プロジェクト概要

 

 北海道から、Vリーグ参戦を目指します!

 

初めまして、「Safilva(サフィルバ)北海道」バレーボールチームです。私たちはこれまで、「バレーボール大好きを増やす」「バレーボール熱を上げる」という理念のもと、幅広い世代やハンディキャップの有無に関わらず、生涯にわたってスポーツを「する・みる・ささえる」環境を作ってきました。

 

このたび、本格的に「北海道からのVリーグ(プロリーグ)参入」を目指したチームづくりをしていきたい!と考え、プロジェクトを立ち上げました。

 

プロリーグを目指すには、これまで行ってきた「育成」に加え、選手層の「強化」が必須です。そのためには、スカウティングはもちろん、練習回数を増やす、合宿や遠征を行うなど、今まで以上にチーム運営に経費がかかります。1年間で800万円ほどが必要になる計算ですが、今回はその一部を集めるため、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。

 

多くの方に、北海道のバレーボール界の現状を知っていただき、これからのSafilvaを応援していただくきっかけになればと考えています。どうか、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2017年本格始動に向けて!

 

 北海道は、バレーの競技人口は多いのに、トップ選手のプレーを見られる機会がほとんどありません。

 

Safilva北海道は、もともと地域密着型の総合スポーツクラブとして、2013年に誕生しました。バレーボール部門が設立されたのは2016年4月です。

 

プロ野球、Jリーグ、Bリーグ(バスケットボール)、Fリーグ(フットサル)、そしてVリーグ。いまや主要な団体スポーツにはいずれもプロリーグが存在し、全国各地で地元チームが活躍しています。子どもたちはそんなプロの試合を間近に見て、憧れ、未来の「プロ」が育っていく……そんな良い循環が生まれているのです。

 

しかし、我が北海道には、野球やサッカーのプロチームはあるものの、バレーのプロチームはまだまだ知られていません。寒さが厳しい北海道ではインドアのスポーツが盛んで、小学生から高校生まで、バレーボール競技人口自体は全国的にも上位であるにもかかわらず、です。

 

練習開始!

 

実際、バレーの優秀な選手は、高校卒業とともに北海道外へ出ていきます。残った選手は道内のクラブチームに所属し、年に数回大会に出る程度です。そのため、北海道でバレーをする子どもたちは、数年に一度、Vリーグの試合の北海道開催が回ってきたときしか、トップ選手のプレーを見る機会はほぼありません。

 

「地元プロチーム」の活躍が気軽に見られるようになれば、バレーを楽しむ子どもたちも「身近な目標」を持って、夢を育てることができるようになるはず。そんな思いから、Safilva北海道を、Vリーグで戦えるプロチームに成長させたいと考えるようになりました。

 

夢と希望のために!

 

 2018年シーズンからのVリーグ参入を目指します!

 

現在、Safilva北海道は、2018年シーズンからのVリーグ参入を目指して準備を進めています。2017年8月頃にはリーグへの申請が終わり、2017年内には承認の可否が分かる予定です。承認後は、翌年11月から始まるリーグに向けて、合宿や遠征など、チーム強化を加速させなければなりません。

 

今年度は、チーム強化費・プロモーションなどで約800万円の予算を組んでおり、多くは助成金や寄付金などでまかなう予定ですが、まだあと100万円ほどが不足している状況です……。

 

そこで、Safilva北海道について、より多くの方々に知っていただきたいとの思いも込めて、今回のプロジェクトを立ち上げました。道民のみなさまと共に成長し、愛し続けていただけるチームを作っていきたいと思っています。どうか、みなさまの声援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

誠実に、明るく楽しいチームを!