プロジェクト概要

人間が出したゴミを餌と勘違いし、食べて死んでしまうスナメリ。

スナメリが暮らしやすいようにゴミ拾いを行い、命を救いたい!

 

こんにちは。沓名と申します。2001年に不登校の子供達の居場所としてフリースクールを設立し、さらに高校中退・引きこもりの青年達の居場所としてもNPO法人ゆずりは学園を設立しました。

 

ある日、口にビニール袋を詰まらせたままスナメリが死んでいるのを海岸で発見しました。スナメリは小型のイルカで、水深50m以内の浅瀬に生息しており、綺麗な海でしか生息出来ないと言われてます。

 

そのスナメリの死を見て、私は「このままでは三河湾の海の生物達が死んでしまう」と思い、三河湾を綺麗にする事を決心しました。

 

今現在も毎週木曜日にスタッフ達と海岸清掃活動をしていますが、巨大な流木、タイヤ、発砲スチール、プラスチック、ペットボトル、ビン、缶など、実に様々な生活ゴミが海岸に流れて来ています。川から海に流れてゴミが海岸に打ち寄せられています。中には業者に依頼しないと片付け出来ない物があります。

 

昨年は流木35t(ダンプ約50台分)、生活ゴミ4t、粗大ゴミ1.7tの大量のゴミを収集しましたが、ゴミの処理費用や諸経費で掛かる費用もあり、資金が足りません。

 

スナメリの命を救うためにも、三河湾がもっと綺麗な海岸になるためにも皆様にご協力していただければと思います。

 

(ゴミと一緒に打ちあげられたスナメリ )

 

(本来の元気なスナメリ)

 

ゴミが与える海への影響      
 

■海洋生物のプラスチック・ビニール袋の誤飲
大きな一つのゴミは、漂流中に小さく破片となりますが、ゴミの中でも特に多いプラスチックは、小さくなると、回収も難しくなります。更に、細かくなっても自然分解せず、エサと間違えて誤飲してしまう事があります。海洋生物がエサかどうか区別できれば良いのですが、残念ながら出来ない事が殆どです。
ビニール袋も自然分解せず漂流する為、エサとの区別がつきにくく、誤飲するケースもあります。
 

■船舶の漂流物との衝突
漂流物が原因で船が沈没する事もあります。その他、景観の悪化や漁業への悪影響もあり、大きな問題となっております。また、ゴミの処理費用も掛かる為、清掃活動の足かせになっているのも事実です。

 

 

ゴミ拾いで救える命がある。

 

台風の後の海岸は膨大なゴミが道路にまで乗り越えてくることがあります。伊勢湾、三河湾に3300頭確認されているスナメリは生活ゴミに大きく影響され、時々スナメリの赤ちゃんが死んでいます。

 

海岸のゴミは片付けないと再び海に流れていき、また多くの海の生物を殺します。地道な活動を続けてスナメリの命を、海の生物を守りたいと思います。

 

この10年間、毎週木曜日にはスタッフ達、子供達と海岸清掃活動をしています。また台風シーズンの10月には近隣の企業、地域市民団体の協力もあるようになり、昨年の海岸清掃には約1000人 の人々が清掃活動に参加しました。
今年も10月4日、5日を計画しています。

 

(海岸清掃の様子)

痛感した「ボランティア」精神

 

海岸清掃活動を続ける中で、非常に感謝すべき事は「ボランティア」でした。
先述の約1,000名の大規模清掃活動はなかなか出来る事ではありません。しかし、ボランティアによってこれだけの人数が集まり、海岸清掃を一生懸命行って頂きました。特に地元企業や近隣住民の皆様が一丸となってご協力頂き、実現できたと思います。しかも、一度だけではなく、継続して大規模海岸清掃が出来ているのです。今年で6回目を迎えます。


これだけボランティアで参加して頂くとは思ってもみなかった為、参加・協力頂いた方々には特に感謝しており、今後の励みにも繋がっております。今後も継続する事で、この活動が習慣化し、文化になっていくと考えております。

 

(三河湾の1,000人のゴミ拾いの様子)

 

(ゆずりはの森 海から100mの里山)

 

(清掃前:海水浴場での海岸清掃の様子)

 

(清掃後:海水浴場での海岸清掃の様子)

 

引換券について

 

◎10,000円の引換券

オリジナルポストカードセット(5枚入り)

 

◎30,000円の引換券

オリジナルポストカードセット(5枚入り)
特製オリジナルポストカード(額入り)

 

◎50,000円の引換券

オリジナルポストカードセット(5枚入り)
特製オリジナルポストカード(額入り)
シルク版画25cm×35cm(額入り)

 

 

 

もうひとつの家族 ドアのない部屋から

2006年6月発行
沓名智彦・和子著       
『もうひとつの家族 ドアのない部屋から』

 

2013年2月発行

沓名智彦・和子著       

『異空間のドアを開けて』 ~発達障害対応マニュアル~