READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

一家族から写す中国朝鮮民族の「今」。映画『血筋』劇場公開へ

一家族から写す中国朝鮮民族の「今」。映画『血筋』劇場公開へ

支援総額

310,000

目標金額 1,000,000円

支援者
25人
募集終了日
2019年11月12日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2019年10月18日 15:36

③【僕らは幸せの缶詰売り≪山賀博之さん≫】(残㉕日)

 

 

 

二回目は山賀博之さんにインタビュー。

大ヒットアニメ『エヴァンゲリオン』で知られる、アニメ会社GAINAXの代表取締役社長で、映画監督・脚本家・演出家である。

 

僕たちの出会いは、山賀さんが僕のバイト先を偶然訪れたことがきっかけだ。ご縁あって『ソクラテス』という酒場で山賀さんと飲みながら、雑談していたことがきっかけでこの映画製作が始まった。(『ソクラテス』はいつも魔術的な確率で何かを引き寄せる。)

 

 

 

作品との関わりから、ひいては「映画を作る」ということについて伺った。

 

 

(写真)山賀さん。コスプレの意味は特に無い。

 

 

酒場での雑談から始まったこの作品が遂に劇場公開目前となりました。一部始終を見ていてどう思いました?

 

 

 「面白い被写体がいて、撮ったら映画になると思うんですよ」って撮りに行って、実際その通りになったのは凄いなと思った。

 持って来たラッシュ¹を観たら本当に面白いんだよね。登場人物全員—『父』、『叔父』、『酒場のオジサン』ー全員が面白い。普通そういうケースってあまり無いよね。

 

 もちろんあなたの運やセンスという’’調味料’’も入ってるんだろうけど、普通の人を普通に撮っているだけで面白いというのは予想外だった。世の中って意外と面白いかもしれない…そんな発見があった。

 

 俺はアニメ屋で、アニメは何も無いところに一から何かを作る作業だから、余計にそう思った。

 

¹ラッシュ:編集前のテープのこと

 

〇作品に関して言えば被写体には本当に恵まれてたと思います。運が良かった。でも人間って誰でもじっと眺めていると、わりと面白いものなんです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を作ること、生きること。

 

 

 映画を作る人って大半が映画好きで自分も「映画ごっこ」を楽しみたいから作る。でも俺は一緒に「映画ごっこ」を楽しめない。

 

 自分にとって映画を作ることは、「現実」と自分で拵えた「虚構」が、生きてることとリンクしてることなんだよ。結果的にそれがお金を生んだり、世の中を変えたり、人に影響を与えたりしてるけど、それは息をしているような自然な流れの延長上にあるもので、意図的になってしまうとつまらなくなる。

 

 

 

うーん…(どういうこと??)

 

 「映画ごっこ」は、生きていることと映画を作ることが分離しているように見える。他人が拵えた「虚構」に自分を合わせに行ってる。例えば黒澤明に憧れてその残影をずっと追って映画を作ってるみたいな…その心情を理解しようとしたけど出来なかった。

 一緒になって普通の事を普通に楽しめないかなと試みたりして、普通に憧れたりしたけれど、自分には結局無理だった。でもそれを楽しめる人が圧倒的多数ではある。


 

 

制作当初から『血筋』に関しては絶対的な「確信」がありました。それが「映画ごっこ」かどうかはわかりませんが。

 

 その「確信」だよ。映画のために生きるのか、生きてるから映画があるのか、わからない状態。「確信」という現実ど真ん中の事実が「虚構」という作りものになる、絶対いける!と思ったのは、まさに「現実」と「虚構」がリンクしてるということだよ。


 

 「虚構」って自分の「我」の現れであり、「現実」もまた自分だけれど外からの刺激でもある。これが一致するというのはある種の宗教的な世界であって、ニルヴァーナのような喜びだよね。人ってどこかで現実と(理想的な)妄想が一致してほしいなあって思うじゃない?


 

ただ継続は難しいかもしれないですね。

 

 そこだよね。意識って時空の連続体でしか捉えられない。要するに空間と時間の連続性の中に因果があって、意識によって認識し評価していくわけだけど、それは時間進行を伴う。でももしも幸福が一瞬一瞬の内にあるなら、意識によって幸福を認識することは一生できない。何故なら意識は一瞬をゆるさないからね。

(写真)図解するとこういう感じかな。

 

 

 

 

 

「確信」について確信が持てなくなるということですね(笑)。よくあります。不確かな手ごたえもありつつ、幻を見たような気持ちもある。

 

 もしつい昨日は幻を見たならば、今日はどうなんだ?ってなるよね。例えば10年前、ある一瞬凄く幸福に感じたなら、じゃ今までの10年間はどうだったんだ? 幸福じゃなかったのか?って話になる。

 幸福…あるいは幸福であるかどうかさえ定義づけ出来ない類のもの、涅槃のような世界が、もしもあるのだとしたら、生きることはそのマッチングなのか、或いは全体のバランスをとることなのか…? 多分死ぬまでずっと考えていくことだろうね。

 

 一瞬の幸福を、連続体である意識で捉えようとすると、それは矛盾した作業であるからどうしても宗教的になってしまう。でも宗教的な表現を使わず表現するんだとしたら、やっぱり「映画を作る」という言葉に集約されると思う。


 

 お客さんも同じじゃないかな? あなたが得た「確信」をお客さんも体験してみたいんだよ。他人が作ってる作品ってどこかそのエキスが凝縮されていて、自分の現実とは違うからこそ現実から離れてよりピュアに味わえる。

 映画に限らず創作物全般がそうだと思うよ。だからみんな作品にお金を払う。悩みはみな同じで、現実と想像の自分との相性の悪さに苦しんでいる。作品を体験することで相性の悪さの回避を期待してる。「ハイ」ってお金さえ渡せば、凄く単純化された缶詰状態の「確信」、つまり映画『血筋』を観れるわけだからね。


 

それもまた「一瞬」のうちに消えてしまうわけだけど…。

 

そうだね。中毒性があるよね(笑)。

 

 

書いたものを読み返したが、あまりにも難しいなあと思った。

わかりやすく書いたつもりではあるが、抽象的すぎるテーマなので限界があった。

そこで僕なりに全体を物語にしてみた。

言葉で語れない論理は、いっそのこと物語にしてしまうのに限る。

.

.

.

僕は「幸せ」の缶詰売りだ。

 

「幸せ」を見つけてきては、食べやすくカットし、手に取りやすいように缶詰にしてはあなたの前に提供する。

 だが加工されたそれはあまりにも繊細で儚いので、缶切りでギコギコと開け始めたときから、少しずつ蒸発して無くなってしまう

だから急いで食べなくてはならない。皿に盛り付けているひまなどないのだ。

 

 

 満を持してあなたはそれを口へ運ぶ。だが「幸せ」はあなたに噛みしめる隙さえ与えない。味覚で味わう前に風味となってしまい、食べたかどうかさえ疑うくらい仄かな香りが残るばかりである。

香りを反芻しようとすればするほど、忘却という濁流を前に無力さを感じる。

 

「果たして今のは『幸せ』だったのか? じゃなければ一体何だったんだ?」

 

苛立ちと落胆と共に、あなたはふと思い出す。

あぁ…「幸せ」とは確かにそんなものだったかもしれないなあ…と。

 

 

 

そんな缶詰を提供できれば本望です。

 

 

 

文・インタビュー・物語:角田龍一

一覧に戻る

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

エンドロールにクレジット

・エンドロールにクレジット
※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。


支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

上映招待券1枚+エンドロールにクレジット

・上映招待券1枚

開催予定地域:名古屋・東京・新潟・大阪
※開催地域は変動する場合があります

公開予定時期:2020年春以降

※ご希望の会場の日程に合わせて、チケットを送付します

・エンドロールにクレジット
※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

上映招待券2枚+エンドロールにクレジット

・上映招待券2枚

開催予定地域:名古屋・東京・新潟・大阪
※開催地域は変動する場合があります

公開予定時期:2020年春以降

※ご希望の会場の日程に合わせて、チケットを送付します

・エンドロールにクレジット
※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

上映招待券2枚+エンドロールにクレジット+ポスター(非売品)

・上映招待券2枚

開催予定地域:名古屋・東京・新潟・大阪
※開催地域は変動する場合があります

公開予定時期:2020年春以降

※ご希望の会場の日程に合わせて、チケットを送付します

・エンドロールにクレジット
※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

・ポスター(非売品)1枚

支援者
1人
在庫数
14
発送予定
2020年5月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

特別試写会招待+エンドロールにクレジット

・特別試写会招待券1枚
メディア向けに行う特別試写会にご招待します

開催予定場所:東京
開催日:2020年1月以降

※開催日は決まり次第お知らせします
※上映日に合わせてチケットを送付します

・エンドロールにクレジット
※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2020年5月

200,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

出前上映開催

・出前上映開催
出張可能地域:日本国内

※出張にかかる交通費・宿泊費はこちらで負担します
※その他、開催にかかる会場費は別途ご負担ください

※有効期限:1年

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2020年5月

1,000,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

こちらのコースご支援で劇場上映が確定します

こちらのコースをご支援いただくことで、劇場公演が確定します

・エンドロールにクレジット(大きく表示/ロゴも可)

※ご支援時にご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

※ロゴは達成後にご提出をお願いします

支援者
0人
在庫数
1
発送予定
2020年5月

プロジェクトの相談をする