プロジェクト概要

「 地球1個分の生活を 」

 

私たちの生きる環境は日に日に変化し、それは年々如実に大きくなり、体感できるほどになってきました。現状、人類が目指すところは 地球環境というたった1つしかない生存環境に適応することです。

 

しかし、残念ながら私達はその生活がどんなものなのか想像できずにいます。想像は、自分たちの生活の小さな変化から促され、その想像力と、小さな変化の集合が、私達の「創造」する未来です。

 

私達人類の成長は一人一人の変化から始まるのです。

そこに「気がついた人」が最も身近にできることが、消費のあり方を見直して、地球一個分の生活を送ることです。

 

人は誰もが消費者です。だからこそ、生産背景に環境負荷の軽いものを、そして大事に長く使えるものが、当たり前に選択肢になくてはなりません。

 

ですが、社会で働く皆さんがそのような選択をするのは難しいのではないでしょうか。今の世の中はやらなくてはならない事が多すぎます。そうして「気がついた人たち」が「時間がないから」や「難しいから」という理由で、望まないものを選択しているのであれば悲しすぎます。

 

リバースプロジェクトストアは皆さんが消費するものを、優しい消費にするお手伝いをさせていただきます。

 

皆さんの未来を想う気持ちに、応えていきます。

 

 

 


 

「人類が地球に生き残るためになにをするべきか?」

リバースプロジェクト 10年目の挑戦。


はじめまして。リバースプロジェクトストア代表取締役の大釜翼です。

 

リバースプロジェクトは「人類が地球に生き残るためになにをするべきか?」というとても大きなビジョンを描き、今年で10周年を迎えます。


人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を、新たなビジネスを通して提案しています。代表・伊勢谷友介のもと、様々な才能を持ったアーティスト・プロデューサーが集結し、2009年に設立されました。


衣、食、住のみならず、教育・芸術・まちおこしといった分野において、社会課題の解決をクリエイティブな視点から試みています。


私が代表を努めるリバースプロジェクトストアは、2014年に設立されたリバースプロジェクトの子会社で「消費が未来を変える」をミッションに、「 地球1個分の生活を 」というコンセプトのもと、様々なプロダクトの開発、商品の仕入れ・販売を行っています。

 

リバースプロジェクトストア代表取締役の大釜翼です。

 

 

リバースプロジェクトのこれまでの10年。
▶▶▶クリックして全文を表示◀◀◀

 

 

これからの10年を作る、

リバースプロジェクトの新しいプロダクト。

 

そして今年、リバースプロジェクトは10周年を迎えます。これからの10年をつくっていくために、私たちはプロジェクトを立ち上げながらオリジナルプロダクトを制作していきたいと考えています。


ファッションが好き。プロダクトが好き。日本が好き。
それを作っている人や、ブランドの伝えたい思想が好き。


色が鮮やか。デザインがトレンディー。コレクションで見たアイテムに似ている。

安い。シルエットが綺麗。それだけのプロダクトには満足ができなくなった。

 

消費者の求めるニーズは様々で、色々なプロダクトが次々へと、生まれています。

 

 


一方でその背景にある社会課題が山積している世の中――。

 

人は誰もが消費者です。ひとりひとりの消費が良い方向に変われば、より良い豊かな未来につながると信じています。その消費の選択ができるように、「魅了し続けるサスティナブルなスタイルを創造し、より多くの人々の未来を豊かにする」ことが私たちの使命です。


そこで、私たちは社会課題を横断的に解決し、より良い社会・未来をつくるプロダクトを作りたいと考えました。そこで、リバースプロジェクトが旗を振り、パートナーとともにプロジェクトをつくり、オリジナルプロダクトをつくります。

 

まずは、これまで参加いただいたパートナーシップを大事にしながらも、さらに大きな動きにするために、「エアバッグやシートベルトのアップサイクル」という軸だけではなく、「障害者の雇用創出」「日本の伝統技術の継承」など他の社会課題の解決をも目指したプロジェクトを始動します。

 

 


リバースプロジェクトのオリジナルブロダクト!

プロジェクト第一弾は「AIRBACK」

 

リバースプロジェクトは10周年を迎える今年、オリジナルプロダクトをリリースします。

 

今回皆様からいただいた資金で開発する新商品ですが、ウエストバッグ、ボディバッグ、ネックウォレットの3型で、ホワイトとブラックの2色展開です。製品の画像は現在試作段階であり、お届けする際にはデザイン等一部変更する可能性がございます。

 

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
1 2 3 4 5 6

 

 

商品の詳細は下記リンクを参照ください

ウエストバッグ

ボディバッグ

ネックウォレット

 


5つのチームと作り上げる「AIRBACK」

5つの社会課題にアプローチ

 

①リバースプロジェクト AIRBACK|環境保護 「自動車から出るゴミ、産業廃棄物」

 

 

自動車は90%以上の部品がリサイクルをされるのをご存知でしょうか?その技術は素晴らしい一方で、残りのリサイクルされない大半を占めているのがエアバッグとシートベルトです。人命を守るために開発されているため非常に頑丈なつくりのため、リサイクルすることができないというのが現状です。

 

リバースプロジェクトでは2011年よりこのエアバッグに付加価値を与えもう一度市場に戻すAIRBACKプロジェクトを行ってきました。

 


②就労継続支援A型事業所ディアスポラ|就労支援 「障害者の雇用進出」

 

 

廃車からエアバッグを取り出す手間や、粉塵などの汚れを落とす作業、そして球体になっているエアバッグを解体し平面にする作業はとても手間がかかる作業です。これらを福祉施設と提携し、障害者に安定した労働の機会を提供しようと考えています。

 


③株式会社京都紋付|伝統文化 「伝統技術・文化の継承」

 

 

エアバッグの素のままの白も特徴的で良いですが、いろいろな色のプロダクトも欲しいというお声を今までたくさんいただいてきました。染めにもこだわりたいと思い、京都で100年以上続く、日本の伝統的な正装である黒紋付を染め続けてきた京都紋付と提携。京都紋付は一度世に出て使用されなくなったものを黒染めすることにより、新しい価値を吹き込むアップサイクル事業「KUROFINE(クロフィネ)」も行っています。エアバッグはナイロン100%ですが、技術的にナイロンを染色することは困難とされてきました。このプロジェクト立ち上げのお話を1年前からさせていただき、研究を重ねていただきました。「日本の黒」と「和に還る精神」を感じていただけると嬉しいです。

 


④有限会社レオン・インターナショナル|動物との共生「年間40万頭以上の駆除されている鹿の革の有効活用」

 

 

そしてバッグのワンポイントになっているレザーにもこだわりました。流通の多い牛革・羊革などではなく、日本の鹿革を使っています。

 

国内では田畑を荒らしてしまうために、”害獣”として駆除されてしまう鹿や猪が年間約40万頭駆除されています。その多くは駆除して山の中でその命を終えます。

 

その命を大切にするために、肉は食肉に、皮は革小物などにつかえるように鞣し、レザーにするINOCHIKAプロジェクトも行っています。その鹿革をアイテムのワンポイントに使用しています。鹿革は非常に柔らかくしなやかで、レザー界のシルクと呼ばれているほどです。

 


⑤トップラン株式会社・株式会社ドニード|ものづくり 「made in japanの精神の継承」
 

 

最後に、このバッグは荒川区にあるバッグメーカーの職人の手によって縫製されます。決して海外で生産をすることが悪いことだとは思いませんが、日本国内から優れた技術やものづくりの背景がなくなってしまうことは悲しいと思っています。


前述したようにエアバッグやシートベルトは非常に頑丈なため、通常のミシンでは針が折れてしまったり、モノをつくるのには扱いづらい素材のため優れた技術が必要になります。

 

これら5つの社会課題に対して横断的にアプローチできるプロダクト。それが、今回のREBIRTH PROJECTのオリジナルプロダクトです。今回のクラウドファンディングに挑戦するために、株式会社京都紋付の代表 荒川徹さんと、就労継続支援A型事業所ディアスポラの代表 新城孝明さんの想いも映像にしました。

 

ぜひご覧になっていただき、どのような想いで日々「志事」をしているかご覧ください。

 

 

 

日本国内、そして世界の社会課題の解決を目指すブランドへ

 

AIRBACKを成功事例に、リバースプロジェクトはこれまでにハブとなり、様々なプロジェクトを立ち上げていきます。今後さらに展開していくためには、まずはこのクラウドファンディングを成功させ、ブランドとしてスタートを切ることが重要です。

 

このファンディングが終了した後には、リバースプロジェクトのオンラインショップを中心に、より大きな市場のECモール出店や卸売をスタートさせ、売上をあげていいきます。

 

そのためにイベントやポップアップの出店も積極的に行い、売上を積み重ねることで、ディアスポラや京都紋付の皆様にもしっかりとお金を流すことができ、障害者の安定した雇用や日本の文化と伝統技術の継承につながります。まずはその基盤作りをリバースプロジェクトストアが責任を持って行っていきます。

 

 

 

次に基盤の裾野をさらに広げるために、このプロジェクトに賛同してくださる新たなパートナーにも参加していただき、新たな商品開発をしたり仕組み自体をつくったりしたいと思います。

 

例えば今回の小さなバッグだけではなく、リュックやトート、ショルダーバッグの開発・量産などです。日本の技術や、環境に負荷をかけない方法での染色で、白と黒以外のカラーバリエーションの展開。エアバッグとシートベルトを使ったベンチやテーブルなどで、アウトドアシーンのプロダクトやインテリアの提案も行っていきたいです。

 

そしてこのプロジェクトを日本国内だけではなく、海外にも発信して日本から生まれたサスティナブルなブランド、プロダクトとして発信したいです。


既に国内の害獣被害を考えたレザーブランド、ゴミから生まれた新素材の開発とそのプロダクトブランド、世界の平和を願う折り鶴をつかったプロダクトなど、リバースプロジェクトストアとしての準備は進めています。

 

今回のプロジェクトが成功事例となることで、様々な別のプロジェクトを立ち上げることができ、少しずついろいろな社会課題の解決につながり、よりよい社会・未来になっていくと信じています。

 

 

 

最後に、このプロジェクトやアイテムをきっかけに、自分が毎日している「選択」や、ひいては人生や社会や未来について考えてもらえたら幸いです。


何が悪いとか何が良いとかを押し付けるわけではありません。今一度、自身で考えて、何かよく分からないものに流されるのではなく、自分のスタイルを確立してもらえたらと思います。

 

「一番未来を照らし、一番イケてるブランド」を創っていくために、生産に関わっている人、そして買って使ってくださる人、誰かにこのプロジェクトを伝えてくれている人、みなさんとつくり続けていきたいです。


社会に対して、未来に対して、現状を変えようと思っている人の勇気になれたら最高です。こういったことに興味がなかった人へ、立ち止まるきっかけになればと思います。

 

そして私たちの活動にもし共感頂ければ、クラウドファンディングでのご支援をお願いします。リターンには今回限定の特別なコースもご用意しております。一つひとつの「消費」というアクションが、必ず未来を変えていくと、私は信じています。

 

 

リバースプロジェクトメンバーからのメッセージ
 

REBIRTH PROJECT 代表 伊勢谷友介

 

これまで関わってくださった多くの企業様、同志の方々、本当にありがとうございます。 私達REBIRTH PROJECTは常に、『種の存続』の為にどんな活動、組織であるべきか模索し、未だに七転八倒しながら、前に進んでいる感じです。それでも10周年を迎えようとしているのは、やはり皆様の多大なるご指導とご支援は勿論のこと、未来を真摯に見つめて消費しようとする「新たな社会のモラル」のお陰であります。


僕らの世代以降は「地球上における人類社会の最適化」を組織の明確な意思として活動する企業が当たり前になる筈です。AIには出来ぬこと、それは私達が求める未来を諦めずに求め続けることです。これから10年目を超えて行く今、若者達からは新たな時代の幕開けを感じます。私伊勢谷も、高校を創っていこうとしていたり、REBIRTH PROJECTも、より多くの企業様の「未来を良くしたい」想いをソーシャルクリエイター、ソーシャルプロデューサーなどの、「社会彫刻家」達を繋げていける組織づくりを頑張ります。


皆さま、これからも一緒に良き未来を作って参りましょう。 

 


 

REBIRTH PROJECT 共同代表 龜石太夏匡

 

REBIRTH PROJECTは創立から10期を迎えることができました。これもひとえに、平素より格別のご高配とご支援を賜りました多くの皆様方と、そして、支えてくれた社員、メンバーの皆様方のおかげだと思っております。この場をお借りしまして、心より御礼を申し上げます。


「人類が地球に生き残るためにどうするべきか」と言う壮大な理念を掲げて、多くのプロジェクトに関わらせていただきました。


これからは、この知見と経験を活かし、希望の持てる未来づくりの一端を担っていけるよう努力を重ねて参ります。


REBIRTH PROJECTは、社団法人リバースプロジェクトを含む5つのグループ会社を束ねて、初心を忘れることなく進んで行きます。


ファッション・アパレルのプロデュースと物販を担う、リバースプロジェクトストア。
愛媛を拠点とし四国の活性化を目指す、リバースプロジェクトトレーディング。
そして、この4月に発表をした、キャッシュレス化の社会を利他的な価値観を持って作っていく、リバースプロジェクトネクスト。


REBIRTH PROJECTが掲げる理念を可視化していくために、役割を明確化し、更に志事・仕事を通して社会貢献に寄与していきたいと思っております。

「素直であること。謙虚であること。公の利益を求めること。
 誰よりも働き責任を持ち継続をさせて行くこと。
 そして、この場に立たせてもらっていることに感謝をし、何よりも人生を楽しむ」

この思いを胸に秘めて、これからの10年を進んで参りたいと思います。
これからも、REBIRTH PROJECTを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

リバースプロジェクトメンバーからのメッセージ#1 大釜翼

リバースプロジェクトメンバーからのメッセージ#2 澤田もえ子


リターンについて

 

今回ご支援いただいた皆様に対しては、

10周年の感謝を込めて様々なリターンをご用意しております。

 

◎皆様にお届け!

・サンキューレター
・VIPカード
*リバースプロジェクトオンラインショップ< http://rebirthproject-store.jp/ >でのお買い物が送料無料に!
*発行日から半年間有効。

 

◎ティザーサイト登録者様限定

・10周年記念癌Tシャツセット

(サイズ:XS/S/M/L/XL)

*事前に専用のティザーサイトに登録した方限定のリターンです。

 

◎今回の【10周年記念プロダクト】「AIRBACK」

・ネックウォレット(ホワイト/ブラック)

・ボディバッグ(ホワイト/ブラック)

・ウエストバッグ(ホワイト/ブラック)

 

◎リバースプロジェクトコース

・RICE475 無農薬・減農薬栽培米 新潟県南魚沼産コシヒカリ (平成30年産新米) 

・WORK4 BANGLA【REBIRTH PROJECT】刺繍ロゴTシャツ

(サイズ:XS/S/M/L/XL)

(カラーバリエーション:ホワイト/ブラック/ネイビー/レッド)

・【現品在庫限り!】D-LIVE トート、クラッチバッグ

・【8月8日追加!】ヨイツギ
全国で200を越えるクラフトブルワリーの中で、オーガニックビールの生産者は数社しかなく、そのうちの1社である、世嬉の一酒造「いわて蔵ビール」とのコレボレーションビール。”想いをつなぎ、酔いをつなぎ、仲間をつなぐ”という意味を込めて『ヨイツギ』がと名付けました。https://www.rebirth-project.jp/yoitsugi/
※20歳以上の方に限ります。
※世嬉の一酒造からの直送となります。

 

・【8月8日追加!】SILMORE
”SILMORE(シルモア)”は、国内で生産される繭を使用したシルク製品ブランドです。繭から生糸になるのは、繭のわずか17%。国産シルクの製糸過程で生じた、残りの83%(きびそ、サナギ等)は捨てられるか、綿などの低付加価値品として流通させるしか方法がなかったものを、タオルや衣類のほか、 シルク由来の保湿成分“フィブロイン”を配合した 石鹸・ボディソープなどの開発に挑戦しています。西日本大洪水のより養蚕業に必要な桑畑も被害に合いました。現在、復興に向けても取り組んでいます。

https://www.rebirth-project.jp/ehime_silk

 

◎京都紋付コース

・京都紋付の染め替えチケット 4,000円分/6,500円分
*発行日から1年間有効。1回のみ利用可能。払い戻し不可。

*染め替え料金はこちらを参照ください。

 

(2018年8月16日17時追記)
京都紋付は2018年10月より、染め替え料金が変更となりますため、今回のご支援者様におかれましては、下記のBプランもしくはCプランでのご案内となります。予めご注意の上、ご支援ください。


Aプラン

【募集を締め切りました】

2018年8月16日17時までに

支援した支援者様のみ対象

Bプラン
2018年9月30日までに

京都紋付の染め替えチケットを使用した方

Cプラン
2018年10月1日以降で

京都紋付の染め替えチケットを使用した方

アイテム別に染め替え

グラム別に染め替え

アイテム別に染め替え

<価格表>
京都紋付アイテム別染め替え料金表(PDF)

<価格表>
京都紋付グラム別染め替え料金表(リンク)

<価格表>
現在準備中

 

 

◎ディアスポラコース(Coming soon!)

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)