東京里山開拓団・代表の堀崎です。

 

昨晩、世田谷区長で児童養護施設退所者への奨学金提供にも取り組まれている
保坂さんにこのプロジェクトをツイートいただいてから、多くの方からの支援が加速しています。本当にありがたいことです。
https://twitter.com/hosakanobuto/status/855058274676166656

 

保坂さんの取り組みは下記に紹介されています。
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/asylum_b_9136890.html

 

児童養護施設の子どもたちは18歳になると途端に支援が手薄になって自立を迫られます。そんな中でこの奨学金は金銭面でとても大切な支えになると思います。

 

一方、私たちは子どもたちがいつでもふるさとのように戻って来れるよう里山を維持して、こころの支えになれたらと考えています。今年は施設職員と会員の研修合宿も行ってどうやったら里山を子どもたちのこころの支えとして有効活用できるかさらに思索を深める計画です。

里山大運動会で7人8脚

 

新着情報一覧へ