READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「Q&Aで理解する就労支援IPS」出版プロジェクト

中原さとみ(リカバリーキャラバン隊)

中原さとみ(リカバリーキャラバン隊)

「Q&Aで理解する就労支援IPS」出版プロジェクト

支援総額

691,000

目標金額 500,000円

支援者
42人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2015年01月06日 21:03

精神疾患がありながらも充実した人生を過ごすために④あと7日

こんばんは、リカバリーキャラバン隊中原です。

 

私たちリカバリーキャラバン隊がどのような研修を行っているのか
実際に行っている研修を6回シリーズでお伝えしています。


ここでは、第4回目「精神疾患を持ちながらも充実した人生を過ごすために④」をお伝えしていきたいと思います。

 

【咲かない花は無い-岡本さやかさん】
岡本さん 病名はうつ病です。先天性の視覚障害とパニック障害もあります。薬は1日6錠で、5年近く変っていません。 
昔、「障害は神様から選ばれた人にだけ与えられるものだから、障害を持つことで健常者と違う視点からものを見ることが出来、沢山のものを得ることが出来るんだよ」と言われたことがありました。しかしその言葉の意味すら考えることもなく、同情や慰めの言葉なのだろうと思い、また障害を持っていることを、親が悪いとか、人のせいにしたり、自分のコンプレックスにしていました。今はその言葉の意味を考え直し、自分の言葉に出来ています。
病気や障害を持っているために職業を限定され、自分のやりたいこととはかけはなれた仕事をした結果、うつ状態とフラッシュバック、パニック障害もひどくなり、1か月半の入院生活も経験しました。
そしていま沢山のサポーターに支えられて、元々進みたかった医療関係の仕事に就くために、着実に一歩一歩進んでいます。ホームヘルパー2級の資格、ラップ・ファシリテーター(WRAP:「元気回復行動プラン」の場作りの促進者)の資格もとりました。一番大きな目標は精神保健福祉士になることですが、今はラップを家族会などに紹介したり、企業を対象にメンタルヘルス研修を行っています。
私を応援する意味の言葉で、夫から「1、2階の段階でのサポートは友達や知り合いに手を借りなさい。俺は建物の最上階から大きな目と包容力を持って見ているよ。長い時間がかかっても待っているから」と言われました。努力をし続け、彼の待つ最上階に早くたどり着きたいです。
父から言われた「いくら遅咲きの桜でも咲かない桜の花は無い、人の何倍も時間はかかっても努力をしなさい」という言葉を心のお守りにしています。父は執筆業をしていましたが、父もまた精神疾患をもっています。私も執筆をするようになりましたので、原稿に赤を父に入れてもらえる日までがんばります。ありがとうございました。


中原さん ラップという話がありましたが、お話して頂けますか。 


岡本さん アメリカのメアリー・エレン・コープランドさんという躁うつ病の経験者が「病気でも元気でいるために、どのような工夫をしているのだろう」とアンケートを取りました。その結果出来上がったのがラップとなります。ラップの根底にはリカバリーがありウェルネス、元気に焦点をあてたプログラムとなっています。調子のいいときの自分、注意サイン、対処法についてまとめておくと良いでしょう。例えば、コーヒーを飲むとかジョギングするとか、皆さんが毎日のようにしていることの中で、元気の出ることを集めます。
私の「元気の出る道具箱」は、白いインコの「ひな」です。5年前の雛祭りの日に買ってきました。「ひなちゃんは可愛いでしょう」とか「ひなちゃんと遊んで」とか話します。私が「こんにちわ」というと、頭を下げて「こんにちわ」と返ってきます。たまに「こん」で終わってしまうことがあります。頭を下げるインコは珍しいと思うので動画を撮って、テレビの「ナニコレ珍百景」に出して3万円もらって、皆さんにご馳走しようと思っています。

 

参考 新宿家族会勉強会 リカバリーキャラバン隊 リカバリーの物語
精神障害を持ちながらも充実した人生を過ごすために

私たちのプロジェクト「Q&Aで理解する就労支援IPS出版プロジェクト」(https://readyfor.jp/projects/recoverycaravan)は、
目標金額50万円まであと428,000円、あと7日となりました。
【1月14日(水)午後11:00までです。】

障害や疾患を持っていると
その方の長所が覆われてしまいがちですが、
精神疾患を持ちながらも
本来持っている魅力と可能性が活かせるように、
この出版プロジェクトを通して、
皆さんとともに、本人の希望に寄り添いながら
リカバリーを目指した就労支援の方法や輪が広がればと考えています。

どうぞお力添えを賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

*支援方法
まずREADYFOR?にログインするため、アカウントを新規登録してから「Q&Aで理解する就労支援IPS出版プロジェクト」を探して頂き、プロジェクトに参加する形での支援をお願いしています。この場合は、クレジット決済です。
これ以外の支援方法として振込も受け付けております。
<振込先> 三菱東京UFJ銀行
<支店名> 国立
<口座番号> 0083608
<種類> 普通
<口座名義人> リカバリーキャラバン隊
振込の場合は、下記メールまでご連絡下さい。
中原recoverycaravan@gmail.com

一覧に戻る

リターン

3,000

サンクスメール
出版予定の本にプロジェクト協力者としてお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000

サンクスメール
出版予定の本にプロジェクト協力者としてお名前の掲載(希望者のみ)
冊子「精神障害者を雇用できた理由」の送付

支援者
25人
在庫数
制限なし

30,000

サンクスメール
出版予定の本にプロジェクト協力者としてお名前の掲載(希望者のみ)
冊子「精神障害者を雇用できた理由」の送付
冊子「イカす仕事ノート」

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

サンクスメール
出版予定の本にプロジェクト協力者としてお名前の掲載(希望者のみ)
冊子「精神障害者を雇用できた理由」「イカす仕事ノート」「リカバリーポスター」

支援者
2人
在庫数
制限なし

100,000

サンクスメール
出版予定の本にプロジェクト協力者としてお名前の掲載(希望者のみ)
冊子「イカす仕事ノート」「精神障害者を雇用できた理由」「リカバリーポスター」
あなたの地域でキャラバン隊によるリカバリーIPS研修を優先的に行うことができる。
※講師謝金4人分は当団体が用意します

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする