プロジェクト概要

世界で活躍する日本女子プロテニスプレイヤーの育成を目指して、選手6名とコーチ1名でチームを組み、2015年5〜7月の国内外の10大会に出場します!

 

はじめまして、藤原里華です。神奈川県藤沢育ちの33歳です。6歳でテニスをはじめ、高3でプロテニスプレイヤーとなりました。世界最高ランキングは、シングルス84位、ダブルス13位です。フェド杯日本代表には、通算12年間選出され、2012年には、ダブルスパートナーとしてクルム伊達公子選手と共に、初のWTAコペンハーゲン大会で念願のツアー優勝を果たしています。

 

しかし、私を含め、世界を相手に戦うことができる日本人女子プロテニスプレイヤーはとても少なく、その多くは多額の活動資金を前に、志半ばでプロを諦めてしまいます。この現状を変えたいと、今回私は“Pro Tour Team Japan”を立ち上げ、チーム全体で遠征渡航費・滞在費・コーチ費用を負担することで、選手個人にかかる負担を軽減し、より競技に集中出来る環境を作ることを目指しています。しかし、遠征費用の一部が不足しているのです。

 

そこでみなさま、私と一緒に、日本女子テニス界を盛り上げるお手伝いをして頂けないでしょうか?

 

(2014年9月の東レパンパシフィックオープンにて  撮影:てらおよしのぶ)

 

 

世界ランキング200位以下の選手が、未来の大舞台を夢見て練習に励む際に要する年間活動資金は、最低でも587万円程かかります。

 

国内外での遠征費用や現地での宿泊費用・試合でけがをした際の身体の治療費などは、選手が自ら工面する必要があり、その費用捻出のために、十分な練習を行うことができない者が多くいます。しかし世界の舞台で勝ち進むためには、プロのコーチを雇う必要があり、さらにテニスの4大大会“グランドスラム”に出場するレベルの選手は、年間を通してコーチを帯同しています。プロのコーチを付けるには、年間あたり988万円を選手が負担するようになるのです。

 

例えば、私が昨年度の2014年で出場した大会は、シングルスで27大会ですが、全試合を通して獲得した賞金は、日本円にしておよそ100万円です。年間活動資金には、到底足りません。そこで、不足している分は自分でスポンサーを探したり、両親から援助を受けながら、ぎりぎりの活動資金の中で、一生懸命日々の練習・トレーニングを練習を重ね、夢であるグランドスラム・オリンピックを目指してきました。

 

 

 

(2014年9月の東レパンパシフィックオープンにて  撮影:てらおよしのぶ)

 

 

今回の遠征では、選手1人あたりの負担を減らすべく、これまで一人で遠征を回っていた国内外の10大会にチームとして参加をします!

 

今回は、まず4月~5月に岐阜・福岡・久留米・軽井沢で行われた国際大会に出場し、軽井沢での国際大会は私、藤原里華/加藤未唯組が優勝しました。そして6月22日からのオーストラリア・ゴールドコーストのオーストラリアンテニスアカデミーにて、ワールドクラスのコーチング トレーナーの下で行うチーム合宿、そして7月にはタイで行われる世界下部大会(チャレンジャー)に出場します。今チームに所属している選手達はこのチャレンジャー(賞金総額$100,000 以下$15,000の大会)で、着実にWTAランキングポイントを積み重ねることがグランドスラムへの道となります。

 

その後、バンコク・香港で2大会に出場し 帰国予定です。こうした大会にそなえ、それぞれが1日5時間程度のフィジカルトレーニングや試合形式の戦略トレーニングといった練習を日々行ってきました。しかし、それでもなお十分な練習ができていたわけではありません。だからこそ、今回の遠征でたくさんの選手と戦い、優れたコーチに教わり、夢の大舞台【グランドスラム】に出場できるよう、全力を尽くしたいと思います。

 

(右から藤原里華、サイモン・ウォルシュ、加藤未唯選手)

 

(2014年9月の豪州合宿フットワークトレーニングにて 撮影:Simon Walsh)

 

 

チームコーチ”サイモン・ウォルシュ”ヘッドコーチは、「イギリステニスの歴史を変えた!」と言っても過言ではない人物です!

彼とともに、世界に羽ばたくことを目指して!

 

現在、世界ランキング200位以下の日本人女子選手は、なんと世界最多で50名程います!伸びる実力があっても、資金の面から、なかなかコーチを付けることができずに終わってしまう選手がたくさんいるのです。そこで、こうした日本女子テニス界の現状を見て、私と一緒に「日本女子テニス界を変えたい!」と強く思った“サイモン・ウォルシュ”氏が私たちのヘッドコーチに就任します。

 

彼は、それまで17年間WTAランク100位以内に1人も入ることがない、テニスに弱い国というイメージがついていたイギリスで、女子代表コーチに就任後、わずか4年で、それ以前の17年間一人も実現出来なかった世界ランキング50位以内を2名、100位以内を2名輩出した、イギリス女子テニス界の立役者です。彼とともに、私たちは日本女子プロテニス界を変える挑戦をはじめたのです。

 

(サイモン・ウォルシュの指導を受ける藤原里華  撮影:てらおよしのぶ)

 

 

日本の女子プロテニス界には、可能性を秘めた選手がたくさんいます!
是非、みなさまには私と一緒にテニス界を盛り上げて頂けるとうれしいです!

 

今、日本の男子テニス界では、錦織圭選手が活躍しています。その目覚ましい活躍に心躍るのは、私だけでないはずです。伊達公子選手が活躍していた1996年頃は、トップ100位に日本人選手が8人いましたよね!私はそんな盛り上がっている、日本女子テニス界を見ていたからこそ、「自分が行けないわけはない!」と思ってました。その強く信じる気持ちが日本全体にもっと伝われば子供達が本当に信じて疑わず取り組めると思うのです。是非私達の可能性を応援して下さい。

 

私たちは、今回みなさまの応援を基に遠征した10大会の結果と学びを活かして、5年後に迫る東京オリンピックでは、今回の遠征に参加をした選手6名はもちろんのこと、私たちが中心となって、女子プロテニス界を盛り上げながら、女子テニス・シングルス/ダブルスでのメダルを狙いにいきます。

 

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願い致します!

 

(Pro Tour Team Japanのメンバーです!下記、メンバー紹介も是非ご覧ください!)

 

 

★こちらも是非ご覧ください!★

 

 


★“Pro Tour Team Japan”紹介★

 

*チームFacebookはこちら

 

*参加選手6名(私、藤原里華含む)

 

1)華谷和生選手
【主な実績】
・2013年 全日本ジュニア U18 ダブルスベスト8
・ITF 賞金$10,000 シングルス ベスト8
・ITF 賞金$10,000 ダブルス 優勝

・ITF 賞金$10,000 ダブルス ベスト4 3回

 

2)Yuki Chiang選手
【主な実績】
・2009年 Junior Orange Bowl 優勝
・2014年 ITF 賞金$10,000ドル 優勝

 

3)美濃越舞選手
【主な実績】
・ワールドジュニア国別対抗戦 日本代表
・全国選抜ジュニアテニス選手権 準優勝2回 
・全日本ジュニアテニス選手権準優勝(シングルス) 優勝(ダブルス)
・全国高校テニス選手権 準優勝
・新潟国体 優勝(チーム戦)
・ITF 賞金$10,000  ベスト4 2回
・ITF 賞金$25,000  ベスト4

4)井上明里選手
【主な実績】
・全日本ジュニア12歳以下シングルス優勝、18歳以下シングルス準優勝
・ワールドスーパージュニアダブルス準優勝
・全日本学生テニス選手権大会(インカレ)シングルス優勝 (早稲田大学)
・全日本テニス選手権大会ダブルス準優勝
・ITF 賞金$10,000 ダブルス優勝 7回

5)藤岡希選手 ※軽井沢国際女子オープンテニスまでチームに参加
【主な実績】
・全日本ジュニアテニス選手権 U16 ダブルス3位
・全日本ジュニアテニス選手権 U18 ダブルス3位
・インターハイ
 ・団体 3年連続出場
 ・シングルス2010年出場
 ・ダブルス 3年連続出場 2010年 ベスト8
・ ITF 賞金$10,000  シングル ベスト8 2回
・ ITF 賞金$10,000  ダブルス 準優勝 2回

 

※2015年5月1日時点でのチーム参加選手です。

参加選手は変更になる可能性があります。

 

★引換券のご紹介★


1)サンクスメール(画像付)

 

 

2)写真入りポストカード(サイン付)

 

 

3)サイン入りテニスボール

 

 

4)合宿/大会開催地からの貴重なオフショット写真付メール

 

 

5)テニス交流会参加券

*都内にてプロとのテニス交流会に参加できます。(開催時点でチームに所属している選手に限ります。)
*プロテニスプレイヤー3名以上参加・2時間制です。
*交通費および現地での食費などは支援者様のご負担となります。
*日程については、支援者様と相談後決定します。

 

6)チームパーティ参加券

*都内にて、チーム主催の食事会に参加できます。(開催時点でチームに所属している選手に限ります。)
*プロテニスプレイヤー3名以上参加。
*交通費は、支援者様のご負担となります。
*現地での食費は含まれます。
*日程は、支援者様と相談後決定します。

 

7)出張テニス練習会開催券

*支援者希望場所(海外、離島を除く)にて、プロテニスプレイヤーが練習会を開催する。(開催時点でチームに所属している選手に限ります。)
*プロテニスプレイヤー2名以上参加、2時間制です。
*交通費・食費などは、こちらで負担します。
*日程は、支援者様と相談後決定します。

 

8)プライベートレッスン券

*都内にて支援者が希望するプロテニスプレイヤーによるプライベートレッスンを受けられるものです。(開催時点でチームに所属している選手に限ります。)
*プロテニスプレイヤー1名、2時間制でスタッフ随行です。
*交通費は、支援者様のご負担となります。
*日程は、支援者様と相談後決定します。


最新の新着情報