プロジェクト概要

【▶ ENGLISH 】

 

EXILEのUSAさん推薦!孤独な心にそっと寄り添う存在でありたいのが願い。海外でも評価の高いロネとジージの日本公演に力を!

 

はじめまして!私たちは、日本で唯一の劇場クラウン劇団Japan Clown Company ”OPEN SESAME"のロネ&ジージです。今回、日本では誰も行っていないクラウン(道化師)による劇場公演を行いたいと思っています。一見、演者だけがいればいい、と思われることの多いクラウンのステージですが、実際には、バレエや歌舞伎と同じように照明や音響をはじめテクニカルな部分が担う効果が必須です。

 

お蔭様で目標額は達成しましたが、クラウドファンディング達成のために、目標金額を下げてしまっていた関係で、まだ照明や音響などのシステムにかかる費用が35万円足りません。ステージ開催のために、引き続きぜひご支援いただけないでしょうか?

 

(今回は有名な童話「はだかの王様」のステージをおこないます!)

 

 

クラウンとは、道化師・ピエロのこと。高度な技術が必要な職業です。

 

一言で言うと、クラウンとは道化師、道化役者です。世界で1番有名なクラウンだと言われている「チャップリン」の名前は、聞いたことがある人が大勢いるかと思います。このヨーロッパ発祥の「クラウン」という芸術分野は、高度な身体的技術が要求されます。

 

というのも海外ではクラウンの学校は予備レッスンの期間を入れて4~6年かかるのが一般的。一見、誰にでもすぐにできそうなお手軽なように見えて実は、本当は基本的な技術を修得するだけでも、一人前になるのにとても時間がかかる職業なのです。

 

(難しいスキル故にクラウンスクールに通う人は真剣な眼差し)

 

 

人生にちょっぴり疲れているような方に、笑顔を届けたい

 

私たちがクラウンの道を進む出発点となったのは、1991年のクリスマスに、多摩の少年院でやった公演です。少年たちが笑ってくれて「もっと早く会いたかった」「感動した」という声を聞いて、きっとどこかに自分たちの作る笑いを必要としている人がいると思い、今日まで活動を続けてきました。

 

チャップリンは「人間にはどんな状況も笑いとばせる才能がある」といっています。誰もが何かしら、心の屈託をもっているもの・・。日常の憂さをひと時でも忘れて、わくわくとした時間を過ごしてもらえる機会をつくるためにも、ぜひご支援いただければと思います。

 

 

 

海外で実績を残してもまだまだ日本では注目されていないクラウン文化

 

ロネ&ジージの作品は、演じていることを感じさせない演技が共感を呼び、見ている人の口元を緩ませ、ときには息もできないくらいに笑わせたり、おかしいのに涙が流れてしまったり、しゃべらないのにセリフが聴こえているような錯覚を起こさせるなど、強烈な演劇性を持ちます。

 

とはいえクラウン文化のない日本での観客動員はなかなか伸びない中で、海外でのタイトルを獲れば、日本でもクラウン文化自体が注目されるようになるかもしれないと考えて、3年連続で下記の賞を取るほど活動をおこないました。


・2002年 クラウンズ・インターナショナル(イギリス)最優秀クラウン賞
・2003年 モンテカルロ国際クラウン・フェスティバル第二位銀賞、
・2004年 ポートランド・コメディ・フェスティバル(アメリカ)第一位

      観客が選ぶベスト・クラウン賞のダブル受賞

 

(山口県和木町でおこなったロネジジショーの様子)

 

 

最近少しずつメディアにも!EXILEとも共演!

 

表彰式には各国のメディアが来ていたのですが、クラウンのコンクールで日本人が入賞したと連絡が入っても、クラウン文化のない日本では、審査委員長のモナコのステファニー王女とのツーショットはメディアに出ることはありませんでした。

 

しかしようやく、少しづつではありますが、時間をかけてご自分の地域にクラウンを紹介してくださったり、グループで公演を見に来てくださったりというアクティブな動きが出てき始めてきています。今年の7月には、NHKのEテレ、エグザイルの「ダンスアカデミー」にも出演!

 

EXILEのUSAさんからも、以下のメッセージをいただきました!


「見れば必ず笑顔になるロネ&ジージのパフォーマンスが大好きです!僕がやっている番組にも出演していただき、子どもたちも大喜びでした。笑顔で世界が繋がりますように。僕もダンスで笑顔を繋げていけるように頑張ります。LOVE&PEACE」

 

(「クラウンから言葉を使わないで表現する」を学ぼう)

 

 

「はだかの王様」のステージをおこなうためにもご支援お願い致します。

 

EXILE USAさんに続き、「現代俳句協会理事」の  石寒太さんからも下記の推薦メッセージをいただきました!

 

「沈黙は無限で深い物語を展開。満を持して4年ぶりに演ずるロネとジージの劇場版新作舞台「はだかの王様」は、一瞬も目を離すことが出来ないほど、観客を魅了してやまない。ぜひすべての人にこの名演技を観て欲しい。」

 

そんなロネとジージは今回、有名な童話「はだかの王様」に想を得て、クラウニングと呼ばれるコミカルな演技や、イリュージョン、マジック、サーカスのようなパフォーマンスをとりいれた、日本には今までなかったスタイルの体験型ステージを実施します。

 

劇場作品を作るには、テクニカル・アーティストを含めたいろいろな立場のスタッフ、舞台の進行を支えるクルー、客席やロビーでお客さまの対応をするスタッフなど、多くの人の力の協力が必要です。ロネとジージも脚本の企画から、舞台美術、道具や衣装なども半年以上かけて準備します。


しかし、公演の入場料だけでは、すべての経費を賄うことができません。そこで、チケット収入を差し引いた、テクニカル機材の費用、会場費、音響費などの一部をご支援していただければ本当にうれしく思います。公演も、ぜひ観にいらしてください。応援よろしくお願いいたします。

 

 

(5分でわかるロネ&ジージ)

 

 

===【公演情報】===


●タイトル:ロネ&ジージ クラウンのいる風景「はだかの王様」
●会場:ウッディーシアター中目黒。
●日程:9月26日(金)27日(土)28日(日)の 3日間、全4ステージ
●チケット:全席指定 前売り:5000円、当日券:5555円
   料金はいずれも税別

   お子様も同一料金(未就学児はご遠慮ください) 
   ※1回の入場は85人

 

============

 

 

 

引換券について

ご支援いただいた皆さまには下記の引換券をお送りいたします。

 

■サンクスレター

おひとり、おひとりにお礼の気持ちを込めたお手紙カードをお送りいたします。

 

■DVD「思い出のカケラ」をプレゼント。

ロネとジージの代表作のひとつです。汚職の疑いをかけられて死に場所を求める代議士と浮浪者が街の路地裏で出会う、一夜の物語。前を向いて頑張っていくしかできない不器用な人生への応援歌になっています。

 

■ロネとジージのトークショーにご招待

素顔のロネとジージに会える。普段の会話も面白い!

大学の講師をしていたロネのとってもためになる話も聞けます。

ペアでご招待いたします。年内に開催予定です。

 

■DVD2枚セットをプレゼント。

「ビッグイヤーズ・ショー」・・どーもくんワールド、うたっておどろんぱなど、テレビでも好評のロネ&ジージのショー。子供も大人も必ず笑っちゃう!国際フェスティバルで賞をとりまくった、ロネ&ジージのもうひとつの顔。

 

「おかしなやつら」・・ロネとジージの短編集がギュッと濃縮されたDVD。

 

■ライブショーに特別ご招待・・劇場ではなく、アットホームな小さな会場で行うおしゃれな大人のための絵本のようなコメディ・ショー(ペアでご招待)

 

■ロネとジージの出張パフォーマンス(30分)

関東圏でのみのご提供になります。お誕生会、結婚式、イベント等にお呼びいただければと思います。

 

本公演の情報は下記でご覧いただけます。

http://rg.op-sesame.com/archives/1462


最新の新着情報