プロジェクト概要

異色のスイッチヒッターとして

世界で活躍できるような選手になりたい!

 

はじめまして!開志学園高等学校3年生、プロゴルファーの高橋慧です。僕は小学校2年生からゴルフを始め、高校1年生と2年生のときは全く結果がでず、なにも話題もありませんでしたが、高校2年生の秋からゴルフに集中するために通信に移動し練習をする時間を増やせたからか、高校生の夏の日本アマベスト64、世界ジュニア出場、福島県オープン出場などで、とても注目を集めていただけました。昨年の11月末にプロゴルファーに転向し、アジアンQTに挑戦しましたが、残念な結果に終わってしまい、これからはJapan QT,主にマレーシアで行われるADTツアー,フィリピンツアーに出場し、日本ツアーで活躍できるような選手になりたいです。

 

しかし、プロゴルファーは遠征に必要な経費を自分でまかなわなければなりません。移動費だけでなく、宿泊費や試合のエントリー費用、キャディ費用など多くの遠征費がかかってしまいます。

 

 

小学2年生から始めたゴルフでは、キャディを務める父から「人がまねできないことをやれるプロになって欲しい」「マスターズでも、左右両方で全部フックで打てるように」と提案され、小3から左打ちの練習もスタートしました。そのうち、どちらでも違和感なく打てるようになり、パットやグリーン周りの小技の時、普段と逆で打つ選手はいらっしゃいますが、長い距離のショットを両打ちする選手は世界的にも極めて珍しいものです。

 

 

プロのみなさんに技術ではまだまだ劣ってる。

でも目立ってなんぼの世界で、"両方打ち"というのはひとつ大きな特色になる。

 

スイッチヒッターとは、両利きでプレーするゴルファーのことです。左右でゴルフすることにより、もし林に入ったりしても、ピンに対して目標方向に木がある時以外は、だいたい打てます。右利きと左利きに分かれるのは、遺伝やホルモンなど生まれながらの理由もありますが、訓練次第で利き手は変えることができます。いままでパターを左で打つ選手は1人だけいましたが、僕の場合はクラブセッティングにだいたい3本くらいはいっています。世界で初の選手になれるように頑張ります!

 

 

日本の男子ツアーのギャラリーが少しずつ減少している気がします。一時は1,500万人いたゴルフ人口も800万人近くまで減少し、石川遼の活躍・人気に後押しされ増加したTV視聴率、ギャラリー数も、以降減少の一途をたどっています。もっと初心者でも楽しめるような、ゴルフを身近に感じられるように、僕がスイッチヒッターでゴルフをすることによって1人でも多くのお客様に見に来ていただける選手になれたらいいと思います

 

  

 

これからはプロゴルファーとしてツアーに参戦し、修行し、優勝目指して頑張ります!まだ正確には何試合でれるかわかりませんが、出場できる試合があれば1試合でも多くの試合に出場したいと思います。1人でも多くのお客様を呼べ、男子ゴルフ界が盛り上がれば、これからまた徐々に試合数も増えていくと思います。1年間全てでは1000万円近くかかるその遠征費一部として、皆様に90万円のご支援をいただけたら嬉しいです。これからもプロゴルファーとして高橋慧、頑張ります。よろしくお願いします!

 

  

 


 

 

■ご支援いただいた方々に感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお届け

■サンクスメール
■結果報告
■オリジナルボール

■帽子

■実際に使用していたキャディバック
■高橋慧主催コンペ招待(シーズンオフに実施予定)

■1日ラウンド権(都合の良い場所で

 一緒にラウンドさせていただきたいと思います!)