奥松島「希望のあかり」の再スタートとして、「えんまん亭」さんが野蒜地区に戻り営業を再開いたしました。

 

 

野蒜地区は津波の被害が大きく、戻る人はまだ少ないです。

その中でも、まず先に戻って礎になりたいと希望して実践している遠藤さんをご支援していきたいと思います。

 

 

 

地域の自立のためにも、なるべく買電量を少なくして、エネルギーを地産池消するという考えが、被災地に育ってきています。全てを失った被災地だからこそ、進んだ考えかもしれません。

 

わたしたちNPO法人非電化地域の人々に蓄電池をおくる会は、安価な再生リユースバッテリーを活用することにより、独立電源を志す人たちを支援しています。

クラウドファンディングの募集期間もあと20日あまり、ぜひご支援よろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ