READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ふるさと納税型
成立

鳥取砂丘・多鯰ケ池・日本海を一望できる景色を取り戻したい!

鳥取砂丘・多鯰ケ池・日本海を一望できる景色を取り戻したい!

寄附総額

938,000

目標金額 500,000円

寄附者
93人
募集終了日
2020年7月31日
93人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

【目標達成のお礼とネクストゴールについて】

 

皆様の温かいご支援で、目標の50万円を達成することができました。

ご支援を頂きました皆様に心より感謝申し上げます。 開始時点で想定していたよりも早くに達成することができ、これもひとえにご皆様の「国立公園・世界ジオパーク」の保全への熱い想いだと受け止め、活性化委員会の今後の原動力として保全活動に取り組みします。

 

おかげさまで、目標を達成した後も引き続き多くの方々からご関心を寄せて頂いており、期限まで日数もあるため「ネクストゴール」を設定させていただく事にしました。

ネクストゴールは、80万円と致します。

 

50万円を超えた資金につきましては

●伐採樹木の搬出:計画時には伐採樹木の搬出には「特殊ユンボ、キャタピーラー運搬車」などの重機を必要とするため、所定場所にまとめて置く計画でしたが、外部へ搬出するための重機レンタル費用に充当します。

●多鯰ケ池周辺の未伐採場所の伐採と路肩の草刈り:①多鯰ケ池を訪れる観光客が必ず通る県道から多鯰ケ池湖畔へのアクセス道路の高木の伐採と路肩の草刈り作業の費用に充当します。 ②砂丘トンネル出口の雑木伐採場所とは逆方向(東側)の県道路肩の伐採作業に充当します。

 

温かい応援と励ましのお言葉を胸に、さらなる挑戦を続けてまいりますので、より一層のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。          

 

浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会

委員長 飼牛 明

(2020年6月15日追記)

 

 

 

本プロジェクトに対する個人様からの寄附金は「ふるさと納税」の対象となります。ふるさと納税では、寄附金のうち2,000円を超える部分について、住民税の概ね2割を上限に、所得税と合わせて全額が原則として控除・還付されます。

 

例えば、30,000円の寄附をした場合、還付又は住民税からの控除額は28,000円となり、実質負担額は2,000円となります。今回のプロジェクトでは、実質2,000円の負担でふるさとへの想いをカタチにできるとともに、返礼品があるプロジェクトについては返礼品を受けることができます。

 

※寄附する人の収入や家族構成に応じて還付・控除額は変わります。
※詳細はページ下部「寄附金の取り扱い(税制上の優遇措置)について」をご覧ください。

 

 

鳥取砂丘の雄大な風景を取り戻し、

皆さまに本来の景観を楽しんでもらいたい

 

はじめまして!「浜湯山・多鯰ケ池 たねがいけ活性化委員会」の代表の飼牛 かいご明です。

 

委員会の事務所にて。

 

私は、技術系の会社に65歳まで勤め、その間、出張や会社の出向で鳥取を離れている時間も多く、地元について何かすることはほぼありませんでした。60歳を機に、地元区長を務めたことをきっかけに、自分にできそうなことで自分を育ててくれた地元に恩返しをしていきたいと考え、地域組織の活動に参加するようになりました。

 

今では、この委員会の代表をはじめ、砂丘未来会議の審議員や、鳥取市立福部未来学園地域創造学校運営協議会委員、鳥取県水泳連盟評議員選定委員会外部委員、福部町文化協会副会長などを務めています。

 

私たち浜湯山・多鯰ケ池活性委員会は、鳥取砂丘のふもとの集落である浜湯山の有志で活動する民間任意団体です。鳥取砂丘の環境保全活動に加えて、多鯰ケ池周辺の環境保全活動、美化活動、観光客集客向上目的のイベント開催などを行っています。現在のメンバーは34名。この地で生まれ育ち、ほとんどが二十世紀梨と砂丘らっきょうの生産農家をしています。

 

2016年に活動を始めた頃のメンバーです。

 

組織を結成したのは2016年で、その際には21人でそれぞれ自前の草刈機・チェンソー・ユンボなどを持ち寄り、多鯰ケ池周辺の雑木伐採・笹竹伐採・雑草草刈りを行いました。メンバーは、一声かければ何時でも快く参加してくれる元気な人たちばかりです。

 

今回は、鳥取砂丘を含む、近隣の景観を保つために、鳥取砂丘の道路路肩に生い茂った雑木を伐採するため、クラウドファンディングに挑戦することにいたしました。皆さまからのご支援で、伐採のために必要な備品を購入したいと思っています。

 

鳥取砂丘の雄大な風景を多くの皆さまにお楽しみいただきたい! この思いを実現するためにぜひ応援をよろしくお願いいたします。

 

 

− 今までの委員会の活動 −

地元の観光資源を、自分たちの手で守るために

 

鳥取砂丘は日本を代表する国立公園で、2008年には鳥取砂丘と隣接する多鯰ケ池とともに、日本ジオパーク・山陰海岸ジオパークのジオサイト(素晴らしい景観、地層、地質)に認定されました。これを契機に地元の観光資源を自分たちの手で守りたいという想いで、2016年に「浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会」を立ち上げて、現在に至っています。

 

我々の活動コンセプトは大きく次の5つです。今までの活動は、ほとんど「国・県・市・民間」の補助金・支援金で行っており、一部ボランティア活動も行っています。

 

1:  多鯰ケ池周辺の雑木伐採、湖面のゴミ回収、湖畔の草刈りなどの観光地保全活動。

2: より多くの観光客を集めるために、多鯰ケ池手づくりいかだレースやスイレン染め物体験、お種弁天宮のお正月甘酒振る舞いなどのイベント活動。あわせて、公衆トイレの建設や、多鯰ケ池湖畔にデッキ建設するなどの環境整備活動。

3: 冬場に行う集落内鳥取市道の除雪による安全確保、公衆トイレの建設、また多鯰ケ池湖畔にデッキ建設するなどの環境整備活動。

4: 集落内の遊休農地を活用した「こどものうえん」の開設や「ハス栽培」などの交流・コミュニケーション活動。

5: 上記の活動や、地元だけで知られている地域の魅力をウェブサイトを通じた広報発信活動。

 

3年前から地元集落の除雪作業を冬に有志メンバーで行っています。
毎年、委員会で主催しているイベント「多鯰ケ池手づくりいかだレース」。
ジオパークの福部未来学園への出前講座を日本海新聞(2019/3/5掲載)で取り上げていただきました。

 

 

− 今回のプロジェクト −

景観保全のために、雑木伐採を行っていきます

 

鳥取砂丘への観光アクセス道路として国道9号線が、1965年に鳥取砂丘を横断する形で建設されました。当時は防砂林松も背丈が低く、道路路肩の芝生のみで右側に「多鯰ケ池」、左側に「鳥取砂丘」「日本海」の雄大な景観が一望できていました。

 

しかし、道路建設から50年経過した現在では、道路路肩にアカシアやハゼなどの雑木が5~10mまで成長し、当時の眺望が阻害されています。

 

砂丘横の道路沿いも雑木で覆われています。

 

過去に鳥取砂丘を訪れたことがあり、近年再訪された方は口を揃えて「鳥取砂丘は昔に比べて小さくなりましたか?」と言われます。

 

その理由としては、当時植林した防砂林の松が大きく成長したこと、砂丘が草原化傾向にあること、そして当時は芝生だけであった道路の路肩に、アカシアや雑木が生い茂ったことがあります。それらが原因で、視界が遮られてしまっている状況になっています。

 

そこで今回のプロジェクトでは、道路路肩の雑木を整備していき、以前のような鳥取砂丘の雄大な景色を取り戻していきたいと考えています。

 

砂丘の奥に見えるのが日本海です。

 

この近傍は今から40年前までは、鳥取砂丘の宿泊施設が数軒建ち並ぶ観光名所でしたが、現在は雑木と廃墟のみが残る場所となりました。しかし、2022年に新しくここにリゾートホテルが建設される予定があり、鳥取県を代表する鳥取砂丘を訪れた観光客やホテル宿泊者に、素晴らしい景観を届けることで、地域活性化につなげていけるのではと思い、このプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

チェンソー作業は昨年より、安全確保のためチェンソー防護服・防護メガネ・手袋などの着用が義務付けられました。そのため、皆さまからいただいたご支援で、雑木を伐採するために必要な備品を購入していきたいと思います。

 

伐採時期は、かぶれ対策のため、ハゼなどの樹液が落ち着く11月~翌年3月までに実施予定です。伐採の範囲は道路路肩約50m、奥行き15mの面積750㎡程度です。

 

過去に雑木伐採を行った時の様子。

 

川端康成の『雪国』の一節に有名な「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の表現がありますが、1960年代に鳥取砂丘を初めて訪れた観光客はその一節と同じように、砂丘トンネルを抜けると広がっていた「池」「砂丘」「日本海」の雄大な景色に多くの方が感動したようです。

 

鳥取を代表するこの眺望を取り戻して、鳥取砂丘を訪れる人たちに感動を与えたい! そのために私たちで、雑木を伐採し、素晴らしい景観を取り戻し、保っていきたいと思います。

 

今回の伐採活動は、地域関係者及び道路管理者や地権者の合意を得て行っていきます。鳥取砂丘という観光資源で「観光梨狩り園」などの恩恵を受けることに対する地元住民の使命として、この課題に取り組みたいです。

 

 

地域の住民が自慢に思える美しい景観を、

みんなで協力して、維持していきたい

 

今回伐採した後は、木の成長速度を考慮すると、向こう5〜7年は再伐採の必要はないと考えます。今後は国立公園に隣接した地域、防砂林地域、保安林地域などに活動を広げていきたいと思っていますが、環境省や県森林組合などの管理地にもなっているため、伐採・間伐条件を精査しながら、景観保全活動を計画していきます。

 

防砂林の目的は飛砂を防止することです。地元では過去江戸時代から砂との戦いで、一晩で家屋が砂に埋もれることもあったと記録に残っています。昭和初期まで、この周辺は不毛の地で農産物の栽培ができなかったのですが、今では砂防林のお陰で砂丘らっきょうが栽培でき、日本一の生産量を誇っています。しかし、一方で防砂林が繁りすぎると景観が損なわれるという難しい問題があります。

 

私たち委員会としては、今後も砂防林の効果と景観とのバランスを保ちながら、環境省や森林組合、大学有識者といった関係者と共に、鳥取砂丘の観光地としてのあるべき姿を守り続けていくために、活動を続けていきます。

 

今回、景観を整備することで観光地に相応しい素晴らしい景観、感動を提供できるようになります。これこそが観光地としての最高のおもてなしです。「鳥取砂丘に来てよかった」と多くの方に思っていただけるよう、皆さまのご支援で鳥取砂丘らしい景観を保っていきたいと思います。

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

多鯰ケ池の綺麗な景色もより身近に感じていただきたい。

 

 

寄附金の取り扱い(税制上の優遇)について
 

●本プロジェクトに対する個人様からの寄附金は「ふるさと納税」の対象となります。

ふるさと納税では、納税義務のある税金の一部を、実質自己負担額2,000円で、出身地に関係なく、好きな自治体に寄附をすることができます。

 

●「確定申告」又は「ワンストップ特例申請」を行うことで、寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除されます。

例:30,000円の寄附をした場合、合計28,000円の税金が還付・控除されます。

※寄附をした方の給与収入や家族構成などに応じた還付・控除額の上限がありますのでご注意ください。全額(2,000円を除く)控除される寄附金の上限目安は以下URLから確認ができます。(総務省HP

 

●税金からの控除は自動的にはされません。寄附をした翌年の3月15日までに確定申告をする、もしくは翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」を鳥取県庁に提出する必要があります。

 

【確定申告について】

寄附をいただいた全ての方に鳥取県庁から「寄附金受領証明書」を送付しますので、確定申告書に添付のうえ寄附をした翌年の3月15日までに管轄の税務署等へ提出してください。

確定申告をすると、その年の所得税から[寄附額-2,000円](または控除上限額)の概ね1割、と翌年度の住民税から概ね9割がそれぞれ税控除されます。

 

【ワンストップ特例申請について】

次の2つの要件をいずれも満たしている方が利用できる制度で、この制度の利用を申請する事によって確定申告は不要となります。

 

・確定申告を行う必要がない方

例:給与所得者、公的年金受給者等

※確定申告を行わなければならない自営業の方や、医療費控除等で確定申告を行う方は対象となりません。

・その年にふるさと納税を行った自治体が5自治体以内であること

 

(注意点)

確定申告とは異なり、翌年度の住民税から控除額の全額が減額されます。

ワンストップ特例申請書等を提出していても、確定申告をされた場合、ワンストップ特例は適用されませんのでご注意ください。

 

(申請方法)

ワンストップ特例申請を行う方は、次の書類を鳥取県庁へ郵送してください。

①ワンストップ特例申請書 ⇒ こちらからダウンロードしてください

②本人確認ができる次のいずれかの書類

  • マイナンバーカードの両面の写し
  • マイナンバーの通知カード 又は マイナンバーが記載された住民票の写し

+運転免許証 又は パスポート 等の写し

 

(提出期限)

寄附をした翌年の1月10日(消印有効)までです。

年末に寄附のお申し込みをされる方はお早目に郵送してください。

提出期限を過ぎた場合は受付できませんので、確定申告の手続きを行ってください。

 

(郵送先)

〒683-0805
 鳥取県米子市西福原四丁目11-31
 鳥取県ふるさと納税業務受託者 株式会社エッグ 行

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会

浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会

浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会

ギフト

3,000

感謝のメール

感謝のメール

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

寄附者
40人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

10,000

らっきょう加工品コース

らっきょう加工品コース

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・らっきょう加工品詰め合わせ
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

寄附者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

30,000

なしとらっきょう加工品コース

なしとらっきょう加工品コース

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・専用ホームページに名前記載
・梨箱(大玉3~4個)
・らっきょう加工品詰め合わせ
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

寄附者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

50,000

梨狩り体験コース

梨狩り体験コース

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・梨箱(大玉3~4個)
・らっきょう加工品詰め合わせ
・梨狩り4名無料招待
※梨農園までの交通費等は含みません。有効期限発行より1年以内。

・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

100,000

梨満喫コース

梨満喫コース

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・梨箱(大玉10~12個)
・らっきょう加工品詰め合わせ
・梨狩り4名無料招待
※梨農園までの交通費等は含みません。有効期限発行より1年以内。

・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

10,000

応援コース(返礼品不要の方向け)

応援コース(返礼品不要の方向け)

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・寄附金受領証明書の送付
※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

返礼品に費用がかからない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

30,000

応援コース(返礼品不要の方向け)

応援コース(返礼品不要の方向け)

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

返礼品に費用がかからない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

50,000

応援コース(返礼品不要の方向け)

応援コース(返礼品不要の方向け)

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

返礼品に費用がかからない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

100,000

応援コース(返礼品不要の方向け)

応援コース(返礼品不要の方向け)

・感謝メール
・報告メール(画像添付)
・委員会専用ホームページに名前記載
・寄附金受領証明書の送付

※寄附金受領証明書は、寄附者情報としてご登録頂いたお名前、ご住所で発行いたします。
その他のギフトは2021年3月末までに送付しますが、寄附金受領証明書は別途、鳥取県より送付します。

返礼品に費用がかからない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

プロフィール

浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

日本とスペインに元気を!最高級生ハムをお得に特別提供!

平子敬三平子敬三

#フード

113%
現在
1,698,000円
支援者
67人
残り
21日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする