プロジェクト概要

5*SEASONりんごの「新・昭和歌謡」を多くの方に届けるコンサートを

2017年3月25日(予定) 奈良市内のホールにて開催!

 

はじめまして。歌うパステル画家・5*SEASON(ファイブシーズン)です。昭和の時代に主流だった歌謡曲をベースにしたオリジナル曲を歌っています。頭にりんごを乗せていることから通称は「りんご」です。いわゆる「昭和歌謡」と言われている音楽ジャンルで、最近のリズム主体のJ-POPにはない親しみやすさとキャッチーな曲調が特徴です。老若男女を問わず、オール世代で歌えるジャンルですが、「昭和歌謡」を作れる人間の高齢化が進み、他界していることなどが原因で、現在は衰退を辿っている現状を残念に思っています。

 

私は、昭和歌謡の灯を絶やさぬよう、頭にりんごを乗せて歌ったり、POPS系のライブハウスで活動したりと、あの手この手のアイデアで活動しています。そして今、「新・昭和歌謡」を世の中に発信するため、2017年3月25日(予定)に5*SEASON の300人コンサートを奈良市内のホールにて開催することを目標にしています。

 

大人から子どもまで、家族全員で歌えるのが「昭和歌謡」の魅力です。次世代に歌い継がれる日本のメロディーを残すために、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いします。

現在在住の奈良町にて。
いつも頭にりんごが乗っています。

 

『りんごりんごりんご』オール世代が歌える楽しい曲

[SPARK BOX WEDNESDAY] りんごりんごりんご

 

過ぎ去った時代を後世に伝える昭和歌謡。

それが、衰退の一途をたどっています。

 

昨今、国民ソングという存在が音楽界から消えてしまいました。「今年の1曲」という存在がなくなってしまったのは、人と人とのつながりを希薄にしてしまったと考えています。若い音楽ファンが好むポップス系と、年配者が好む演歌・歌謡曲との間には深い河が流れています。それはそのまま社会にも置き換えられるのではないでしょうか。若者とお年寄りが交流する地域活動や場所が減ってしまった事実と、国民ソングが消えてしまった音楽界は重なります。例えば美空ひばりさんが歌われた『川の流れのように』は紛れもない国民ソング、今も歌い継がれています。流行したその時代に生まれてなかった若者でも知っている名曲です。

 

過ぎ去った時代を後世に伝える、という意味で歌はその大きな役割を担っているはずです。メロディアスな「昭和歌謡」にはそんな力がありますし、国民ソングになり得る音楽ジャンルといえるのではないでしょうか。

 

デビューアルバム『小夜曲』
アートワークも5*SEASONの手によるもの。

 

昭和歌謡の舟木一夫さんのコンサートへ勉強のためにと行った時のことです。舟木さんが「昭和歌謡」について語られたことが心に響きました。「日本の国の、日本語の言葉を美しく乗せた楽曲が乏しくなったのは寂しい。このジャンルを後世に伝えることは私たち歌い手の任務だ。」

 

演歌というジャンルについてはある一定のファン層に支えられていると思いますが、昭和の時代に流行したポピュラーな「昭和歌謡」はあまり耳にしなくなりました。耳に残るメロディーと歌詞、そして「私も歌える曲」というのが求められていると思うんです。現在主流のJ-POPやR&Bは「聴く専門の曲」ではないでしょうか。音域が広く、リズムも複雑なものが多いように感じますし、歌えるのは それなりにトレーニングを積んだ人間ではないでしょうか。大人から子どもまで、おじいちゃん、おばあちゃんも歌える、家族全員で歌える、それが「昭和歌謡」の魅力。私は日本人のDNAを呼び覚ますような楽曲だと考えています。残していきたいですね、次世代に歌い継がれる日本のメロディー。

 

デビュー公演
デビュー公演の写真(2014年)
この時はまだ頭にりんごは乗っていませんでした☆
「いつでもりんご」の今からすると貴重な一枚です。

 

 

5*SEASONりんごの世界をお楽しみあれ!

坂本龍一さんのデモテープオーディションで5度入選しました。

 

ひとくちに「昭和歌謡」といってもその内容は多岐にわたり、フォーク、ムード歌謡、演歌、ロック調、アイドル歌謡、童謡など様々です。「純情レコード」が取り組んでいる音楽の世界はオールジャンルを包括しており、私のアルバムでもライブでも聴き手を飽きさせないプログラムを組んでいます。また、私のライブ時には多くの場合、バック伴奏を生演奏でお願いすることが多いのも特色のひとつとなっています。ピアノ、ギター、パーカッション、アコーディオンetc…。

 

音楽をイメージした5*SEASONのパステル画
『水辺』

 

「純情レコード」所属の私、5*SEASONはこれまで、ライブハウス等のポップス系のミュージシャンが活動する場でライブ活動を行ってきました。ライブハウスに集まる音楽ファンにも、私が歌う「昭和歌謡」の世界を知ってほしいからです。新たな層を開拓するべく、奈良を中心にゲリラ的に路上ライブを行ったり、毎月第3火曜の夜、「りんごナイト」という企画ライブを奈良のAcoustic Live Bar Billyさんで開催したりと、ポップス系のつながりを増やすことに努めてきました。若い音楽ファンに聴いてもらうことで「昭和歌謡」の魅力を広げていきたいと思ったからです。

 

デビュー1周年記念ライブの様子。奈良町のライブ&バー「蔵武D」にて。

 

以下は、『RADIO SAKAMOTO』という坂本龍一さんのデモテープオーディション・コーナーで初めて入選した時の番組音声です。雷に打たれたように衝撃を受けましたっ! 楽曲はオリジナルから『パールシティに乾杯』。

 

坂本龍一教授のオーディションで優秀作品になったよ

 

にわかに信じられないけれど本当のことなんです。その後も入選を重ね、現在は5回入選となっています。

 

「これは好き…ですね。僕は歌詞は残らない人で、もっとね、ちゃんと詞を聞きなさいよ、と言われるんですが、この人(りんご)のは残りますねぇ。」

(坂本龍一さん:ラジオ番組『RADIO SAKAMOTO』デモテープオーディションにて楽曲『明日へ羽ばたこう』についてコメント)

 

 

みんなでつくる300人コンサート!

 

昭和歌謡を次世代に歌い継がれるものにするため、私と「純情レコード」の代表・水無月純氏は5*SEASONの「300人コンサート」の実現を強く思うに至りました。コンサートの実現に付随して、私の楽曲をアピールするためのニューアルバムCD『りんごの季節』の製作にも着手したいと思います。『りんごの季節』のアートワークはもちろん、パステル画家でもある私5*SEASONが担当します。

 

私が歌う楽曲の中で『りんごりんごりんご』という曲は、とりわけオール世代が歌える楽しいものです。一度でも聴いたなら、多くの人は虜になってしまう魔法の1曲なんです。私は大それたことに、この曲を国民ソングにできたら…なんて願いを持っています。まずはささやかながらも、300人収容の奈良市内のホールでコンサートを催し、叶うなら満席にしたい。そのためにもミニアルバム『りんごの季節』を製作し、私たちの世界を可能な限りたくさんの人に聴いてほしいのです。

 

「5*SEASONのライブはいつも楽しい」、そんな声をよく頂戴します。300人コンサートではもっと楽しさがアップするでしょう。みなさんと一緒につくっていくコンサートですから♪

 

毎月第3歌謡の夜の5*SEASON企画ライブ「りんごナイト」。多ジャンルの音楽ファンが集う。

 

 

 

5*SEASONの飛躍に留まらない、

「日本の歌」が脚光をあびるための新たなチャレンジなのです

 

老若男女を問わない「夢」を社会に与えること、それは音楽が持っている本来の力ではないでしょうか。「もしかしたら、私5*SEASONにはそういった魅力があるのかもしれない」と、これまで私は応援してくださる方々から折に触れて感じてきました。

 

今回のプロジェクトは私5*SEASONだけではなく、「純情レコード」が発信する「ニュー歌謡曲」の飛躍、そしてメロディアスな「日本の歌」が脚光をあびるための新たなチャレンジといえます。これまで私と一緒に「りんごりんごりんご〜♪」と歌ったことのある方はもちろん、ネットでこのプロジェクトを知った方にも、往年の歌謡曲ファンの方にも、ワクワクしていただけたら嬉しいです。

 

昭和歌謡でちょっぴり世の中が元気になる!300人コンサート実現のためにどうか応援をよろしくお願いいたします。

 

デビュー2周年コンサートより。
奈良町「音声館」にて熱唱の5*SEASONりんご。

 

コンサート概要​:

開催予定日:2017年3月25日(予定)

場所:奈良市内のホール

主催:純情レコード

参加予定数:300人

 5*SEASON HP:  www5a.biglobe.ne.jp/~season5 

 

*アカウント作成が難しい場合は、私の口座にお振込みいただけます。皆様の想いが乗ったご支援を私がページに反映させます。

https://readyfor.jp/projects/ringo3/announcements/45400

 

「夢のコンサート資金使途」:
https://readyfor.jp/projects/ringo3/announcements/45309

・CD制作費

・グッズ制作費

・印刷代

・コンサート開催費用 など


 


最新の新着情報