動物虐待動画を配信する行為そのものを禁じる法律の制定へ向けて

日本動物虐待防止協会は、活動を行っています!

 

動物虐待犯罪を動画にあげる犯罪者を取り締まるためには、

動画を掲載した身元を調べ上げなくてはいけません。

 

そのために、動物虐待を面白がり、傷つけて、殺している犯人の

特定につながらない大きな問題が生じています。

 

動画を掲載すること、そのものを禁じ、罰則を設置することで、

 

◉ 動物虐待犯罪の抑制

◉ 犯人逮捕の迅速化

◉ 犯行を行なった者へ、動物虐待の罰則と、動画を掲載した罰則を

課すことが可能になり、さらなる厳罰化へ加担することができます。

 

 

◉動物虐待犯罪を動画に投稿したことで、生じたPDST被害者が、

動物虐待犯罪者への罪を償わせることが可能です。

(現在は被害を求めても、事件として処理も出来ない状態です)

 

すでにアメリカでは、動物虐待動画を掲載することは、

重罪となっています。

 

そうした罰則強化への新たな法律設立へ、

日本動物虐待防止協会は、取り組み撲滅していきます!

 

ご賛同いただける方は、アンケートを取りたいので、

info@nipponspca.comまでメールをお願いします。

 

① お名前(仮名でも構いません)

② 年齢・職業

③ ご意見

④ 署名協力できる・または出来ない

⑤ ボランティア協力したい・または出来ない

 

以上5点を記載お願いします。

こちらから折り返し、メール返送するかもしれません。

第1期を5月8日から5月末日までとさせていただきます。

また、頂いたメッセージは個人の確定がされない範囲で

sns等でご紹介させていただく場合がございます。

 

 

 

新着情報一覧へ