プロジェクト概要

目標金額達成のお礼と新たなゴールを設定します

 

この度はみなさまのあたたかいご支援、本当にありがとうございます。ついに目標金額100%を達成することができました!

 

ご支援いただいたスカイランタン引き換えのみなさまには、12月初旬~中旬に私共より当日の引き換え番号を記載したメールにてご案内いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

 

無事達成できた感謝と喜びにまだ興奮が冷めませんが、ここで終わりではありません。

 

クラウドファンディング終了まであと9日。より多くの方々にこのイベントを知って頂き、参加していただきたい。より多くの方々と三田の空にたくさんのスカイランタンが舞う美しい情景を共有したいと思い、ネクストゴール50万円を設定いたしました。

 

「三田っておもしろい!楽しい!すてき!」そう思って頂けるイベントになるよう、一同まっすぐな思いで来たる12月23日に向けて準備を進めております。

 

さらなる盛り上がりをみなさまと一緒に作り上げたいです。残り9日間、何卒ご支援・応援をよろしくお願い申し上げます。

 

11月21日 一般社団法人三田青年会議所 

 

 

「昔は良かった」で終わらせない。街の魅力を今の子供達にも伝えるため、三田市で新しい風物詩を作りたい!

 

はじめまして、兵庫県三田市で活動している「一般社団法人三田青年会議所」の尾崎と申します。1983年に三田市で生まれ育った現在35才です。

 

三田青年会議所とは、街をよくしたいという同じ志を持つ20歳から40歳の若者が集い、街づくりの活動を行っている団体です。


A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

昔の三田市は、街中の人たちが集まる冬の誓文払いや夏の三田まつりなど、イベントごとに活気があり賑やかな印象でした。

 

しかし、大学卒業後に街を出て、年に数回帰る度に感じていたのは、シャッターを閉める店が増え、どんどん街の活気がなくなっていく様子。

 

去年家業を継ぐために三田市へ帰ってきたことを機会に、この街のため、そしてこれからこの街で育つ子どもたちのために何かしたいと思い、三田青年会議所へ入会し今回のイベントに携わることになりました。

 

今回企画したのは、スカイランタンの打ち上げ。毎年三田市のクリスマス時期に開催される、いろいろな屋台と体感イベントを実施するサンタ×三田プロジェクトの一環として企画しました。

 



クリスマス前の12月23日、三田市の街の上に広がる大きな空に、みんなで願いを込めたスカイランタンを空いっぱいに飛ばします。

「昔は良かったのに」そんな言葉を今でも耳にします。けれど今回このイベントを通して、大人も子供も参加できる新しい三田市の風物詩を作ることができます。

 

「今もなんか楽しいよね」そう思ってもらえるように。そして、この街で育っていく子どもたちにとっても、人生のひとつの原体験になるように。そんな思いでこの企画を立ち上げました。
 

 

 

私も街を出た一人。けれど、街への思いは変わらなかった。

 

大学卒業後、スポーツ小売業の会社に就職し、11年間全国転勤を繰り返しました。いろいろな街を見てきたこともあり、帰る度に寂れていく故郷・三田市に対してどうにかできないのか、と感じることは多々ありました。

私の実家は三田市で創業100年のクリーニング業を一家で営んでいます。ちょうど3年前、4代目として父が社長になりましたが、父ももう60歳手前。

長男である私も漠然と三田市に帰ることを考えていた時期で、タイミングが合い去年家業を継ぐためにこの街に帰ってきました。現在、まだ慣れない家業の仕事をひとつずつこなす傍ら、地域活動に参加しています。

明治に創業し、ずっと受け継がれてきた家業を守りたい、と思うと同時に、この先お世話になっていくこの街に対しても自分のできることで貢献していきたい。私自身にも、そんな想いがあります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

想いを届けるのにぴったりのスカイランタン。寒い三田市の冬に合わせて覚えてもらいたい。

 

そもそもスカイランタンとは、アジアやヨーロッパ諸国でお祭りや節句の際に行われるもの。ランタンを空に舞い上げることで通信手段や無病息災を祈る民族風習として受け継がれてきました。

舞い上がるランタンに、一年元気で過ごせるよう願いを込めて。昔、伝達手段として使われていたように、三田市から遠い街へ出ていった人たちにも、「どうか元気で」とあたたかい想いが届くように。

また、冬はとても冷え込み、「近畿のシベリア」とも呼ばれる三田市。一度でも住んだことのある人は口をそろえて「三田市は寒い」といいます。そんな極寒の冬にそっとあたたかさを添えるようなイベントにしたいという思いに、スカイランタンはぴったりでした。

最大1,000個のスカイランタンが三田市の寒空に高く舞い上がる光景は、忘れられない思い出になるはずです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

皆さまと一緒にスカイランタンを用意し、想いを込めた企画でありたい!

 

スカイランタンを浮かばせる際は、「紐を取り付けて回収型にする」ことや、「火を使わないLED電球を使用する」など、自然にも考慮した安全な形で行います。

今年はすでに600個のスカイランタンを準備できていますが、この企画や想いを自分たちだけではなく、皆様と共感して、協働で集めたランタンを使用して夜空に浮かばせたいと考えています。

目指すは全国でも大規模になる1000個のスカイランタン打ち上げ!

また今回、支援金の余剰金を北海道安平町の商工会青年部様宛に寄付します。(その寄付金にて、被災された地域の子どもたちを対象とした事業を実施し、ランタンを上げていただきます。)


星がきれいな空いっぱいに、三田市の皆さんで用意したスカイランタンを舞い上がらせることができれば、最高の景色をお見せすることができるはず。

このプロジェクトは「ただのおもしろイベント」ではありません。三田市の移住促進や魅力発信を考えたまちづくりの強い想いがあるということも、皆さまにしっかり伝えていきたいと思っています。

 



【開催概要】
名称:三田スカイランタンプロジェクト
開催日時:12月23日(日) 14時~17時 ランタンお渡し/18時~ イベント開始
開催場所:三田市役所前 風の広場
住所:兵庫県三田市三輪2丁目1−1

主催:一般社団法人三田青年会議所 
担当委員会:50周年特別委員会

後援:三田市、三田市教育委員会
協力:三田市商工会青年部、SSV関西学院(公認サークル)

 

 

スカイランタンを飛ばす経験、夜空いっぱいに広がる光景。この街で育つ子どもたちの原体験にもなることを願って。

 

私自身、幼少期に華やかで賑やかな秋祭り「誓文払い」に参加し、子どもながらにまるで異国に来たようなわくわくを感じていました。

 

子どもの頃の楽しい記憶は、こうして今も残っています。

今この街で生まれ育つ子どもたちにも、とてもわくわく感を与え長く記憶に残るようなイベントにしたい。その一環として、今回支援コースとして地域の幼稚園児、保育園児、児童養護施設の児童を招待すうというコースを設けております。これからを担う子どもたちへ、ランタンイベントの参加というプレゼントをして、子どもたちのサンタさんになってみませんか?

 

暖かいご支援、是非よろしくお願い致します。


思いを乗せて自分の手でスカイランタンを飛ばす経験、そしてクリスマス前の三田市の寒空いっぱいにあたたかな灯が舞い上がるその光景は、きっと他にないわくわくやあたたかさを感じてもらえるはずです。

ひとつひとつが子どもたちそれぞれの記憶・経験となり、将来三田を好きになったり、三田に住み続けたいと思ってもらえるイベントになるように。そんな願いも込めています。

 

どうか、皆さまからのあたたかいご支援・応援をよろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
50周年特別委員会のメンバー

 

■ご注意事項■

※イベント当日が雨天の場合は決行、荒天の場合は中止となります。
参加チケットをお持ちの方には、市役所2号庁舎にてチケットと引き換えにスカイランタンの配布を行います。


※今回集まった支援の余剰金については、平成30年北海道胆振東部地震で被害に合われた方々に向けて、北海道安平町商工会青年部宛に、一般社団法人三田青年会議所の名義で支援金としてお送りする予定です。

 


最新の新着情報