも、ママパパは育児で疲れきっています。

待機児童のある都会では、どれほどママパパが疲れているか。

 

育児ストレスを少なくしながら、子育てできる方法は、誰も教えてくれません。

少し古い統計ですが、「虐待する人の気持ちがわかる」を示した統計があります。

 

《子どもを叩きたいと思ったこと、実際に叩いたことについては、「ときどきある」が最も多く、「よくある」と合わせると60%を超えており、この数値も前回と変わっていない。》

(文部科学省学術フロンティア共同研究プロジェクト「〔第2回〕子育て環境と子どもに対する意識調査」報告書より引用)

 

60%は、少ない数字でしょうか?

 

私達プロセス☆は、楽しく活動を行っています。

だからといって、ふざけているわけでもありません。

「親教育」は少し硬いテーマです。

ですから、あえて楽しい雰囲気を出そうとしています。

 

本気で、ママパパを助けたいと考えているからです。

自分を責めているママパパを、助けたいと思っています。

 

育児ストレスが減る、子育ての仕方がすでにあります。

それを知れば、預けたくても預けられないママパパも、少しは楽になるはずです。

それなのに、知らなくて、疲れ切って、泣いているママパパがいます。

 

親教育は、まだまだ普及活動が必要な分野です。

今回のセミナーの大成功で、ママパパが必要としていることも再確認しました。

 

今後の活動のため、みなさま、ご支援お願いいたします。

残り6,000円、残り1日です。

もうひと押しです。

 

よろしくお願いいたします。

 

追伸

私たちのフェイスブックページを見ることで、気が楽になるママパパもきっとおられると思います。

もしお知り合いの方で、子育てに困っている方がおられましたら、ぜひ下記リンクを「シェア」お願いいたします。

https://www.facebook.com/process.star

新着情報一覧へ