プロジェクト概要

 ※本プロジェクトへの寄附金は富山県への寄附として取り扱われます。

(詳細はページ下部「みなさまからのご寄附の使い道について」をご覧ください)

 

 

ドレスアップカーで、日本が誇るクルマの可能性をもっと広げたい!

 

 

初めまして、SANO DESIGNの佐野雅幸と申します。

 

私は、元々は富山県の光岡自動車にてFRP技術者としてOrochi(オロチ)などの開発に従事していました。2010年に独立してSANO DESIGNを立ち上げ、富山県南砺市でドレスアップカー等のデザイン・生産を行っております。

 

ドレスアップカーとは、 普通のクルマにオーナーの好みで外装パーツを取り付けたりタイヤを変えたりしたクルマのことです。

 

最近、「若者のクルマ離れが加速している」と、良く耳にします。シェアエコの時代に、ドレスアップカーを買う人はその極致なのかもしれません。


ですが、世界を牽引してきた自動車メーカーがある、ものづくりの国ニッポンの富山から、これからの時代も「クルマをカスタマイズする」という、いちばん贅沢な乗り物での遊び方を多くの人に発信することで、クルマの可能性を広げていきたいと考えています。

 

 

 

SANO DESIGNのドレスアップカー製作

 

 

これまでSANO DESIGNでは、1台1台オーダーメイドで、様々なドレスアップカーを製作してきました。

 

通常のクルマ製作では、デザイナーとモデラーは別ですが、私はデザインスケッチから完成形にするまでトータルで製作することで、全ての想いを形に反映しています。

 

 

スーパーカーを連想させるフォルム。
誰が見てもカッコイイと感動させるデザイン。
クルマはエンジンが心臓だと意識させるボディデザイン。

 

自分のコントロールで全てを進めるプレッシャーはとてつもなく大きいですが、100%のエネルギーと想いを注ぎ込んで、製作しています。

 

 

 

ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン」で受賞

 

 

ドレスアップカーの世界には、「東京オートサロン」という、年に1度の大きなイベントがあります。その中で、ドレスアップカーのコンテストが開催され、1部門100〜200台がライバルとなって、ドレスアップカーのデザインやフォルムを競い合います。

 

MAZDAロードスターをカスタムした『SD-1』は、「TOKYO AUTO SALON 2018」で、ドレスアップカー部門にて最優秀賞を受賞しました。子供の頃のスーパーカーへの想いを詰め込んだデザインで、イタリアンテイストのモデルです。

 

SD-1


また、今年1月に開催された「TOKYO AUTO SALON 2019」では、TOYOTA86をベースとした『SD-2 86 Future Sports』を発表しました。『86FutureSports』という名前通り、これからのスポーツカーやレースカーのカタチはこうだ!と、新しいデザインを模索した一台です。

 

SD-2
SD-2

 

 

オーダーメイドから量産へ。一台の感動を多くの人と共有できるように

 

 

私がこれまで製作してきたオーダーメイドのクルマでは、その1台で完結してしまい、感動を共有することができません。


「TOKYO AUTO SALON 2018」にて『SD-1』で最優秀賞を受賞したことで、意外にも多くの人から支持されていることを知り、このクルマの感動をたくさんの人に届けるため、カスタマイズキットの量産体制を整える構想を考え始めました。

 

 

実際にオートサロン会場でも「これ、絶対欲しい!」という声を多数聞き、ショー会場で見た感動を誰でも共有できた方がいい!と強く思いました。

 

そこで、皆様からのご支援をいただき、『SD-1』『SD-2』のマスターモデルから量産のための金型を作ることとなりました。


現在は職人一人で、1台1台オーダーメイドで製作をしていますが、今回のプロジェクトの目標金額達成により、ご支援の手応えを感じましたら、法人化を前倒しして、若干名を新たに雇用し、技術を伝えながら量産体制を整えたいと考えております。受注開始は、2019年4月以降を予定しています。

 

もし、『SD-1』『SD-2』のフォルムを気に入ってくださいましたら、量産を応援していただけないでしょうか?

 

 

■『SD-1』キット内容(予定)
スタンダードキット・・・F/Rバンパー、F/Rフェンダー、ドアパネル、ボンネット(E/GカバーFRP)、トランクスポイラー、サイドスカート(CFRP)、ヘッドライトキット
オプションパーツ ・・・ スケルトンorカーボンE/Gカバー、GTウイング、レーシングミラー、サイドブーメランウイング(CFRP)、ルーフトップ(FRPorCFRP)ガラス有無しタイプ

 

■『SD-2』 86Future Sportsキット内容(予定)
スタンダードキット・・・フロントバンパー、アクリルカバー付きボンネット、フロントフェンダー左右、サイドステップ左右、リアフェンダー左右、トランクスポイラー、 リアバンパー、
オプションパーツ・・・ レーシングドアミラー、リアGTウィング

 

 

富山から職人を育て、ものづくりの可能性を全国、世界へ

 

 

今回のプロジェクトは、『SD-1』『SD-2』の量産だけが目的ではありません。これをきっかけに、クルマの他にも、バイクや旅客バス等、他の乗り物についてもカスタマイズができる職人を育てたいと思っています。そして、多くの方々に乗り物の楽しさをお届けしていきます。

 

富山には地域の誇る光岡自動車がありますが、私たちのようにまだまだ手作りでモーターショーや乗り物のカスタマイズにチャレンジしている企業があると知っていただくことで、県外からの依頼や雇用を生み出し、地域の活性化にもつながると考えています。

 

ここ富山からものづくりの可能性を日本全国、そして世界へ広めていきます。皆様のご支援、応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

税制優遇に関して

 

 

本プロジェクトは、富山県が実施する「クラウドファンディング活用 発展型 継業・起業支援事業」の対象事業です。

 

このプロジェクトに対する個人による寄附はふるさと納税の対象となり、ご寄附 いただいた額に応じて、個人住民税等から一部が控除されます。(企業版ふるさと 納税の対象ではないため、法人による寄附はふるさと納税の対象とはなりません。)

 

寄附金は富山県がふるさと納税として領収し、その寄附金から寄附代行手数料を除いた額を、奨励金として事業者に支給します。

 

※ワンストップ特例制度の申請をご希望の方へ ふるさと納税制度の適用において、確定申告が不要となるワンストップ特例制度 の申請を希望される場合、2020年1

月10日(必着)までに、富山県に申請書 を提出いただく必要があります。(期日を過ぎた場合、確定申告が必要となります。)

 

プロジェクトが成立し、寄附金額が確定した後に、県から領収書とともにワンストップ特例申請書の様式をお送りいたします。 また、申請にあたり、マイナンバーに関する添付書類を提出いただく必要があります。

 

 

個人情報取り扱いについて

 

 

本プロジェクトは、富山県が実施する「クラウドファンディング活用 発展型 継業・起業支援事業」の対象事業であり、ご寄附いただいた方の個人情報は、富山県に提供されるほか、富山県を通じて本事業者にも提供されます。この点をご了解いただき、ご寄附をお願いいたします。

 


最新の新着情報