私の実家は特定の信仰を持っていなかったので、
神仏について深く考えることもなく生きてきました。
でも、当たり前のものとして、
海や自然、地球上にあるすべてのモノ、
そして自分の中にも神があると信じているし、
仏様やご先祖様が天(?)にいることも感じています。


「板子一枚下は地獄」という環境で
仕事をしている海人や海女さんなど、
海に生きる人は信仰深いので、お盆や正月は海に入りません。


 

盆の入りから、毎日、同じ場所、同じ時間に
念仏を唱える女性たちがいます。
「念仏ばあさん」と呼ばれる、
ある一定の年齢に達した女性たち(職業ではない)です。


地域によって、盆の時期もやり方も異なりますが、
その時に、海に入るとよくないことがあるなど、
お盆は、海女さんであっても海に入りません。


祖先崇拝するこの時期は、漁をお休みしても、
海女さんたちのやることはたくさんあります。


海女漁がお休みなので、
私も少しだけ撮影を休んで実家に戻っています。

 



「祈り」とは何か?
「生きる」とは?
「潜る」とは?


海女さんを通して、新たに気づかされることも多く、
知ることで、解けそうな謎もたくさんあるような気がします。


次は、石川県の海女さん取材。
進行中のREADYFOR?の「全国海女撮影プロジェクト」
支援者への引換券=ミニ写真集の候補地でもあります。
スポンサー募集終了まで、
あと36日となってしまいました。


すでにたくさんの方からご支援を頂いておりますが(ありがとうございますっ!!!)、目標金額まで、まだまだです。


期間内に目標金額に到達しないと、
プロジェクトが不成立となってしまいます。


あらためまして、皆々様のご支援、ご協力のほど、
どうかお願い申し上げます!


撮影/2011年8月、三重県鳥羽市の集落にて

 

新着情報一覧へ