プロジェクト概要

様々な人が自信をもって生きていく
手助けになるようなパレードを目指して

熊本レインボーパレードで堂々と歩こう!

 

はじめまして!斎藤忠明と申します。僕は地元の熊本に生まれ住んで今年で38歳になりますが、ゲイとして生きてきたのはおよそ20年間。高校卒業するころにカムアウトし始めたので、「本当の自分」として生きているのは現在の人生で言うと半分だけです。

 

カムアウトしていなかった前半では拒否されることを恐れるあまり、「本当の自分」を隠してとして生きてきました。幸いにも僕は人生の半分だけで済んでいますが、世の中にはずっと「本当の自分」を出せずに苦しんでいる人達がいます。

 

自分のセクシュアリティが人と違うからだという理由で「本当の自分」の人生を歩めない人が、この地元・熊本にもいるはずです。そんな人たちにも堂々と胸を張って大通りを歩ける機会として、今年2018年4月に2回目となる、くまもとレインボーパレードを企画しています。

 

既に見込みで100人以上の参加者(中高年の方もいれば、外国人の方や障がいのある方などさまざま)がいらっしゃいます。パレードを安全に運営し、またパレード終了後は、幅広い人たちが交流できる場を用意したいと思っています。グッズの用意やボランティアスタッフにも少なからず謝礼をお支払いしたい。そのために今回、初めてクラウドファンディングへの挑戦を決意しました。

 

1年に1度しかない、でも熊本では大切なイベント。来年も、再来年も続けていくために。どうかみなさんのお力を貸してください!

 

熊本一番のメインストリートを堂々と歩くみんな

 

本当に多様な集まりに

 

 

東京では昨年約10万人が参加
どんどんメジャーになってきたレインボーパレード
熊本にもそんな機会を待ち望んでいる人が
大勢いるはず!

 

2016年の一回目パレードの時に「熊本でパレードができるなんて信じられない」と思っていた人も少なくはなく、蓋を開けるまで人が集まるか半信半疑でした。しかしなんと、当日実際に集まった人数は200人以上!当初の予想より上回った人数でした。とても楽しみにしていた人たちがいたんだと実感しました。

 

終了後聞こえてきたのは「楽しかった」「またやってほしい」。ポジティブな声がたくさんありました。

 

ただ、楽しかったパレードだけど、一人で参加しに来て、マスクやサングラスで顔を隠して参加している人が、何人もいて、終わった後に「あの子たちはどうしてるかな」と思うこともありました。


2017年の開催は断念したのですが、熱い要望が聞こえてきて、それならばやってみよう!ということで今年二回目の企画に至りました。その根底には何より、顔を隠しっぱなしだったあの子たちに会いたかったのです。

 

それぞれの想いを手に持つうちわに込めて

 

2016年の一回目の参加者のコメントをご紹介します。

熊本や九州にいる当事者全員の意識を変えることは出来ませんが、こんな人たちが一人でも増えてほしい。そう願ってやみません。

 

☆パレードのおかげで友達ができ、自分を隠さずに楽しく話せる人が少しずつ増えてきた

 

☆職場での衣服悩んでいたが、他の人の目を気にするよりも、思い切って自分の着たい服を選ぶことができた。

 

☆多様な性のありかたを知ってもらいたい。自分はXまたはQという、一般的にはあまり知られていない心の性を持っているが、そういう性があることも知ってもらいたい。

 

☆前回のパレード中に、沿道のお店や、二階からも手を振ってくれて本当にうれしかった。そんな触れ合いをもう一度体験したいし、未体験の人に経験してほしいと思った。

 

☆偶然アーケードに居合わせた数人の友人が、声援と共にでハグまでしてくれて、歩けない人の代わりに歩いている使命のようなものも感じることができた。

 

好きなもんが好きってたいぎゃ言いたいばい!
自信を持って、さるきましょ♪

 

パレード後・白川公園にて

 

前回代表・実行委員の集合写真

 

 

リターンと資金使途

 

今回のプロジェクトでは、第二回くまもとレインボーパレードを開催し、その後の交流会でさらなるお互いの絆を深められればと考えています。

 

皆様からいただいた貴重なご支援は、パレード開催にかかる諸経費及びグッズ作成、そして交流会を開催する費用への30万円として、大切に使用させていただきます。

 

パレード後のイベントでは、LGBT当事者の繋がりも大事ですが、当事者以外の繋がりや、またパレードだけで終わってしまうのではなく、参加者同士で交流を深めることで、「あの子どうしてるかな」と心配しなくていい絆を作ろうと考えています。

 

パレード想定ルート(仮)

・辛島公園~新市街アーケード~下通アーケード~上通アーケード~白川公園

 

パレードで練り歩くルート(仮)です!

 

交流会の想定内容

・写真撮影会

・トークショー(代表・斎藤と、ゲストで座談。ゲストはお楽しみに!)

・参加者スピーチ

・希望する当事者への簡易結婚式(スタッフに牧師ができる人がいます!)

 

グッズの特徴と製作者の想い

●バッジ

「色とりどりの雲のように、みんな十人十色です。たくさんの人がお互いを認め合えますようにという思いを込めています。」by きょん(キャラクターデザイン)

 

つけていただいたみなさんが、雲のように自由で明るくいられますように。

 

 

●Tシャツ

「最初はインスピレーションで書いたものをいくつか渡しました。そのうえで、スタッフのみなさんにご覧いただいて、選んでいただきました。矢印は、みんなが伸び伸びと色んな方向に進んでいけるように僕自身当事者なのですが、自由に進みたいという気持ちが根底にあったのかもしれません。色は個性の様々を現すLGBTのレインボーを使わせてもらいました。渡したものの中でも気に入ってるデザインでしたので、嬉しかったです♪」By Opera(原案)

 

 

グッズなしのコース(寄付コース)

ありがたいことに、「グッズはいらないから、1円でも多くの額を運営費に回してほしい!」というお声を少なからずいただきました。リターン一覧に「★」マークがついているコースは“寄付コース”としてお選びいただけます。

 

他にも「リターンについて分からないことがある。」、「こんなリターンもあったほうが嬉しいかも!」というご要望があれば、運営メンバーに直接お問い合わせいただくか、斎藤のプロフィールページからReadyfor経由でメッセージをお送りくださいね!♪

 

 

今後のビジョン

 

楽しいパレードと交流会をきちんと開催、成功させることで、熊本に住む当事者が自信をもって暮らせるきっかけを作りたいと思っています。

 

パレードに参加することで、街中を堂々と歩くことで、自信を持つきっかけになります。交流会で交流を持つことで、悩みを分かち合えると思います。


そして、色んな人が熊本にもいるんだよというメッセージにもなります。マイノリティの人たちの元気な足音が、熊本をよりよい街に変えていくことを願って開催しようと思います。

 

 

誰もが自分の生き方を「楽しい!」と
言えるようになる社会を作る

そのために「継続的なイベント」を。
どうかみなさんのお力を貸してください。
よろしくお願いいたします!

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)