クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ストリートチルドレン支援活動の自立を助けるバイクを贈りたい

佐藤陽介

佐藤陽介

ストリートチルドレン支援活動の自立を助けるバイクを贈りたい
支援総額
650,000

目標 650,000円

支援者
24人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年07月13日 19:57

孤児院の食事

ウガンダの主食は何といっても、トウモロコシ粉でつくった蒸しパンのような食べ物「ポショ」(スワヒリ語ではウガリ)です。お湯にトウモロコシ粉を入れ、ひたすら混ぜて水を飛ばし少し蒸すと、少ししっとりした白い固形物、ポショができます。ポショは通常、シチューのような煮込料理とともに皿の上に乗せられ、提供されます。

 

(ポショ(左)と豆のシチュー)

 

その他の主食としては、甘くないバナナを蒸したマトケや、キャッサバ芋が挙げられます。市場に行けば緑色をした大量のバナナを目にすることができます。これはすべて主食用のバナナなのです。

 

(マトケとなるバナナを満載したトラック)

 

SAVOの孤児院の食事は1日2回、朝食と昼食です。朝食はトウモロコシのおかゆ。砂糖を入れるので甘くておいしいです。そして昼食が、先ほど述べたポショと豆のシチュー。塩で味付けをした豆のシチューは素朴な味ですが、腹持ちはよく栄養価も高いと言えるでしょう。

だいたいこれらが孤児院の毎日の食事です。それに加えて時々、野菜や小魚が出されます。本来はもっと多様な食材を提供した方が、それも3食きっちり用意したほうが、栄養面を考えてもよいのですが、残念ながら現在のSAVOの財政力ではそれができません。ウガンダでは必ずしも皆が3食食べているというわけでもないようですが。

この問題を解決するのが、自給自足の農業だと考えています。そしてそれを可能にするのが、このプロジェクトの目的であるバイク。孤児院の子どもたちのお腹を満たすことができるよう、何卒バイク購入にご支援をお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1)プロジェクト実施報告メール

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1)に加え
2)ウガンダの子どもからの手紙
3)SAVOオリジナルポストカード

支援者
9人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

1)、2)、3)に加え
4)ウガンダ産紅茶

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

1)、2)、3)、4)に加え
5)ウガンダ産ゴマを使ったゴマ油ハンドクリーム(山田製油)

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする