こんばんは!リカバリーキャラバン隊の中原さとみです。
今日は、私たちの団体についてご紹介します。

 

リカバリーキャラバン隊とは?
「キャラバン隊」の名の通り、リカバリーを経験したメンバーが講師となって、
全国各地で講演会や就労支援の研修会を行なったり、
大学や専門学校の授業で体験談を話したり、
リカバリーに関する冊子を作ったりしています。

 

ここでいう「リカバリー」とは、単純に精神疾患を治して「回復する」ことではなく、病気とうまく付き合いながら、充実した人生を送るという考え方です。

 

私は普段は精神科病院で精神疾患を持つ方の就労支援を担当していますが、リカバリーの魅力を伝えたいと思い、そこで出会った方々などとともに、2008年頃「リカバリーキャラバン隊」を結成しました。

 

私たちは「リカバリーの蓄積と共有と伝達」ということをコンセプトに活動していますが、今回も出版プロジェクトを通して、就労支援の蓄積と共有と伝達ができたらと考えています。

 

私たちのプロジェクト「Q&Aで理解する就労支援IPS出版プロジェクト」(https://readyfor.jp/projects/recoverycaravan)は、目標金額まで487,000円、残り32日となりました。
【1月14日(水)午後11:00 までです。】

 

どうぞ応援をよろしくお願いします!

中原さとみ


 

新着情報一覧へ